Photoshop(フォトショップ)キラー?な画像加工ソフト「AFEINTY Photo(アフィニティフォト)」を導入して使ってみた: YUU MEDIA TOWN@Blog

封神龍(酒)の日記です、気になるニュースなどもチェック!ゾイド(ZOIDS)とかMacとかUNIXとかwindowsとかアニメ・漫画とかゲームとか雑記とか備忘録とか北海道とかお酒とか。検索エンジン経由来訪でお探しのキーワード関連記事が見つからない方はこちら祝!HP爆誕25周年!!

2019年11月12日 (火曜日)

Photoshop(フォトショップ)キラー?な画像加工ソフト「AFEINTY Photo(アフィニティフォト)」を導入して使ってみた

Adobe(アドビ)のPhotoshop(フォトショップ)の対向として注目されている画像加工ソフトウェア「AFEINTY Photo(アフィニティフォト)」、試しに子供のパソコンに導入してみました。Windows版で約6000円ぐらいの買い切りでございます。最近のAdobeは買い切りではなく月額制でございますからな。で、当然ながらマクロメディアもAdobeに買収されちゃってその対向のソフトが注目されるわけであります。
AFEINTY Photo(アフィニティフォト)1.7画面
使い方はレイヤーとかマスクとかフォトショップに近いですかね。独自の操作感もございますがそこは慣れるしかないので使って行くわけですが説明の本とか買うとより理解できるか。
元々フォトショップファイルの奴を読み込んでみました。子供が描いた絵をスキャン、元々PNGとかJPEG的な画像方式でPhotoshopで取り込み、線部分以外だけを選択、マスクして反転、線部分だけを線として塗りつぶし。そんなファイルを
AFEINTY Photo(アフィニティフォト)
AFEINTY Photo(アフィニティフォト)1.7で読み込んでみました。子供にはレイヤーとか説明しながら操作方法説明しましたがまだ細かい事はわかってない感じですけど、色塗りしていました。家にあるコピックはxxx色だけどパソコンでやると16777216色とか使えるよ、とかいうとわかってない感じでした。
それは少しずつ教えていきましょう・・・・・

本当はこのソフトの前に以前にも紹介した
Photoshopキラー?画像編集ソフトの「Pixelmator(ピクセルメーター)」(2009年03月25日 (水曜日))
Mac専用ではありますが、こちらのソフトも検討したのですが、今のMac miniのOS X 10.11.6ではダウンロード購入できませんでした。最初使った時に思いましたがこのソフトは最新の機能使ってたりしていて、少し前のVerのOS Xだと使えなかったしするんですよね。

という事でAFEINTY Photo、少しずつ勉強しようかなと。


Posted by 封神龍(酒) at 2019年11月12日 07:06 | 【所属カテゴリ: お勧め商品【ソフトウェア】】【コメントについて】【トラッくバックについて】【RSS登録についてRSS登録

--



--


--