Mac3: YUU MEDIA TOWN@Blog Archives

封神龍(酒)の日記です、気になるニュースなどもチェック!ゾイド(ZOIDS)とかMacとかUNIXとかwindowsとかアニメ・漫画とかゲームとか雑記とか備忘録とか北海道とかお酒とか。検索エンジン経由来訪でお探しのキーワード関連記事が見つからない方はこちら祝!HP爆誕19周年!!
このカテゴリは【Mac関連】です、Macのソフトやハードウェア、その他メモなど。主にMac OS X、Mac OS X Server、iPod関連を扱います。以前のは【Mac関連2】へ

2017年03月28日

Safari 10.1及びセキュリティアップデート 2017-001 10.11.6

Mac OS X El Capita 10.11.6向けに各種アップデートが出ております。まずは
★Safari 10.1
Safari 10.1アップデートはすべてのOS X El Capitnユーザーに推奨され、プライバシー、互換性およびセキュリティの改善を含む以下の修正を含んでいます。:
・"ダウンロードを表示"リストをドラッグして独立したウインドウに表示できる機能を追加
・Safariのスマート検索フィールドのコンテクストメニューに"ペーストして開く"を追加
・バックグラウンドタブが突然前面に表示される問題を修正

とあります。

★セキュリティアップデート 2017-001 10.11.6
セキュリティアップデート 2017-001をすべてのユーザーに推奨します。このアップデートを適用するとOS Xのセキュリティが向上します。

とあります。
合計542MB。

関連
Apple、iOSやMacなどの深刻な脆弱性を多数修正 - ITmedia エンタープライズ
「Mac向けには「macOS Sierra 10.12.4」のほか、OS X El Capitan(10.11.6)とYosemite(10.10.5)向けの「セキュリティアップデート2017-001」が公開された。脆弱性は、ApacheやPHPなどのコンポーネントに存在するものも含めて計127件に対処している。
Webブラウザ更新版の「Safari 10.1」では、WebKitの脆弱性を中心に38件が修正された。macOS SierraおよびEl CapitanとYosemite向けのセキュリティアップデートには、Safariの更新版も含まれる。」
との事。

Posted by 封神龍(酒) at 21:43 | トらックバック

2017年03月20日

「スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで(上)」読みました、WebObjectsとか懐かしい

だいぶ前に買って少しずつ読んでおりました。

前アップルCEO スティーブ・ジョブズさんに関しての本。
ジョブズさんによく取材をしていた二人の記者が作成した本ですが冒頭に
「本書では読みやすさを優先し、ブレント一人が語っているかのような表現とした」とありますように、お一人がジョブズについて語っているように見える内容になっています。この前書き見直すまで二人の著書だというのをすっかり忘れてた。

で、この本を読みたいと思ったきっかけが
21世紀のスティーブ・ジョブズを目指す人必読! 全く新しいスティーブ・ジョブズ伝 - shi3zの長文日記
こちらを読んでいて、確かにアップル成功のお話は山と出ているものの、NeXT時代の事を詳細に書いてる本って少なさそうだな、と思い興味持ちました。そして
「NeXTを軽視するようなジョブズ伝があとを経たないのは、要するに書き手がジョブズの持つビジョナリーとしての本当の才能を理解していないのだろう。」
これは本当、そう思う。

私も微妙にアップル信者ですが、スティーブ・ジョブズがアップルに復帰した1990年代後半、記事では見ていてもそこまで詳細には知らなかったんですよね。アップルに返り咲いてからNeXTとかも知ったぐらいで・・・・で、Mac OS 9からMac OS Xへの移行時、OS Xに興味を持ってOS X(Darwin)について結構調べていたら、それこそMac OS XのベースとなったNeXT Stepの凄さにびっくりしたものです。
当時のMac雑誌もモダン、モダン、モダンOSみたいな感じで完全なマルチタスクなどの話が多数ありましたが、そういうのも一気に実装出来て、更には先を見据えた展開が期待出来る・・・
後でびっくりしましたけどそれがその後のPowerPCからIntel CPU(Pentium等のx86系へ移行)やiPhoneに搭載されるiOSにまでその系譜が続くわけで、これ作った人、すげえな、と思ったものでした。

で、本の話に戻りますがピクサーの方々がここまでジョブズ氏に影響を与えていたとは知らなかった。
最初の方は本当、クソ野郎ですよねwそれが様々な環境、人に出会い成長していく過程がわかる。

Kindleでメモしておいた部分は
「彼は湯気が立つほど熱い白湯を大きめのビールグラスで飲んでいた。なんでも、紅茶を切らしたとき、ふと、白湯もいいんじゃないかと悟ったのだそうだ。お茶と同じように気持ちが落ち着くらしい。」

「スティーブは部分に分けて考える能力に長けていた。その才能があったから、復帰時にアップルほどの複雑な組織でも各部に精通し、その動向を把握出来たのだ。ガンだと知って不安が募る中、やるべきことに集中できたのだ。」

「壮大な目標を掲げても、説得力のあるストーリーで到達までの道筋が語れなければ意味がない。当たり前。」

「人は少しずつしか成長しない。「大人」ならわかっているはずだが、我々は自分の才能および欠点とどう付き合っていくのか、人生を通じて悩み学んでいくのだ。成長というのは終わりのないプロセスである。また、いくら成長しても、まったく違う人間になれるわけではない。」

「問題が難しいなど知った事ではない。無理と言われていることや技術的な障害など魔法のように解決するウォズの力に慣れていたスティーブは、部下のエンジニアにも同じ事が出来るはずだと考えていた。それは大きな間違いだった。」
└滅多にいない天才がやってきた事をその辺の技術者が出来ると勘違いしていたのですね・・・・

「最新工場も美しい事務所もカッコいいロゴも、それ自体が悪いわけではない。ただ、そういう決断をする時、毎回、その決定に伴うトレードオフについて考えないのがまずいのだ。本質と本質でない事が区別できないのだ。その区別こそ、生まれたばかりの会社を率いるCEOがやらなければならない事であるのに。NeXT時代のスティーブは、この区別がまったくできていなかった。」

「だがスティーブはまだ幼く、コンピューター事業の世界に自分以外にも重要人物がいると考えもしなかった。世界が欲するものを知ろうとマクネリが窓の外を見ているとき、スティーブは鏡をのぞき込んでいたのだ。」

「思わぬ反応が返ってきて、あわてていることもありました。「向こうはどうして怒ったんだ?」と尋ねられることも一度や二度でなくありました。つまり相手を怒らせようとしていたわけではないんです。品性下劣という事ではなく、単純にスキルが無かったという事でしょう。」

「今振り返ると、1989年というのは、若者らしく向こう見ずで性急なスティーブが生み出す混沌が整理される方向に転換した年だとわかる。」

「私も何度も言われたのだが、ビルゲイツは金と人をつぎ込む以外に問題の解決方法を知らない、だからマイクロソフトのソフトウェアはややこしくてまあまあのものにしかならないというのだ。(NeXTで自分がどうお金を使ったかは無視らしい)。逆にビルゲイツは非常識な判断を繰り返して落ちていった負け犬だとスティーブを表現する。特にNeXTは意味がない、と容赦ない。」
└NeXT、当時は意味がないものだったかもしれませんが、iPhone含め壮大に化けましたね・・・・マイクロソフトのまあまあの話は確かに、と思えなくもないw

「「アップル3がああなってしまった原因の一つは、僕が優秀な人材を引き抜き、ゼロックスPARCで見た物を実現する研究につかせてしまった事だ」これは驚くべき告白だ。スティーブは自分の失敗をほとんど振り返らないタイプだというのに、彼以外の全員がコンピューター業界のリーダーだと認める友人と交わす公開の会話で、自分は悔いているとはっきり述べたのだ。」

「大企業から零細企業までたくさんの会社が購入すればかなりの販売量になるはずで、そこに目を付けたのはビル・ゲイツの慧眼だと言えるだろう。企業は、ウインドウズPCが提供する信頼性や連続性にお金を払ってくれる。段階的な改良も歓迎してくれるし、段階的な改良ならビルも提供出来る」
└これだよな・・・・


