ヨーロッパ旅行(ドイツ スイス フランス)まとめ: YUU MEDIA TOWN@Blog

封神龍(酒)の日記です、気になるニュースなどもチェック!ゾイド(ZOIDS)とかMacとかUNIXとかwindowsとかアニメ・漫画とかゲームとか雑記とか備忘録とか北海道とかお酒とか。検索エンジン経由来訪でお探しのキーワード関連記事が見つからない方はこちら祝!HP爆誕18周年!!

2008年04月27日 (日曜日)

ヨーロッパ旅行(ドイツ スイス フランス)まとめ

4月12日から4月20日の間、新婚旅行先に欧州を選び行っておりました。旅行代理店は近畿とかいろいろ検討していたのですがANAで行く国内・海外旅行にする事にしました。旅行の内容というか日程的にも良さそうだったしまあ株主優待も使え7%だっけか?割引も使えると言うことで二人合わせれば100万近い金額にもなるわけでそれでx%と引かれりゃ、数万単位での割引ですから。まあ燃油サーチャージが一人あたり4万という事で割り引きも帳消し以上になりましたがな!

ANAのツアーのパンフレットは様々な代理店で扱っているとはいえ、一応人間からの説明も聞きたかったので新橋のANAセールス旅行カウンター(ANA SQUARE 東京)に2月24日に行って話を聞いてその場で申し込みを致しました。
2008年4月16日Kl.Scheidegg駅にて撮影
2008年4月16日にスイスのアルプス Kl.Scheidegg(クライネシャイデック)駅に撮影した全体写真です。ヨーゼフみたいな犬と一緒に皆さんでの記念撮影(これはツアーのサービスではなく駅に居た写真屋さんの有料サービス 一枚2500円(フラン及びユーロ支払い可)です)。

欧州旅行の行った場所を大まかに地図で表すとこんな感じ。

地図で見るとまた感慨深いものがありますなあ。

成田ビューホテル再び 欧州行きの為の前泊(2008年4月11日)
ヨーロッパ旅行 一日目 ドイツ フランクフルトに降り立ちリューデスハイムへ(2008年4月12日)
ヨーロッパ旅行 二日日 ドイツ ライン川をクルーズしてヴェルツブルクへ(2008年4月13日)
ヨーロッパ旅行 三日日 ドイツ ローテンブルク→ロマンチック街道→ウィース巡礼教会→フュッセン(2008年4月14日)
ヨーロッパ旅行 四日目 ドイツのお城を見てオーストリアを経由しスイスへ(2008年4月15日)
ヨーロッパ旅行 五日目 スイスのアルプス ユングフラウヨッホへ(2008年4月16日)
ヨーロッパ旅行 六日目 スイスからTGVに乗ってフランス パリへ(2008年4月17日)
ヨーロッパ旅行 七日目 フランス パリとベルサイユ宮殿観光(2008年4月18日)
ヨーロッパ旅行 八日目 フランスパリ市内を観光 そして日本へ(2008年4月19日)
ヨーロッパ旅行 九日目 飛行機の上→日本へ帰還(2008年4月20日)
おかげさまで好天(ドイツの最後の方とスイスの最初はちょっと天気が悪いというか雪が降ってたけど)にも恵まれ、けが人病人を出すことなく9日間の旅行を無事終えることが出来ました。そして添乗員さんというかガイドさんがとても良かったです。なんか皆さんに人気でしたね>ガイドさん

今回のツアーに参加するにあたり準備もいろいろ致しました。海外で電化製品及び携帯、デジカメの充電する為に必要な変換アダプタ及び電圧機を買ったり持って行くのに必要なスーツケースをレンタルしたり。デカイの一個借りてあとは自前であったちっちゃいスーツケースを持って行きました。

海外では歯磨きの為の歯磨き粉、ブラシがある所は少ないですしシャンプー、リンス、ボディーソープも一応前もって買っていきました。日本のホテルはだいたい全部ついているからこのあたりのは不要だけどね。

そして一応、紙Tシャツ、紙パンツ(トランクス)も買っておきました。紙ティシャツは最後に使ったな・・・水曜どうでしょうで大泉さんも使っていた奴かな?案外頑丈でした。私の場合、汗っかきほどではないにしても汗は結構かくので水分吸って敗れちゃうんじゃ?とか思いましたけどそんな事はありませんでした。

海外旅行の保険はツアーにも一応ついているんだけど本当に必要最低限しかないのでちゃんとしたのに各自ではいっておいた方が良さそうね。今回は成田空港で東京海上の海外旅行保険プランで夫婦・家族型に入りました。なるべく前持って入っておいた方がヨサゲ。幸い今回は保険を使うようなことはありませんでしたが。

飛行機の登場時間はとにかく長い。12時間~13時間あります。とにかく湿度が当然ながら低いので水分を適度の取りつつ動ければなるべく動きましょう。高齢や血液がドロっとしている人の場合だとエコノミー症候群になる可能性もあります。

通路側の人もなるべく窓側だとか奥の人に「通路に出たいときはいつでも言ってくださいね」と一声かけておくとグー!外人さんだと英語とかで使えないといけませんけど。

まあビジネスとかそれ以上ならそんな心配も必要ないでしょうがな。広いし。

最初に到着したドイツは多少寝不足気味(時差ボケ)で行動したのもあるかもしれませんが文字通り夢のようでした。観光地とはいえ日本国内とはまったく違う世界観、そして人。まるでファンタジーの世界観に迷い込んだかのようで私達のなじみ深いRPGもやっぱこういう所から来ているんだよなぁと思うとつい感慨深くなりました。

行動していて思ったのが本当、何もかもが広大。ライン川から葡萄畑、ジャガイモ畑とかとにかく大陸!!ってのを思い知らされた日々でした。ドイツの雰囲気、なんか北海道に近い気もしました。広いというのもありますけど日が落ちるのは遅いし(サマータイムだったので)畑が延々と広がっていたり・・・・

気質も日本人と似ているのかな?

