au 海外でGSM網のインターネットを使うとxxxx円ぐらい: YUU MEDIA TOWN@Blog

封神龍(酒)の日記です、気になるニュースなどもチェック!ゾイド(ZOIDS)とかMacとかUNIXとかwindowsとかアニメ・漫画とかゲームとか雑記とか備忘録とか北海道とかお酒とか。検索エンジン経由来訪でお探しのキーワード関連記事が見つからない方はこちら祝!HP爆誕18周年!!

2008年05月14日 (水曜日)

au 海外でGSM網のインターネットを使うとxxxx円ぐらい

KDDIが国際ローミング用の端末レンタル料金を改定(ITPro)
au、グローバルパスポートの端末レンタル料を値下げ――「W62S」の貸し出しも開始(ITMEDIA)
au、海外渡航用端末のレンタル料金を値下げ--機種にはW62Sを追加(CNET)
auが海外に渡航する際のグローバルパスポート対応端末のレンタル料を値下げし更にW62Sをレンタル機種に追加するそうです。ただし、auショップ、電話での事前予約、空港カウンターでの「即日貸出」に発生する申込事務手数料やその他手数料は若干値上げされるという。W62ですと海外でもEZ WebとEZ Mailが使えるから便利でありますよ。海外(私の場合は欧州)の場合だとメールも自動受信ではなくメールがあるという通知のみ来ますのででっかいメールが来たらどうしよう?(EZだと添付ファイルは後で受信したメールからの受信だっけか)という場合には受信しなければいいわけでなかなか便利です(GSM設定に切り替えるだけでいいしね)。

私はレンタルじゃなくてW62Sを購入し欧州に行ってきました。幸い?通話の必要はなく使ったのは写真付きメールによるブログへの投稿といくつかサイトを見回ったくらい。
良い雰囲気やね(ドイツ リューデスハイム)
良い雰囲気やね(ドイツ リューデスハイム)
電車と山(スイス グリンデルワルト)
電車と山(スイス グリンデルワルト)
メール投稿はこの2件(後はメールの受信だけどテキスト主体でそんな長くないのが一日5~6通程度、auの携帯メアドはあんま教えていないので必要最低限しか来ません)
。これで金額にしてGLOBAL-P(GSM)/Eメールとして547円の請求。Web閲覧に関してはGLOBAL-P(GSM)/EZとして614円の請求でした(合計1161円)。9日間でしたが日本の感覚で使ってりゃ流石にすぐに万単位になっちまうな・・・(ネットに関してはかなり抑えめに使っていたので)

日本とのメールのやりとりは有料のホットスポットでパソコンでネットに繋いだときにやったので(新婚旅行の時に仕事のメールなんておまえは何をやっているのかと)携帯での電話はしなくて済みましたしメールも最小限というかテスト程度の送受信で済みました。

日本の携帯をそのまま海外に持ち込んで使えるか?auだと一部機種で可能で機能は限られておりましたがW62Sの登場で結構な機能が海外でも使えるようになりました。GPSは駄目だったけどな。

そしてW62Sで日本の携帯の特徴を持ちつつも海外で使える携帯が購入出来るようになりました。ただauの場合であってドコモであればフルスペックでありながら最上位機種の905シリーズの大半がGSMに対応しておりそれこそそのまま日本の携帯を海外に持ち出して使うことが出来ます。

しかもドコモの905シリーズの場合、3Gに対応している所であればGSMの低速ではなく3Gの高速、更にはHSDPAの超とは言わないでも通常の3Gより高速なデータ通信に対応しております。当然ながらGSM網の方がエリアは広くて3G、そしてHSDPAまで対応しているエリアは更に狭いですが先進諸国なら大丈夫な所も多いっぽいしこのあたりの状況だとNTTドコモ及びソフトバンク携帯の方が世界で使うには強そうですな。

ただし・・・海外でのデータ通信に関してはそんなに違いがあるとも思えないしデータ通信が高速だとしてもそこまで便利には使えない気がします。早いのはいいんだけど使った分だけ課金されるパケット料金の従量制なわけですから。
なのでその辺は親切に海外モードというかGSMモードにしておくと自動受信がオフになり添付ファイルの自動受信機能がOFFにされます(自分でONにする事も可能)。
一応メールが来ていますという通知はされるので必要に応じて受信すれば良いかと。添付ファイルの自動受信しなければテキストファイルであればたかがしれてますしね。(PC向けメルマガとか受信してるとそのサイズは結構なものになりますが)。ドコモとかみたいに選択受信出来ればいいのにね。

逆に海外の方だと3G(しかも大抵はW-CDMA)が使えないとローミング出来ないわけで以前にテレビで海外から日本に来た観光客がなんで自分の携帯(GSM)が日本では使えないのみたいな事をやってましたがW-CDMAが海外でも普及し端末が普及すれば少しは違ってくる・・・はず。

W62Sはトークマン(TalkMan) Flashが搭載されてはおりますが用例が少なく正直使いものにならんという感じ。それよりかは和英、英和とかの辞書機能やグローバル電卓機能の通貨換算機能、2つの国の時計を表示出来る機能(例えばフランス パリと日本の東京とか)とかの方が便利でしたな。

W62Sを買う時は以前の機種を持ってればアダプタなしでも購入出来るのですが全世界対応と言うことでW62S用アダプタも一緒に買いました。ただ電圧はOKにしてもコンセントの形状は変換する必要がありますので実際に海外で使う際にはそういう形状の変換器は必要となります。

関連
グローバルパスポートGSMご利用ガイド(au)(PDFファイル)

CDMAとGSMのデュアルローミング対応3.3インチ有機EL&808万画素カメラ搭載『Cyber-shotケータイ S001』(2009年01月29日 (木曜日))
海外で日本の電化製品を使うための変換アダプタと変圧器
GSM対応WIN「W62S」等の不具合修正アップデート
au初のGSM対応携帯 W62S 購入
ヨーロッパ旅行(ドイツ スイス フランス)まとめ
中国上海 蘇州・太倉方面出張へ そこで3日少し使うと料金はこんな感じ(2009年10月21日 (水曜日))
台湾旅行(台北)に旅行へ そこでほぼ3日少し使うとこんな感じ(2010年05月05日 (水曜日))

押してください!人気blogランキングblogram投票ボタン←押してくれるとありがたい!
Posted by 封神龍(酒) at 2008年05月14日 21:44 | トらックバック | 【所属カテゴリ: ガラケー, 旅行】【コメントについて】【トラッくバックについて】【RSS登録についてRSS登録






トらックバック
(コメント・トラックバック共に受け付けてもすぐには公開されません、管理者が確認後の公開になります。)
このエントリーのトらックバックURL:

08bの所をspamblockbに変えてくださいね。なお、言及リンクがなかったりトラックバックを受け付けていないページからのトラックバックは削除及び受付拒否する場合がございます。