「インターネットが世界をカバーするようになると、Webサイト作成ツールとしてNeXTのWebObjectsが利用されるようになったが、それはテーブルに散ったパン屑に過ぎない。基本的にスティーブ・ジョブズは古くからの友人でも有り宿敵でもある男、企業受け市場のニーズと相性の良い男が世界一重要なビジネスパーソンと言われるようになっていくのを傍観者として見ている事しか出来なかった。」

「1996年にはこの努力が実を結ぶのではないか、少なくともそれなりの成功は納められるのではないかと思えるようになる。アビーのチームが開発したソフトウェア「WebObjects」が高く評価されたのだ。オブジェクトと呼ばれるモジュールを使って商用Webサイトなどのオンラインアプリケーションを作るツールで、開発期間が短縮される、規格化されたコンポーネントが再利用できるといったメリットがあり、オンラインストアの構築のとても便利なものだ。そして、時あたかもWorld Wide Webが独立系や企業系の開発者とタッグを組み、商用コンポーネントを使った双方向性Webサイトを次々に立ち上げた時代である。WebObjectsのライセンス販売は急拡大し、ネクストステップの収益を上回るほどになった。ようやくNeXTも営業利益を上げていると言えるようになったのだ」
└WebObjects(ウェブオブジェクツ)、来ましたな。あれ?ウェブオブジェクトって言わんの?
当時1ライセンス700万でしたっけ?それがMac OS Xに移植されて7万円ぐらいになったんですよね。
面白そうだと思って
WebObjects 5.1ハンズオンセミナーへ(2002年09月17日 (火曜日))
セミナー行ってみたり
Web Objects5.1をBuy Now(2002年11月08日 (金曜日))
WebObjectsで日本語を扱う時の処理(2003年05月03日 (土曜日))
WebObjectsは動いたな・・・(2003年11月09日 (日曜日))
EOModeler
WebObjectsで作った掲示板
という事で実際購入して一時勉強していたりしました。ただどちらかというと当時はサーバーなどの環境構築が優先されまして、尻切れトンボ的に勉強は収束していくのでした。


「「我々が団結して制作にあたっている様子を見ることから、また、我々が一緒に楽しく働いている様子を見ることから、スティーブは元気をもらっていたのだろうと思います。アップルに戻ってからの彼が違っていた理由の一つがこれなのではないでしょうか?他の人の才能を認めるようになった、そういう才能に刺激を受け、自分も負けずに頑張ろうと思うようになった。更にはそういう人々を刺激し、自分には出来ないと分かっている素晴らしいことをやらせようと思うようになったのではないか」とラセターは見ている」
└ピクサーで働く人の影響でだいぶ変わってきたのですね。

「考えを否定されると自分そのものを否定されたように感じる人が多く、そういう人は学ぶのが難しかったりします。まず、アイデアと自分を切り離す必要があるのです。スティーブはそうしていました」

スティーブ・ジョブズを語るならこの動画は外せない。関連するものを読んだ後には

また見直したくなります。

関連


Posted by 封神龍(酒) at 16:20 | トらックバック

2017年03月12日

Mac OS Xで仮想環境(バーチャルボックス)でLinux(CentOS 7)サーバー環境作ってみた

最近は仕事上でもPC設定が多いため、サーバー関連の作業があまりありません。既存の動いているのを少しメンテしたりしている程度でしょうか。

もってる知識も古いものになってきましたし、久々にサーバー環境立てないと思い、テストがてらMac miniのMac OS X EL Capitan(v10.11.6)上で仮想環境作ってLinuxサーバー立ててみる事にしました。

仮想環境であればテストとかして環境ぶっ壊してもバックアップとっておけば再構築容易だし、OS X側の領域に影響及ぼす事ないしね。

導入にあたっては
MacにVirtualBoxとUbuntuをインスールしてみた - na-kkun's life
VirtualBox (Windows) 上に CentOS 7 をインストールする - Qiita
を参考に設定しました。
Oracle VM VirtualBoxマネージャー
まずはこのような形。

ネットワークアダプタをサーバーとして使えるように設定します。こちらはOracle VM VirtualBoxの一般設定の
Oracle VM VirtualBoxネットワークアダプタ「ブリッジアダプター」
ネットワークアダプタ設定で「ブリッジアダプター」を選びます。標準のNATとかですと、普通にクライアントPC的に使うならインターネット接続やプリンタ印刷、外のファイル共有への接続はできますので問題ないのですがその逆、例えば他の機器からファイル共有サーバーとして接続を受け入れたりWebを公開したい、という場合にはブリッジアダプターにしてホストOSと同じネットワーク帯のIPにする必要があります。
パソコン設定のお仕事でもMacでこの手の仮想環境でWindows入れていて、複合機からスキャナ使いたいという要望があっても、、通常設定だと外から見えないわけで設定できないんですよね。
複合機のスキャナ使いたい方もブリッジ系の設定にしておきましょう。

ひとまず設定を終えてCentOS起動。ブラウザ立ち上げてWebサイト見たり少し弄ってみました。
あとはパッケージを全て最新Verにします。

sudo yum upgrade
実施。315ぐらいアップデートされたな・・・・ちなみにそれを行ったのは2月7日の事でした。それからも少しずつ触っておりましたが中々時間がとれんで今日、久々に触り、また
sudo yum upgrade
をしました。
OS X v10.11.5で立ち上げるCentOS 7
1ヶ月ちょっとだけどまた結構な数がアップデートされましたな・・・・・
ちなみにゲストOS側でマウスを動かすにはゲストOS側のウインドウでマウスをクリックすればOK。逆に干すとOSにマウスカーソル戻すには左側のコマンドキーを押すと戻ります。

どうせhttpdサーバーも入っている事だし、テストページにアクセスしてみましょう。
で、ブラウザでhttp://IPアドレスをうつもアクセス出来ない。
どうやらhttpdサーバーが動いていないようなのでCentOS 7からは
systemctlを使うようですので
systemctl start httpd.service
としましてApacheを起動。
でもアクセスできない。
VagrantでCentOS7を立てたが、httpアクセスが繋がらない時にやったこと - Qiita
ファイアーウォールが邪魔していたようなので
systemctl stop firewalld
とすると
Apacheテストページ
テストページに接続出来ました。とりあえずはこんなところで。後でhttpdのスタートアップのサービス起動登録とファイアーウォールの80番の開け方を調べて実施しておこう。流石にファイアーウォールOFFはあまりやりたくない。

Webサーバーとして使う為に、よくあるレンタルサーバーの環境みたいなのを一部、作ります。
ln -s /usr/bin/perl /usr/local/bin/perl
やって
yum -y install php php-mbstring
やって。

現段階ではWeb関連環境でApache/2.4.6 (CentOS) PHP/5.4.16、perlはv5.16.3、PHPはv5.4.16、rubyはv2.0.0p648のようだ。
*OS X 10.11.6で同じの見たらpache/2.4.18 (Unix) LibreSSL/2.2.7、perlはv5.18.2、PHPはv5.5.38、rubyはv2.0.0p648でした。

ちなみに仮想環境でLinux立ち上げたら
ESETで警告が出た
ホストOSでもない別パソコンのESETで警告が出た。何か探しに行った際にVAIO Fit 13Aにアクセスでもいったんだろうか?とりあえず信頼できる奴に変更しておきましたが。

あとCentOS側からOS X Server側のファイル共有にアクセスしようとしてもなぜかうまくいかず。
smb://IPアドレス
でアクセスするとなぜかguest接続になっちゃう。OS X側のゲストを切っても駄目みたい。
しょうが無いのでOS X Server側でFTPサーバー立ち上げて
ftp://IPアドレス
だとユーザー名、パスワード入力画面が出てきてOK。
まあ・・・FTPでもいいし、VirtualBoxのホストとゲストの共有フォルダ機能使ってもいいだけど・・・で、試しに
afp://IPアドレス
でやってみたらこちらも普通にIDとパスワード入力画面が出てきてログイン出来た。
あれ・・・?今のLinuxってAFPのクライアント機能も普通に入ってるん?もしくはafpとかいっておきながら内部はもうSMB?
afpで接続できるならFTP立ち上げておく事ないやとサービスオフ。

