コンタクトレンズ: YUU MEDIA TOWN@Blog Returns

1997年10月のサイト立ち上げ時より2003年6月までの旧日記をブログ化したもの+発掘した本や昔のエントリを参考に感想を書くブログです。最新の日記はこちらでどうぞ。当時は若かった・・・そして何も知らない時代でした。そんな日記を生暖かく見守ってみてください。今の自分から見た追記も行っています。

2002年01月26日 (土曜日)

コンタクトレンズ

眠い・・・・がとりあえず昨日いけなかった眼科へ行くことに。
結局目の傷は一時的に治ったものの、コンタクトつけたらまた痛みが激しくなったので目にあったコンタクトレンズを新しく作ってもらうことにした。やっぱり病院でちゃんと作らないと駄目だね。
さくら屋の安さには引かれたけど円錐角膜なわけだし安くはすまぬ。
視力検査などして円錐角膜用レンズはちょっと高く届くのにも時間がかかるよと言われたが前もそうだったのでそうでしょうねと納得。
右目はやっぱり円錐角膜じゃないらしいけど・・・・
ここ最近しばらく体調が悪いというか何か違和感感じてたけどやっぱり片方の目しか見えないってきつい事だね。今考えてみれば本格的に体調悪くなったのこういう状況になったからだよ。
まあ仕事的に精神的な面もあるのだろうけど。

で値段だけど17000円、安くない?左眼なんてだいたいいつも30000ぐらいだったから下手すりゃさくら屋と変わらんぞ。というかこんな眼科があるなら早めに来ておくべきだった、病院とかってたいてい定価販売だからさ~
高いってイメージがあったんだよね~。

帰りに買い物とか支払い、電気代も7300円、高い。
私が支払い担当になってからエアコン使いまくりやがって>同居人
先月5000円以下だったようなきがするんですけど。
まあ私も複数台のパソコン動かしつづけているからその要因もあるでしょうがね。
それから家に帰ってきて飯を食う。

疲れていたのかそのまま横になって昼寝しちゃった。
WHF行こうと思っていたが本日はお休み期間ですですです。

4時頃起きる、アマゾンで頼んだ本が届いていた。
にしても頼んだ次の日には来るかと思っていたんだけど結構日数かかるのね。パソコンですら次の日に来たりするのになれちゃうとこのタイムラグは痛い。まあ配送料が無料なのはいいけど。
買った本は「Linux狂騒曲 第3番 変マ単調 作品30~42」
星降る夜のパソコン情話2002―Linux狂騒曲第3番変マ短調作品30~42
中村 正三郎
4894361418

この人のサイトはこちら

他にも「ウイルスうつるんです」などを書いている人です。
この本は為になるのでウインドウズ使う人は必ず読みましょう。
でも大半の人はセキュリティアップデートなんぞしないからなあ。
そういう意味でもマイクロソフトにはかなりの責任があるような気がするんだけど。まあセキュリティホールがあるのは他のOSやアプリも同じやけどね。

この間ウインドウズ2000ワールド買って見てたけどウインドウズでもいろいろ出来るのね~管理ツールとか見てそれなりによさげに見えたよ。
別売りの管理ツールとか使えば数百台単位でも楽に出来そうだしNTドメインじゃなくなんとかでぃれくとり~でもいろいろできるという事で。
netboot程楽そうじゃないけどね・・・・
やはり何でも知らないのは損、いろいろな情報を収集し自分に必要な技術やソフト、考え方などを取り込み話を進めていく必要があるか・・・・
現時点ではだいたいはきまっているけどね。
ZOIDS TOWNも出来れば自前サーバーに移動して好き勝手やりたいもんですがまだまだね・・・・最近では更新自体が少なくなっているけどイラストも書きたいし募集したいし3Dとかもやりたいしストリーミングで映像とか流したい、WebObjectsなどを使ってインタラクティブで管理が楽なサイトを構築したい・・・などなど・・・・正直金があれば優良なこんてんつは買いたいぐらい。
でもここまでやっちゃうともう個人サイトの規模じゃないような気がするね・・・
今の自分だと知識はある程度あるがそれを使えない状態に等しい。
いわゆる使えない奴だという事だ、相談されたことに関しても簡単な知識や批判だけならば誰だって出来ること、方向性を明確に引き出しやりたいことを実現させるためのアイデアも提案できなければ意味がないだろうし自分自身やりたいことも実現は出来まいて。


まあゾイドの商品方面がどうなるかわからんけどZOIDS TOWNはZOIDS TOWNとして自分のペースでやっていこうかと思います。その一環としてゾイド自体を盛り上げられればいいなあと。

明日のWHFではゾイドの未来が見られるかな、期待しています。

新聞、テレビのニュース、見てても明るい話題が少ない。
犯罪も多い、早く警察官の増設というかそれは実現して欲しい。
最近パトロールしている警官を良く見るから少しは強化してくれたのかな・・
9年間監禁の犯人もたった14年、それだけで外へ出られます。
少なすぎ、私が法律ならば2500年ぐらいにしているところですわ。
司法ももう少し考える必要があるのだと思う、被害者のこと何も考えていないんじゃ。更生なんて期待しているのが愚か過ぎる。
人間、タガが外れればもう・・・・・
そりゃ間違って犯人にしてしまったとかそういう意味では裁量も考える必要があるだろうけど。

こんなんじゃ
将来に不安だって感じまくりだし今だけ考えられるならどれほど楽な事か・・・
そういう意味では同居人も同様なようで親が心配みたい。
歳だからとか体が弱いとかで何かとそういう要素があるらしい。

身近なことから国家レベルの問題まで、明るい未来を見たいものだね。


Posted by 封神龍(酒) at 2002年01月26日 23:59 | 【所属カテゴリ: 日記3】【コメントについて

--