道南の秘湯 温泉旅館の銀婚湯(上の湯温泉) その一: YUU MEDIA TOWN@Blog

封神龍(酒)の日記です、気になるニュースなどもチェック!ゾイド(ZOIDS)とかMacとかUNIXとかwindowsとかアニメ・漫画とかゲームとか雑記とか備忘録とか北海道とかお酒とか。検索エンジン経由来訪でお探しのキーワード関連記事が見つからない方はこちら祝!HP爆誕18周年!!

2008年10月14日 (火曜日)

道南の秘湯 温泉旅館の銀婚湯(上の湯温泉) その一

函館で五稜郭見ておやつ食っていたら函館を出るのが4時半過ぎになっちゃいまして一路、本日のお宿の銀婚湯を目指します。本当は函館観光をメインに考えてるならもっと函館に近いところで泊まった方が良いのですが函館方面へ行くという事で一度行ってみたい宿が銀婚湯という事もありまして(あざらし本を見て一度、行ってみたいと思っていた源泉掛け流しの温泉宿なのです)ちょっと無駄な感じもありますが函館行って戻って、という今回の動きを選びました。

夜の銀婚湯 旅館建物
ついた時には6時過ぎでもう真っ暗に。

流石に一番最後の到着だったようですね。

建物の外、中ともになかなか綺麗。

部屋についてガムテープの説明有り。
窓を開けたりすると(一応網戸はついているものの)カメムシが入ってきたりするそうで・・・
その際には取ってね、という事で。
山の中ですから仕方ないですな。

食事が六時半(基本的に6時か6時半で選ぶらしい)ですぐに食いました。
腹も減っていたし食事も凄く美味しかったです。

食前酒には「まるめろ酒」。
銀婚湯の夕食 錦繍
先付 たこのやわらか煮

前菜
駒ヶ岳産 とうきび
舞茸の炒り煮
わさび漬け
鮭の棒寿司
梅の煮凍り
八雲のてづくりチーズ
フキのもろみ漬け

御造り
鯛松皮、まぐろ、帆立、蛸、甘海老

焼物
銀ムツ照り焼き

仲物
鯛とメークインの手毬蒸し とうきびすり流しあん

煮物
大根と角煮の炊き合わせ

秋鮭と山菜の味噌鍋

揚げ物
蝦夷舞茸の天麩羅 万葉の詩塩(熊石)

小鉢
北里八雲牛の胡麻サラダ
北里八雲牛の胡麻サラダ

お食事
姫たけのこ御飯
姫たけのこ御飯とわらび汁
おつゆ
わらび汁

水菓子
自家製クリームムース
自家製クリームムース


前菜のチーズとかがなかなか・・・ワインが・・・欲しく・・なるな・・献立の裏とか部屋に置いてある資料に食べ物の説明とかが書いてあったりします。前菜のモッツァレラチーズは地元の八雲チーズ工房製、手作り無添加、無調整で自然のままのチーズ、だそうです。

地ビール 熊石伝説
地ビールの熊石伝説を飲んでその後、さっそく風呂場へ。

風呂場には誰もいない・・さっそく体を洗い広い湯船に一人で入る。
外の野天風呂というか露天風呂、凄く気持ちが良いわぁ。
なんというか懐かしい臭いというか源泉の良さが伝わってきます。
月が見えたので月見風呂ですわな。
>内風呂・家族風呂/源泉4本混合 加水有(湧水約10%)
中の風呂は温度調整の為に10%程、加水との事。
>露天風呂・かつらの湯・もみじの湯・どんぐりの湯/源泉2本混合 源泉100%
外の露天風呂は源泉掛け流し100%。

いや~、本当に来て良かった。出来れば建物から少し離れた所にある各お風呂にも入りに行きたいけど貸し切りだから早いもの順という事で今回は厳しいかな。

風呂上がりにビール(サッポロクラシック)飲みつつこれを書いております。
流石に携帯はau、ウィルコム両方とも繋がりませんな、圏外です。
山の奥地ですしあくまで秘湯、って感じの所ですから。

ゆったりじっくり本を読む。
こういう時間が欲しかったのでありがたい限りです。
本を読みつつもちょっと考え事というかいろいろ今後の動き方は考えざるを得ないのでそういうのもちょっと形に出来ればと思っていたのですが。

夜、もう一度建物の温泉に入りに行く。

軽く汗を流して暖まって帰ってきて本を読んでいたら眠気が来たので寝たのでした。

関連
温泉旅館の銀婚湯(上の湯温泉) その二

押してください!人気blogランキングblogram投票ボタン←押してくれるとありがたい!
Posted by 封神龍(酒) at 2008年10月14日 23:50 | トらックバック | 【所属カテゴリ: お酒3, お食事, 温泉】【コメントについて】【トラッくバックについて】【RSS登録についてRSS登録






トらックバック
(コメント・トラックバック共に受け付けてもすぐには公開されません、管理者が確認後の公開になります。)
このエントリーのトらックバックURL:

08bの所をspamblockbに変えてくださいね。なお、言及リンクがなかったりトラックバックを受け付けていないページからのトラックバックは削除及び受付拒否する場合がございます。