このSMB接続に関しては後で調べよう。

という事でメモでした。

関連


└Kindle版買って、時々読んでおります。まとまった知識を理解するのはやっぱりホームページより本(電子書籍でも可)がいいなぁ。

Virtual PC for Mac Version 7(2004年10月23日 (土曜日))
Macで仮想環境作ったの、この時以来か・・・・?
Mac OS X 上画面

Posted by 封神龍(酒) at 15:28 | トらックバック

2017年02月23日

コピー機(複合機)からMacへのスキャナ設定(共有フォルダへSMBで)のお話

コピー機、ございますね。今となってはパソコンからのプリントアウト、複合機でのスキャナ、FAX受信、印刷せず印刷結果をそのままFAXするPC-FAXなど、なぜかFAXの重要性が高い日本においてはビジネスにおいて必要不可欠な奴です。

Windows対応に関してはなんら問題ない場合が多いです。印刷にしてもスキャナにしても。
で、問題はスキャナです。TWAIN(トウェイン)であればソフトやドライバをインストールして設定するだけで済む場合も多くたいした問題にならない事が多いのですが、世の中の複合機はスキャンしたファイルを共有フォルダに保存するタイプが多い状態です。いわゆるSMBによるスキャン、Scan to SMBですな。
ウインドウズのファイル共有を利用してのスキャナでございます。Windowsは当然の事ながら問題ありません。
問題はMacです。マックの場合、Windowsファイル共有をOnにしてこのスキャナを使います。複合機からPC名をタッチしてスキャンするとそのMacの設定したフォルダにスキャンした内容が保存されるわけですが、オープンソースのSMB(Samba (サンバ) )を使っていた時代は特に問題ありませんでした。
しかしMac OS X v10.7においてこういった公開されたSMBではなく、アップル独自のSMBに変更されます。
結果
ESファイルエクスプローラーでMac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)へSMB接続(Windows共有)が出来ない(2013年10月27日 (日曜日))
上記例は10.9ですがこういう例が出始めます。結果
OS X v10.7 Lionにしたらプリンタ複合機からスキャン出来ない?! ~SMBプロトコル不可、FTPの設定も出てこないじゃん(・∀・;) / もっと知りたいリンゴあれこれ
こんな事になってしまいます。

なので基本的には複合機メーカーはSMBによるスキャンはMacは非対応、という事で対応してきたわけですが流れが変わってきまして。
AirMac ExtremeのSMBのファイル共有って何ベースなの?(2015年09月12日 (土曜日))
こちらにもいろいろMacでスキャナ使う際の話を書いてます。

複合機のスキャナ=Mac
正式にはメーカー非対応の場合が多かったわけですがそれが変わってきました。

2015年 国内レーザーMFP市場動向を発表
2015年シェア上位から見ていきましょうか。

1位は
「Mac OS X 10.10」環境でスキャン to フォルダー機能をお使いのお客様へ / 各種OS対応状況 | リコー
リコーです。一部機種はファームウェアのアップデートが必要ですが、基本的にSMBスキャナ、OKなようです。

2位は
macOS 10.12 Sierra (日本語環境) カラー複合機 対応状況 富士ゼロックス
富士ゼロックスです。少し古い機種は駄目ですが、最新機種においてはスキャナ、対応しているようです。

3位は
キヤノン:Q&A検索|【スモールオフィス向け複合機】Mac OS Xでの共有フォルダ設定
キャノン。普通に対応していそうですね。

4位は
Macの共有フ...|オフィスソリューション:シャープ
シャープです。MX-2517FN等の中堅機種は対応していないようですが、MX-2650FN等の最新機種であれば対応しているようです。

5位は
スキャナー:Windowsの共有フォルダーでScan to SMBを利用する
コニカミノルタ。10.7以降は複合機本体の設定を少し変更する必要があるようです。

6位は
TWAIN
ブラザー。基本はTWAINでの対応ですかね・・・・SMB、できるのかな?

7位は
よくあるお問い合わせ | 京セラドキュメントソリューションズ
京セラの複合機は基本、スキャナはMac非対応のようです。

とはいえ、10.7でいろいろやらかしてくれたOS Xですので基本はMac本体へのスキャナ設定はお薦めできません。OSアップデートでいきなり使えなくなる可能性があるからです。
なのでNASがあればそちらへ、コピー機本体に共有フォルダ作れるならそちらに設定した方が安定はすると思います。

スキャンするもののファイルサイズがあまり大きくならないのであればメールで飛ばすScan to E-MailもMacにおいてはお薦めです。

メモでした。

関連


Posted by 封神龍(酒) at 00:03 | トらックバック

2017年01月18日

セキュリティアップデート 2016-003 追加アップデート10.11.6

OS X 10.11.6向けにアップデートが出ておりましたのでアップデートしました。内容は
「OS X El Capitan セキュリティアップデート 2016-003 追加アップデートでは、Macが時々応答しなくなるカーネルの問題が修正されます」とあります。
なかなか大きな問題やないけ。ファイルサイズは374MB。

Posted by 封神龍(酒) at 21:06 | トらックバック

2017年01月09日

Mac OS Xで印刷標準設定をモノクロ(白黒・グレースケール)する方法

プリンターの設定で標準設定というのがウインドウズにはあります。Windows7~10ですと7の場合はスタートから「デバイスとプリンター」、8.1以降だとスタートボタン右クリックからコントロールパネル→デバイスとプリンターでたどり着くこちらの画面で「プリンターのプロパティ」を選択し、そちらから設定した事が標準設定となります。
Windows(7~10での標準印刷設定)
なので標準をモノクロにしたい、という事であればこの画面で設定すればいいわけです。

家庭用プリンタだとそんなにモノクロ標準とかする必要ないかもしれませんが、事業所とか会社だとプリンタ複合機というかコピー機の印刷は1枚あたりいくら(白黒x.x円、カラーxx円)のカウンター契約の場合が多くございます。コストを考えると白黒標準にして、手間はかかりますがカラー原稿印刷の時だけ、プリンターのプロパティや設定を開いてカラー設定してから印刷した方がいいわけです。標準印刷を白黒に設定しておけば、一時設定変更してもソフトを開き治したりすればすぐにモノクロになりますので。

なのでWindowsですと先程の画面で白黒を標準にすればいいのですがMacにはそれがないのです。
MacのGUI画面ではそういった標準設定がなく、各アプリケーション上の設定で選んでそれを標準設定にする他ありません。
あくまでOS Xの標準機能では。で、もしかしてOS XのGUIの標準機能では出来ないけど、ターミナル使ってコマンドラインならやり方あるのでは?というかオープンソースのCUPS使ってるわけだし、そちらの方から・・・とググりますと
Mac OS Xで印刷する際のモノクロ印刷の固定化方法 - 理想未来はどうなった?
MacOSXでプリンタのデフォルトをモノクロ印刷に設定ができないのかな?
やっぱりあった。
CUPS Webインターフェイスというブラウザでアクセス出来る設定画面へ。
http://localhost:631
にアクセスすればいいのね。でもいけない。
「Webインターフェイスが無効になっています。有効にするには、"cupsctl WebInterface=yes"を実行してください。」と表示されます。
という事で先にターミナルで
cupsctl WebInterface=yes
と入力しWebアクセスをOnにします。
再び
http://localhost:631

CUPS WebInterface画面トップ
CUPS WebInterfaceにアクセス出来ました。上のメニューの「Printers」選びますと
CUPS WebInterface画面 プリンタ選択画面
プリンタ一覧が表示されます。今回はうちの
Brother_DCP_J963
が表示されておりますのでそちらをクリック。するとBrother_DCP_J963でいろいろ設定できる画面になるので右側プルダウン(初期がAdministrationになってる方)を選ぶとメニューがいくつか出てくるので
CUPS WebInterface画面 プリンタ 設定選択
「set Default Options」を選びますと
CUPS WebInterface画面 プリンタ標準設定画面(モノクロ、カラー)
「set Default Options for プリンター名(うちの場合はBrother_DCP_J963N)」のページにアクセス出来ます。この画面に「カラー/モノクロ」のプルダウンがあるのでモノクロにして画面一番したの「set Default Options」を押します。ユーザーID、パスワードを求められますので入力。これで設定完了。

で、各アプリで印刷設定見てみると
Mac Safariでの印刷設定画面(モノクロ標準)
すげぇ、印刷の標準がモノクロになってる。これはSafariですがFirefoxでもなってましたし、他のアプリでも同様にモノクロが標準になっていました。

こういう機能設定、GUIでも出来るようにしておけばいいのに・・・・・

とはいえ、OS標準設定ではないですし、プリンタメーカーでもこういう紹介しているの見た事ないので、あくまで自己責任で、ですかね。

設定終わったらWebインターフェイス、OFFにしますのでターミナルから
cupsctl WebInterface=no
します。これでWebインターフェイスがOFFになりました。

ちなみに今回はOS X 10.11でやりましたが、ちょいと他の環境が触れる機会があったのでCUPS Webで設定できるか見てみたけど、10.10、10.9はいけるっぽい。という事は全VerがOKかな?