ロマンティックがとまらないロマンティック街道を通り抜けドイツの南、オーストリア・スイス方面に行くとあいにくの天気で雪が降っておりました。それでもドイツのお城を雪景色で見られましたしなかなか雰囲気も良くて良かったです。何より多客期じゃないらしく静かに見学出来たのが良かったですね。シーズンだと恐ろしい人で騒がしいらしいので。

雪の中、ドイツを後にしオーストリアを通りスイスに入ります。こちらでも最初は天気良かったですがアルプス グリンデルワルトでも雪で一面真っ白。こちらの天気はとにかく変わりやすいですね。ドイツでも天気予報が普通に晴れのち曇りのち雨でした。どれだよ!!ってぐらい。本当にすぐ雨が降ってきたり晴れたり曇ったりなおかつ雪が降ってきたり天気がよく変わります。

スイスのアルプスでヨーロッパ最高峰に登りました。3000m級は本当凄い。頭がボーッとしてましたよ、あの高さだと。

フランスに行くにはフランス版新幹線TGVに乗りまして。スイスはヨーロッパ各国より電車が乗り入れるターミナル国であるとともに様々な鉄道が来るし鉄道王国という事で鉄っちゃんに理想の国でもあります。
今、アルプスを貫くトンネルも掘ってますね、スイスわ。

スイスはドイツ語圏、フランス語圏をはじめとして公用語が4カ国語ありそれぞれの地域もそれぞれの国の風習に近くて面白い国であります。フランス圏に行けば挨拶はボンジュール、メルシーなどの挨拶は必須(まあどこでも挨拶は必須だけど)。町の創りもなんだか変わってきます。

EU圏に来てから、ほとんど田舎だったわけですけどフランスに来てからはいきなり大都会のパリに到着。リヨン駅の人の凄さに東京並みかそれ以上だ、と思いました。

運転もドイツ、スイスに比べてかなり荒い気もするし・・・・

ヨーロッパ旅行もここまで来ると日本食や日本の文字が恋しくなってくる頃。幸い、日本の本を売っているジュンク堂や日本の新聞を売っているお店もいくつかあり日本語の活字に食いつきました。食事はパリで寿司にラーメンと・・・・もちろん、カフェでお食事もしましたけど。

フランスは自由時間も多く好きに行動していましたが芸術的な作品や町の創りに関しても面白いものばかりでただ歩いているだけでも退屈しませんでした。時間があれば美術館とか行きたかったけど今回はベルサイユ宮殿のみです。

帰りに飛行機に乗りましたがパリを発ったのが20時という事で少ししたら寝ていたので行き程、退屈に感じることもありませんでした。日本が近づいてくるにつれてなんか嬉しくもなりましたが反面、ついてすぐに戻りたい、とも思いましたね。

帰ってきて思ったのが日本のサービスの良さと利便性の良さ。コンビニはあるし飯を食うにも水は無料だし日本の都市部にいれば24時間、何かに困るというのは少ないと思います(最近は医療とかはあれかもしれないけど)
祝日でも店は開いてるしね。

ただ反面、それでいいのかと感じる事も。最近は元旦に店を閉めると発表した大手電機屋も増えた気がしますがそれでいいんじゃないかと。休むときは休もうよ。

店や娯楽施設が休日に閉まっていればそりゃ、アウトドア的な事も発達しますしよく使うようにもなりますわな。日本人は生活しながらにして多々に自然に触れている機会が多いかもしれませんが休みの間に更に自然に接触する、というのも必要なことなのかもしれません。

自分とは価値観、育ってきた環境が違う場所に旅行する。なんだかんだで影響を与えてくれるのは外の変化の力なのだからやっぱり旅行にしても視察にしてももっと広い世界を見てみたいと思うのでした。

本やインターネットで知ることの出来る世界なんてほんの一握りなのだから。スイスのアルプスの写真や映像を見たことがあっても実物を目の前にすれば感じる物が違うしドイツの歴史、フランスの歴史物を見てもそうですわな。

このエントリと旅行に関するエントリはまだ更新する予定がございます。閲覧したい方は後ほどご確認いただければ幸いです(動画とかも追加したいので)。

関連
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】



au 海外でGSM網のインターネットを使うとxxxx円ぐらい

旅行へ行こう!「たび☆めで」【国内・海外・温泉】へ
旅行へ行こう!「YMT@旅路」【国内・海外・温泉】へ

押してください!人気blogランキングblogram投票ボタン←押してくれるとありがたい!
Posted by 封神龍(酒) at 2008年04月27日 10:40 | トらックバック | 【所属カテゴリ: 旅行】【コメントについて】【トラッくバックについて】【RSS登録についてRSS登録






トらックバック
(コメント・トラックバック共に受け付けてもすぐには公開されません、管理者が確認後の公開になります。)
このエントリーのトらックバックURL:

08bの所をspamblockbに変えてくださいね。なお、言及リンクがなかったりトラックバックを受け付けていないページからのトラックバックは削除及び受付拒否する場合がございます。