関連
Macでもプリンタのテストページ印刷の機能、あったのか(2016年06月14日 (火曜日))
brother のA4インクジェット複合機 PRIVIO(プリビオ) DCP-J963N-Wを購入(2015年12月20日 (日曜日))

Posted by 封神龍(酒) at 19:00 | トらックバック

2017年01月08日

Mac miniにまたFirefox入れた

先程の
Mac miniにまたATOK Passport(ATOK 2016 for Mac)入れた
と同じく、WebブラウザでもWindows環境と同等の環境を目指すべく、Mac miniにFIrefoxもインストールしました。

ブックマークやアドオンに関してはFirefox Syncでログインしておけば同期されるので楽に環境構築出来ます。前にFirefoxでのアカウント、作ってたはずがないとか表示されたので新しく作り治しました。ウインドウズの方で先にログインして環境をアップし、Macの方で後でログインし、ブックマークやアドオンが同期されました。
あとはサイトやサービスごとのログインですがそれも一部は同期されますので残りは同期されていなかったはてなブックマークのログインなどしまして。

あと検索エンジン、自分のサイトを検索するようのものを追加していたのですがそれは移行されなかったようなので
いろんなWebサイトの検索窓をFirefoxにラクラク追加 - Firefoxアドオン「Add to Search Bar」(2009年03月12日 (木曜日))
にて作成。

カエレバブックマークもデータ移行してと。

こんなもんかな。

同様の環境、準備しておけばWindowsの方に何かあってもすぐに使えるのでバックアップ用途でもいいですしね。

そういやアクティビティモニター見て思ったけど、Macの方のFirefoxは普通に64bitアプリなんですね。Windowsの方はまだ標準は32bitっぽいのに。

関連
Firefox をダウンロード — 自由なウェブブラウザー — Mozilla

Posted by 封神龍(酒) at 14:43 | トらックバック

Mac miniにまたATOK Passport(ATOK 2016 for Mac)入れた

以前使っていたMac mini
Mac OS X v10.6 Snow Leopard Server搭載のMac mini(MC408J/A)購入!(2010年02月17日 (水曜日))
ではATOK Passportを入れて日本語変換IMEにATOK入れてMacでも使っておりました。
で、この前新しくしたMac mini
OS X El Capitan v10.11搭載のMac mini (Late 2014)(1TB MGEN2J/A)購入、設定等のレポート(OS X Serverも導入します)(2016年04月23日 (土曜日))
ではそこまで文字入力もまだしていなかったし、標準のままにしていたんですよね。
でもあの変な変換には未だになれておりません・・・・
で、文字入力ではメインで使っているVAIOノートの方がキーボード、OとAが取れちゃいまして入力が不便に。手に汗をかいている時なんかは指に張り付いちゃって取れちゃうし、とりあえずキーボードカバー導入して一時的に問題を解決するか、と同時にMacでももう少し文字入力しやすい環境整えてマックでも文字入力するようにしよう、という事でATOKパスポートを再び入れる事にしました。

導入は特に難しい事はなく
日本語入力システム ATOK Passport|Just MyShop
体験版インストールしてパスポートのシリアル等を入れるだけ。
で、ユーザー辞書はウインドウズで使っている設定ファイルを直接移植しました。
特にコンバートとかいらんのね。ATOK29U1.DICファイル(WindowsだとUsers¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Justsystem¥Atok29以下に、Macは/Users/ユーザー名/Library/Preferences/ATOK29以下に)をMac側のに上書きするだけで辞書移植完了。
クラウド使って同期する奴もあるんでしょうが、面倒なのでこれでよしとしました。

ウインドウズと同様の快適さがこれで手に入りました。

関連


Posted by 封神龍(酒) at 14:19 | トらックバック

2016年12月18日

OS X 10.11.6向け「セキュリティアップデート2016-003 10.11.6」や「Safari 10.0.2」等

アップルがOS X 10.11.6向け「セキュリティアップデート2016-003 10.11.6」や「Safari 10.0.2」等を公開しています。数日前に。

アップデート内容は「セキュリティアップデート2016-003 10.11.6」はセキュリティアップデートで全てのユーザーにアップデートを推奨。

「Safari 10.0.2」は
・Webサイトが他のWebサイトやアプリケーションを繰り返し起動するしようとする問題を修正しました。
・Safari機能拡張ギャラリー以外からダウンロードしたSafari機能拡張をインストールできない問題を修正しました。
・一部のWebサイトで共有ボタンが無効になる問題を修正
・リンクをクリックして新規タブを開いた後に前のタブの内容が画面上に残る問題を修正

な感じです。

あとはiTunes 12.5.4。

Posted by 封神龍(酒) at 16:12 | トらックバック

2016年11月07日

Macで京セラ複合機TASKalfaのプリンタ設定出来ない時のメモ

以前にMacで京セラのコピー機というか複合機、TASKalfaでMacから印刷するためプリンタの設定をしていた時があったのですが一部Macだけ設定できないのがありました。OS X10.11ぐらいだったかな?他の同じ環境のでは出来るのにその数台が出来ない。

プリンタドライバはインストールしまして「システム環境設定」→「プリンタとスキャナ」で普通は画面左側の+ボタン押せばデフォルトでネットワーク内にあるプリンタが出てくるわけですが、そこで出てこない。まあそういう事もあるよね、と「IP」タブからアドレスにプリンタ複合機のIPを指定してドライバを正しいの選んで「追加」を押すとずっとレインボーがぐるぐる。

結論としてはTASKalfaの側の本体の操作ディスプレイでメンテナンス画面に入り、IPP(SSLの方も)を切る。

そしたら普通に設定出来るようになった。設定したのTASKalfa4052ciか何かだったかな。こういう事をしないと設定できないのがあるなんて知りませんでした。

という事でメモ。

Posted by 封神龍(酒) at 19:16 | トらックバック

2016年11月04日

iTunes 12.5.3等公開

だいぶ前にアップデートで来ていましたがようやくアップデートしました。
iTunes 12.5.3
このアップデートでは、安定性とパフォーマンスが向上しています。また、以下の点も改善されます。
・アルバムが予期しない順序で再生される場合がある問題が修正されます。
・Beats b1視聴中に歌詞が表示されない問題が解決されます。

他にGarageBand 10.1.3、iMovie 10.1.3があったので一緒にアップデートしました。Touch Barなどの対応のアップデートかな。

Posted by 封神龍(酒) at 06:23 | トらックバック

2016年10月26日

セキュリティアップデート2016-002 10.11.6、Safari10.0.1公開

OS X 10.11.6のアップデートで出てきました。

・セキュリティアップデート2016-002 10.11.6
セキュリティアップデート2016-002をすべtねおユーザーに推奨します。このアップデートを適用するとOS Xのセキュリティが向上します。

・Safari 10.0.1
Safari10.0.1アップデートには問題の修正およびセキュリティの改善が含まれ、すべてのOS X EL Capitanユーザーに推奨されます。

サファリアップデートしたらアベマTVがうまく再生できない不具合治るかと思ったら治らんね。

Posted by 封神龍(酒) at 23:08 | トらックバック

2016年09月21日

macOS Sierra v10.12が公開

Apple (日本) - Apple Press Info - macOS Sierra、無料アップデートとして提供開始
という事で公開されました。

個人的に気になるのは
macOS Sierra:Gatekeeper非対応アプリは利用できない | Mac OS X | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)
「「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の中に「すべてのアプリケーションを許可」の項目がありましたが、macOS Sierraでは削除されています。」
この部分は気になるかな。ただ個別のアプリでは制限解除できたり、
Gatekeeperの機能が強化されたmacOS 10.12 Sierraで未署名のアプリを起動する方法。 | AAPL Ch.
ターミナルから設定を変える事により、この項目を今までと変わらず表示する方法もあるようです。

macOS Sierra (10.12) で Photoshop CS6 / Illustrator CS6 を使う - TeX Alchemist Online
単にJavaのフォルダがあるかないか見ているだけで判断しているので空でもそのフォルダ作れば大丈夫なようです。
ただその空のフォルダを所定の位置に作るのがセキュリティの関係上、少し手間がかかるようですが。

アップデートはしばらく様子見かな。

Posted by 封神龍(酒) at 23:44 | トらックバック

macOS Sierra Ver10.12対応のmacOS Server Ver5.2公開

アップデート内容は下記のとおり。

プロファイルマネージャー
・Apple School Managerとの統合により、管理対象Apple IDとクラス情報を取得
・iOS 10でiMessageとFaceTimeの設定アシスタントパネルを省略
・macOS Sierraバージョン10.12でSiriの設定アシスタントパネルを省略
・連絡先、Exchange、およびGoogleアカウントでのオーディオ通話用のデフォルトアプリケーションを選択
・監視対象デバイスにBluetooth変更の制限を設定
・macOS Sierraバージョン10.12用にApple Music、iCloudキーチェーン同期、およびメモ、リマインダー、またはLinkedinの共有制限を設定
・新しいIKEv2認証方法のオプションを設定、あるいはVPNのアイドルタイムアウト時のIPsec接続解除を指定
・CiscoファストレーンのQuality of Service(Qos)のマーキングを制限、あるいはWi-Fiネットワークのキャプティブネットワーク検出の無効化
・Apple Watchを使ってMacをロック解除することを制限
・IPファイアウォールを構成

キャッシュサーバー
・ピアレプリケーションの制限を強化

SMB
・セキュリティ向上のため、SMB接続にはデフォルトで署名が必要になりました。

NFS
・AESはKerberos対応のNFSでサポートされる暗号化の種類になりました。

Xsan 5
・macOS SierraおよびServer 5.2にはXsan 5ファイルシステムのサポートが組み込まれています。Xsan 5はQuantum StorNext 5.3ファイルシステムと互換性があります。
・Xsan 5にアップグレードする前に、Xsanの互換性に関する情報をご確認ください。

ファイルサイズは199MB

とりあえずOS X El Capitan 10.11でもmacOS Server Ver5.2にはアップデートできました。
いつぞやアップデートしようとしたら最新のOSが必要です、とか出て出来ないことがあったけど、これは大丈夫。

Posted by 封神龍(酒) at 23:35 | トらックバック

アップル Safari 10公開

Safari 10アップデートは全てのOS X EI Capitanユーザーに推奨され、プライバシー、互換性、およびセキュリティの改善を含む以下の修正を含んでいます。

・Mac App StoreからのSafari機能拡張のサポートを追加
・可能な場合は常にHTML5ビデオを表示し、読み込み時間の短縮、バッテリー消費の低減、セキュリティの強化を実現
・ユーザーが許可したwebサイトでのみプラグインを実行するセキュリティを拡張。
・自動入力を改善し、連絡先に登録された全ての連絡先から情報を自動入力できる機能を追加
・リーダー表示のフォーマットを拡張
・ユーザーが閲覧するWebサイトの拡大縮小のレベルを個別に記録

とあります。

ユーザーエージェントは
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_11_6) AppleWebKit/602.1.50 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Safari/602.1.50
な感じ。

アップデートしたらアベマTV、再生が凄く不安定になった。何度も落ちる。自動で開きなおす機能があるのかすぐに再生開始されるけど、何かの不具合?

Posted by 封神龍(酒) at 23:03 | トらックバック

2016年09月14日

Apple Musicのデザイン変更やiOS 10に対応したiTunes 12.5.1公開

アップルがiOS 10に対応しApple Musicに関してもでざいん変更したiTunes 12.5.1が公開されております。
「Apple Music」のデザインが生まれ変わり、あらゆる音楽体験をさらにわかりやすく簡単に操作できるようになりました。このアップデートではiOS 10がサポートされます。OS X Sierra向けにデザインされた機能拡張も追加されています。Siri:声を使ってライブラリやApple Musicの音楽を再生できます。Siriに話しかけたらあとはお任せください。
ピクチャ・イン・ピクチャ:ビデオを見ながら、他の作業をしたり、他のアプリケーションを利用したりできます。ビデオはデスクトップのいずれかの隅で他の画面より手前に表示されます。」
とあります。

Posted by 封神龍(酒) at 16:55 | トらックバック

2016年09月04日

OS Xセキュリティアップデート2016-001 10.11.6とiOS 9.3.5

先日出ていたOS XとiOSのセキュリティアップデート、適用させました。特に不具合もなさそうだし。
OS Xの方は
「セキュリティアップデート2016-001を全てのユーザーに推奨します。このアップデート適用するとOS Xのセキュリティが向上します。」

iOS 9.3.5は
「iOS 9.3.5はiPhoneまたはiPadの重要なセキュリティの問題を修正・改善します。このアップデートをすべてのユーザに推奨します。」
とあります。iPhone iPadに適用させました。

関連
アップル、「iOS 9.3.5」をリリース--重要なセキュリティの問題を修正 - CNET Japan
ニュース - Appleが「iOS 9.3.5」をリリース、深刻なセキュリティ問題を修正:ITpro

iOSに続きOS XとSafariブラウザーの一部にも遠隔監視・操作の脆弱性発覚。速やかにパッチ適用を - Engadget Japanese
iOS攻撃で発覚の脆弱性、OS XとSafariでも修正される - ITmedia エンタープライズ

Posted by 封神龍(酒) at 14:51 | トらックバック

2016年07月19日

OS X El Capitan v10.11.6+OS X Server 5.1.7公開

Apple、iOSやOS Xの脆弱性多数を修正 - ITmedia エンタープライズ
Apple、バグを修正した「OS X 10.11.6」「iTunes 12.4.2」アップデート公開 | マイナビニュース
アップデート出てます。
「OS X El Capitan v10.11.6アップデートでは、お使いのMacの安定性、互換性、およびセキュリティが改善されます。こおのアップデートはすべてのユーザーに推奨されます」とあります。
「ペアレンタルコントロールをオンにしている状態でアカウントに設定が保存されないことがある問題、一部のネットワーク機器(スピーカー、多機能プリンタなど)がSMB共有ポイントにアクセスできない問題を修正する。OS X 10.11.4またはOS X 10.11.5で作成したNetBootイメージから起動できない問題の修正や、Active Directory認証の遅延の解決、NetBootサーバに接続する起動時間の改善といったエンタープライズ向けのアップデートも含む」
あれ?多機能プリンタからのSMB共有ポイントにアクセス出来ない問題って、これで複合機から普通にアクセス出来るようになるって事かしら?

ついでにOS X Server 5.1.7も公開されております。
「他社製SSL証明書で構成されたServerインスタレーションで、DEPを使ってMDM登録出来なかった問題を修正しました」
とあります。

Posted by 封神龍(酒) at 21:59 | トらックバック

2016年07月02日

エレコムのACアダプタ付USBハブ(USB充電専用ポート付)「U2HS-T201SBK」購入

わが家のMac miniとキーボード、マウスの接続は
デスクをすっきりさせる USBハブ付きモニターボード UBOARD(ユーボード)(2010年03月27日 (土曜日))
USBハブ付きモニターボード UBOARD(ユーボード)
こちらを経由してきました。ただ最近はハブとしての機能が壊れてきたのか電力供給が途絶え、いつの間にかマウスやキーボードが反応しなくなることが増えてきました。キーボードを直接Mac miniに接続するには少し距離があり、USBケーブルの距離が微妙に足りません。ケーブル交換出来るタイプのキーボードであれば交換しますがそうではないのでとりあえず新しくハブを買う事にしました。
あと、外付けのスーパーCD使うのにACアダプタによる電源供給があった方がいいよね、とACアダプタ付を買う事に。PCデポでこれを買ってきました。


アマゾンで見たら安っ!PCデポだと3300円+税だったぞ・・・・1000円~1500円で売ってるやないけ・・・・
実物はこんな感じ。パッケージだとアダプタの大きさがよくわからん。
エレコムのACアダプタ付USBハブ(USB充電専用ポート付)「U2HS-T201SBK」
実際にはこんな感じです。

ACアダプタ付けてUBOARD(ユーボード)のUSBケーブルをMacから外してこのHUBのUSBケーブルを接続して。とりあえずマウスとキーボードはOK。
それではMac miniにスーパードライブつけます。
・・・・・電力供給できないのでMac mini本体に繋げろや、とか出てきた・・・・ACアダプタ付いた奴でも駄目なの?しょうが無いのでiPhone接続の為のLightningケーブルをハブに刺し、Super DriveをMac mini本体に接続。そしたら動きました。
HUB経由のLightningケーブルに接続したiPhone 6もとりあえずは充電と同期できるし、まあ・・・・いいか。
Super Drive
こんな感じでDriveは収まりました。

時たま、DVDやらCDを使いたい時があるわけですが、USBポートが足りないのもありましたし、付け替えがおっくうになってたのもあり、あまり光学メディア使ってなかったんですよね。USBメモリとかが全盛のこのご時世じゃまああんま使う事はありませんが・・・・

あとはこれでマウスとキーボードが安定して使えれば問題なし。今の所大丈夫そうだけどね。
ちなみにマウスとキーボードはPower Mac G5の頃から使っている奴です。キーボードカバーがかなり汚れていたので水洗いして干して綺麗にしました。

マウスは流石にそろそろ右クリック出来るのが欲しいかな・・・・

Posted by 封神龍(酒) at 17:16 | トらックバック

2016年06月14日

Macでもプリンタのテストページ印刷の機能、あったのか

最近はプリンタや複合機の設定もよくやります。設定完了後、ちゃんと紙で印刷されるか確認するのにテスト印刷するわけですがウインドウズの場合だと
コントロール パネル→ハードウェアとサウンド→デバイスとプリンターで該当プリンタの上で右クリック→プリンタのプロパティ→テストページの印刷
コントロール パネル→ハードウェアとサウンド→デバイスとプリンターで該当プリンタの上で右クリック→プリンタのプロパティ→テストページの印刷
という事でテストページを印刷して確認しておりました。結果
Windows 8.1のテストページ印刷結果
このような感じ(Windows 8.1Ver)のが印刷されるわけです。

で、Macでもよく印刷設定あるわけですが、テストページプリント出来るの知らなくて適当にヤフーとか表示して印刷しておりました。

・・・・Macにも標準でテストページプリントの機能、あったのね。
システム環境設定→プリンタとスキャナ→該当プリンタ選択→プリントキューを開く→プリンタ→「テストページをプリント」
システム環境設定→プリンタとスキャナ→該当プリンタ選択→プリントキューを開く→プリンタ→「テストページをプリント」
を選びますと
Macのテストページ印刷結果 Mac OS X 10.6.8
Mac OS X 10.6.8
Macのテストページ印刷結果
macOS X 10.11Ver
このようなのが印刷されます。

長年、Mac使ってきたけどこの機能、知らなかったわぁ・・・・

関連

brother のA4インクジェット複合機 PRIVIO(プリビオ) DCP-J963N-Wを購入(2015年12月20日 (日曜日))

Posted by 封神龍(酒) at 23:27 | トらックバック

2016年05月17日

サイドバー復活などUIを改善したiTunes 12.4公開

UIを改善したiTunes 12.4提供開始。戻るボタンやメディアピッカー - AV Watch
という事で公開されております。
-----------------------------
すべての音楽、ムービー、テレビ番組、Podcast などを、よりシンプルなデザインで楽しめるようになりました。

ナビゲーション。“戻る”ボタンと“進む”ボタンを使って、ライブラリ、Apple Music、iTunes Store などの間を移動できるようになりました。

メディアピッカー。“ミュージック”、“ムービー”、“テレビ番組”などを簡単に切り替えることができます。“編集”で必要な項目のみを選択することもできます。

ライブラリとプレイリスト。サイドバーを使って、ライブラリを新しい方法で表示できます。曲をドラッグ&ドロップしてプレイリストに簡単に追加できます。サイドバーを編集して、お気に入りの表示のみを選択することもできます。

メニュー。iTunes のメニューがよりシンプルに、より使いやすくなりました。“表示”メニューを使ってライブラリをカスタマイズしたり、特定の項目で機能するコンテキストメニューを試してみたりできます。
-----------------------------
な感じ。

やっぱりサイドバー、標準で必要だよね。

Posted by 封神龍(酒) at 23:02 | トらックバック

OS X El Capitan アップデート 10.11.5公開

OS X El Capitan アップデート 10.11.5では、お使いのMacに安定性、互換性、およびセキュリティが改善されます。このアップデートはOS X El Capitan をお使いのユーザー全てに推奨されます。

アップデート内容、英語版だけどこんな感じらしい。
-------------------------------------
The OS X El Capitan v10.11.5 Update improves the stability, compatibility, and security of your Mac, and is recommended for all users.
This update includes the following enterprise changes:
Fixes an issue where applying a configuration profile to set allowSpotlightInternetResults to False would cause Spotlight to use large amounts of CPU time.
Fixes an issue where applying a configuration profile to set ShutDownDisabledWhileLoggedIn to True would have no effect.
Fixes an issue where only a single NetBoot image would appear in the Startup Disk pane of System Preferences, even if multiple NetBoot images were configured on the server.
-------------------------------------
あれ?ネットブートの文字が見えるぞ?

758MB。

あとアップデートしたら標準キーボードがUSだけになったよ?まあ環境設定のキーボード、入力ソースから+押して日本語追加して元に戻しましたが。

Posted by 封神龍(酒) at 22:38 | トらックバック

OS X Server 5.1.5公開

アップデート内容は下記のとおり。

プロファイルマネージャー
・共有iPadでパスコードが要求されるまでの猶予期間を構成
・iOS 9.3で導入されたTrue Tone設定アシスタントパネルの省略をサポート
・新しいコマンド(共有iPodのみ):診断レポートの送信とApp解析の有無/無効を切り替え
・新しい機能制限(監査対象のみ):診断レポートの送信の設定変更を許可

OS X Server 5.1には、以下の新機能と改善が含まれます。

・OS X Server 5.1にはOS X El Capitan 10.11.4以降が必要
・TLS 1.2をサポート
・IOS 9.3 の教育機関向け新機能をサポート

プロファイルマネージャー
・共有iPadをサポート
・iOS"クラスルーム"Appをサポート
・新しいペイロード(監査対象のみ):通知、ロック画面のメッセージ
・新しい制限(監査対象のみ):Apple Musicの許可、Radioの許可、通知設定の変更許可、ホーム画面に表示するApp
・新しい制限:iCloudフォトライブラリの許可
・OS Xのメジャーアップデートのインストールをサポート
・L2TP/IPsec VPNプロファイルに2048ビット以上の強度のDiffie-Hellmanグループが必要

キャッシュサーバー
・共有iPadのユーザデータのキャッシュをサポート
・iCloudデータキャッシュのパフォーマンスを最適化

とあります。

Posted by 封神龍(酒) at 21:48 | トらックバック

2016年05月04日

OS X El Capitan v10.11搭載のMac mini (Late 2014)(1TB MGEN2J/A)をしばらく使ってみて

先日
OS X El Capitan v10.11搭載のMac mini (Late 2014)(1TB MGEN2J/A)購入、設定等のレポート(OS X Serverも導入します)(2016年04月23日 (土曜日))
導入しました。従来のMac miniはソフトウェア的にもハードウェア的にも満身創痍でした。
主要ファイルは1日で移動しましたが、メールの移行とかは2~3日掛かりましたわね。メールのデータを読み込みかけてもすごい時間がかかりまして。

前回のエントリに書きましたがディスプレイ、マウス、キーボードは新しいMac miniに取り付けまして、必要なファイル移動はもうVNCじゃなくて画面共有を使うのでディスプレイもキーボードもマウスも入りません。
という事
Mac mini(MC408J/A)を設置
とりあえずルーターの横に置いておきました。LANで有線接続します。

データの移行もほぼ終わり、今まで旧Mac miniのTime Machine(タイムマシン)で使っていた
Macのタイムマシンのバックアップ用に外付けHDD「 Transcend USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ 1TB 3年保証 TS1TSJ25M3」購入(2014年06月15日 (日曜日))
をフォーマットし、新しいMac miniに接続します。
Mac mini(MC408J/A)をの最後の姿
なので古いMac miniからは取り外し、このような姿に。それでも外付けHDDが必要なのは内蔵が全部死んで、外付けIEEE1394もとい、FireWireで接続された外付けHDDがメインHDDなので。
・・・・・通常使う分には基本性能で問題はないし、役割終えたら内蔵HDDを自分で交換するか交換をお店に頼んで再利用を検討しようかな?

という事で最終的には
OS X El Capitan v10.11搭載のMac mini (Late 2014)(1TB MGEN2J/A)設置最終形態
こんな感じに。前のMac miniのデカイアダプタがないだけでもすっきりしますな。外付けHDDも2つから1つになりましたし。

満身創痍なMac miniから乗り換えて、何が嬉しいってやっぱり動作速度。SSHDD(Fusion Drive)というのもあるけど起動も速いし、何もかもが早い。ファイルサーバーとして使うにも早い。というか通常であれば普通の作業はこうであるべきなのですが、ソフトもハードもいかれた奴でしたからな。

後は前のは
Mac OS X Server v10.6.8 Snow LeopardをOS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)にアップグレード(2013年10月23日 (水曜日))
Mac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)のファイルサーバーでWinから接続したら共有違反でるのMac側が原因じゃなかった(2013年11月13日 (水曜日))
こういう問題がありました。なぜかMac mini側にあるファイルをWindowsクライアントから開くと共有違反とかロックがどうとか出てきて開けるけど閲覧だけで保存できないのな。原因はESETとありますが、現在の新MacではESET動かしつつ普通に読み込み、保存出来ます。やはりMac側にも原因があったのでしょうね。
あとはパーミッション(アクセス権限)がうまく付与されない件。こちらもクライアント側がファイル作成したりコピーしたりするとなぜかオーナーはいいとしてグループがうまく引き継がれない。
それもちゃんと解決です。今まではファイルサーバーにファイル置いた後、わざわざ管理者認証してアクセス権限を書き換えてやってたりしました。細かい所だけど普段からやる作業でこれはかなりストレスたまるのよね。
というか10.6から10.9へのアップデート自体に無理があったんでしょう。やっぱりサーバーOSをアップデートして使うもんではないわ。
という事で古いMac miniは6年と77日の稼働で役割を終えようとしています。

にしても本当、動作がキビキビしているのはありがたい。

環境も少しずつ整えてまたプログラムやサーバー運用の勉強に使おう。

Posted by 封神龍(酒) at 15:49 | トらックバック

2016年04月23日

OS X El Capitan v10.11搭載のMac mini (Late 2014)(1TB MGEN2J/A)購入、設定等のレポート(OS X Serverも導入します)

今までサーバー兼クライアントとして
Mac OS X v10.6 Snow Leopard Server搭載のMac mini(MC408J/A)購入!(2010年02月17日 (水曜日))
が活躍し続けてきてくれました。しかし
今度はMac miniがおかしくなったw(2014年03月09日 (日曜日))
4年と20日目には内臓HDDに障害。
まだだ、たかがメインHDDがやられただけだ、という事でMac miniを外付けHDDを使いTime Machineで復旧(2014年03月11日 (火曜日))
復帰は無理という事で外付けHDDにシステムを復元し使う事にしました。タイトルではたかがとか書いてるけど普通に「ふう、致命傷で済んだ」案件よねw
更に
Mac miniの内臓HDDが両方とも駄目になった(2014年07月31日 (木曜日))
データ保存領域のもう片っ方のハードディスクも逝かれてしまいます。

満身創痍でどうにか持たせてきましたが使う方にとっても動作はめちゃ遅いし、我慢の限界も超えました。今後はプログラムのテストや快適なファイルサーバーとして使いたいし、という事でようやく新しいMac miniを購入致しました。
注文したのは4月17日、届いたのは23日でございます。ベースは


でアップルストアで1TBのFusion Driveにカスタムして購入しました。1TBのFusion Driveの構成はAmazonのレビューと同じく
「Samsungの128GB PCIe SSD (型番SM0128F)とTOSHIBAの1TB HDD (型番HTS541010A9E662)」
かな。
Mac mini (Late 2014)(1TB MGEN2J/A)の箱
デスクトップ?のパソコンとは思えない程、箱が小さいですな。前のMac miniもそうでしたが。
基本機能として
・CPU:2.6GHz Dual-Core Intel Core i5
・グラフィックカード:Intel Iris Graphics
・メモリ:8GB 1600MHz LPDDR3 SDRAM
・HDD:1TB Fusion Drive
・Thunderbolt 2ポート(最大20Gbps)x 2
・USB 3ポート(最大5Gbps)x 4
・HDMIポートHDMIポート
・SDXCカードスロット
・ギガビットEthernetポート
という感じ。

ディスプレイは前と同じく
東芝 REGZA 26RB2をMac mini(MC408J/A)のディスプレイとして使う(2011年06月17日 (金曜日))
東芝のテレビをディスプレイ代わりに使います。という事で前回はMiniDisplayPort-HDMI変換ケーブル MHC-18CBが必要でしたが今回のMac miniは標準でHDMIポートがついておりますので普通のHDMIケーブルでいけます。
Apple HDMI to HDMI Cable 1.8m


Mac miniと同時に注文しておきました。いや、安いの買ってくれば良かったんだけど面倒だったし。一本で映像と音声が接続出来るのは便利ですな。前のは音声は別途アナログケーブルでしたから。デジタルになったからか音質アップしたような?

以前のモデルと比較すると
Mac mini(MC408J/A)(下)とMac mini (Late 2014)(1TB MGEN2J/A)(上)の比較
Mac mini (Late 2014)(1TB MGEN2J/A)は大きなアダプタがなくて良い
新しいのは平べったいですが横に少し長いですな。ただアダプタ内蔵か左上に見える前のMac miniのような大きいアダプタがなく、電源ケーブルだけで済むのはありがたい。
Mac mini (Late 2014)(1TB MGEN2J/A)のインターフェイス
インターフェイスは左から電源ケーブル接続部、Gigabit Ethernet(ギガビットイーサネット)、HDMI、Thunderblt 2(サンダーボルト2)×2、USB 3×4、SDXC Cardスロット、オーディオin Outとなっております。
内蔵メディアに関してもインターフェイスはSATA 3という事で物理転送速度 - 6Gb/s、実効転送速度 - 4.8Gb/s (600MB/s)でございますがThunderblt 2は最大20Gb/sという事で内蔵HDD等を凌駕する速度。
前Mac miniのように内蔵HDDがやられてもこれなら外付けHDD等で快適な動作が望めそうですな。

さっそく起動。
起動してOS X El Capitan v10.11.4、キター!!
OS X El Capitan v10.11.4、キター!!
HDMIで繋いでます
で、前のMac miniからデータを移すわけですが、とりあえず両方をネットワークに繋げます。
コンテンツを新しい Mac に移動する - Apple サポート
移行アシスタントというものがあるわけですが、個人的にこういうのはあまり信頼しておらず、データは手動で必要なものだけ移動させます。
OS X:別の Mac からデータを手動で移行する - Apple サポート
こちらを参考にします。

今回、新しいMacには古いMac miniで使っているキーボードとマウスを流用します。なので古いMac miniはキーボードとマウスがない状態。なので古いMac miniで画面共有をOnにしておいて新しいMac miniから画面共有で接続、操作します。
画面共有で前のMac miniから新Mac miniにデータ移行
こんな感じ。新しいMacからネットワーク経由で古いMac miniにアクセスするかFinderから「移動」→「サーバーに接続」で「vnc://相手のIPアドレス」で接続出来ます。

まずはiTunesのデータですがユーザー名/musicフォルダ以下にあるiTunesフォルダを丸ごと移動。途中でファイル名が長すぎますとかいうのがいくつかあって手動でファイル名を短くして対応。なんで10.10で大丈夫だったものが11.11だと駄目なの?10.11になってからファイルシステム、変わった?
iPhotoに関しても所定のフォルダを移行。こちらは特に問題なかったかな?

あとはその他データですがファイルのアクセス権限がないとか出てきたりしたので改めて自分のアクセス権限を割り当てたり、それでも駄目な場合はeveryoneでのアクセス権限付与してどうにかしたり。
あとエイリアスがコピーの時に障害になったりしましたがそれらを一つ一つ解決していきました。

メールデータに関しては
OS X Yosemite v10.10のメーラーMailからOS X El Capitan v10.11のMailに手動でデータ移行(2016年04月23日 (土曜日))
フォルダをコピーするだけじゃ駄目なのな。データ移行に凄まじく時間がかかりましてまだ移行、終わっていません。

あとはOS X Serverも入れる予定でございます。現時点で環境調べてみると
・perl -v
This is perl 5, version 18, subversion 2 (v5.18.2) built for darwin-thread-multi-2level
・php -v
PHP 5.5.31 (cli) (built: Feb 20 2016 20:33:10)
・ruby -v
ruby 2.0.0p648 (2015-12-16 revision 53162) [universal.x86_64-darwin15]
こんな感じか。サーバーにしてもこの辺は変わらないでしょうね。

あとあとで変えるか検討するけど日本語IME、標準だとなんか変換のアレが使いにくい感。あとキーボードもコントーロール+スペースで切り替えじゃなくて普通に「英数」押すと半角英数、「カナ かな」ボタンで日本語入力になるのね。このへんは慣れるまで時間がかかりそう。

そしてサーバーOSにするため
OS X Server - Apple(OS X Server v5.1)
OS X Server v5.1
をインストール。2400円ですがあれ?一度購入してりゃ大丈夫なのかな?特に金額の表示なくインストール出来ました。

とりあえずはWindowsやMac向けのファイル共有をOnにして、共有ポイントを作成しサーバーにアクセスするためのユーザーやグループを設定。
ファイル共有は問題なさそう。前のMac miniはOSを長らくアップデートしてきたからかアクセス権とかファイルのロック状態がおかしくなり、ユーザーやグループの権限がうまく付与されなかったり、ファイルがなぜかロックされてサーバーから取り出さないと編集できなかったりといろいろありましたが今回のはそんな問題なし。ようやく普通に使えるようになった(最初は大丈夫だったのですがOSのアップグレードでそんな感じに)。

あとは
・ESET
・Dropbox
等をインストールしたり。

ドキュメントスキャナー ScanSnap S1500をMac miniのMac OS X Server v10.6.6で使う(2011年02月09日 (水曜日))
こちらは設定したら問題なく使えました。

brother のA4インクジェット複合機 PRIVIO(プリビオ) DCP-J963N-Wを購入(2015年12月20日 (日曜日))
こちらはあとで設定しよう。印刷とかそんな使わないし。

MacでWindowsみたいに画面を簡単にロックするにはどうすればいいの?(2015年06月02日 (火曜日))
これもやってと。

後々使ってみての感想を書きました。
OS X El Capitan v10.11搭載のMac mini (Late 2014)(1TB MGEN2J/A)をしばらく使ってみて(2016年05月04日 (水曜日))

Posted by 封神龍(酒) at 22:00 | トらックバック

OS X Yosemite v10.10のメーラーMailからOS X El Capitan v10.11のMailに手動でデータ移行

Mac OS X Yosemite v10.10.5からOS X El Capitan v10.11.4へのMac OS Xの標準メーラーのMail(メール)のデータ移行のメモです。
以前みたいに
Mac OS XのMailのデータ移行(2006年05月24日 (水曜日))
の方法でいけるかと思いきや、微妙のフォルダのパスとか違うようで
Mac の Mail で全データを丸ごとバックアップ&復元する方法
・ユーザー名/Library/Mail/V2
フォルダと
・ユーザー名/Library/Containers/com.apple.mail
フォルダを移行すれば良いだけと思いきや、OS X 10.11.1から移行方法変わっているんですね。
【Mac OSX 10.11.1 El Capitan 対応】メールデータの引き継ぎ方法
とりあえずバックアップするフォルダは変わらないようですが、前のデータを読み込むにはMailを起動し、「「ファイル」から「メールボックスを読み込む…」を選択」しデータの読み込み先で「Apple Mail」を選びバックアップしたV2フォルダを選択すれば前のメールを読み込むことが出来るという事で、以前のようにフォルダを置き換えるだけ、では駄目なんですね。

なので同じメールアドレスのでのメールを引き継ぎしたければ新しい環境でアカウントの設定して、それから前のメール環境を読み込み、新しく設定したメールアドレスのフォルダにメーラーの中でデータを移動させる、そういう感じになるんかな?

今までどおりフォルダ移動ですぐに移行できれば良かったのですがそうではないようで。

こういうのが面倒な人は移行ツール使いましょう。

--------2016/04/24 16:34追記---------
1日以上経ってもインポートが終わらない。データの量的には5GBぐらいなんだけど・・・・

--------追記ここまで---------

Posted by 封神龍(酒) at 21:26 | トらックバック

2016年03月22日

セキュリティアップデート2016-002 10.10.5、iTUnes 12.3.3、Remote Desukutop クライアントアップデート3.8.5、Safari 9.1

Mac OS X 10.10.5使っておりますが下記のアップデートが出ておりましたのでアップデートしました。
・セキュリティアップデート2016-002 10.10.5
└セキュリティが向上します。
・iTUnes 12.3.3
└iTunestごiPhone SEおよびiPad Proとの同期サポートが追加されます。
・Remote Desukutop クライアントアップデート3.8.5
└全体的な信頼性、操作性、互換性に関連するいくつかの問題が改善されております。
・Safari 9.1
└新しいWebテクノロジーを含んでいます、また、セキュリティ、安定性、およびパフォーマンスを改善し以下のような修正を含んでいます。
・WebKitがアップデートされ、イメージ、CSS、およびWebフォントのサポートが拡張されます。
・Webインスペクタの信頼性及びパフォーマンスが改善されます。
・JavaScritpダイアログが他のWebページへのアクセスをブロックしなくなります。

とあります。

Posted by 封神龍(酒) at 21:29 | トらックバック

2016年01月20日

「セキュリティアップデート 2016-001 10.10.5」と「「OS X El Capitan 10.11.3 and Security Update 2016-001」」

Apple、iOSとOS Xのセキュリティアップデートを公開 - ITmedia エンタープライズ
アップルがOS X向けのアップデータを公開しています。最新OSだと「「OS X El Capitan 10.11.3 and Security Update 2016-001」」、うちのように10.10環境では「セキュリティアップデート 2016-001 10.10.5」が提供されます。容量は364MBで
「セキュリティアップデート 2016-001」をすべてのユーザーに推奨します。このアップデートを適用するとOS Xのセキュリティが向上します」
とあります。
さっそくアップデート。


Posted by 封神龍(酒) at 21:56 | トらックバック

2015年12月22日

Macのプリンターの印刷関係ってドライバじゃないの?

以前、お仕事でシャープの複合機の印刷設定してる時にまあなんというかPowerMac G5がありました。なんとまあ懐かしい。でもOS的にはサポートしてますが今更PowerPC機のサポートしてんの?!と思ってサポートの人に聞いてみたらMacのはPS(PostScritp)の設定ファイルでドライバじゃないのでCPUとか32bit、64bitとか関係ないとかなんとか。
確かにすんなりインストール出来ました。
PostScriptってなに?|いまさら聞けない!? 印刷・DTPの基礎知識|OKIデータ
確かに太古の昔、こういうのを学んだような気がしますが、印刷に関してそこまで気にする事なかったのでとりあえずPSの印刷ならWindowsでいうドライバのようにOSのVer・・・は関係あるか、CPUやビット数は関係ないって事でそれのメモ。

普通にドライバをインストールするタイプもあるんかな?Macだとカーネル拡張(KEXT(Kernel EXTension))?

にしても久々に見たPowerMac G5、本当に懐かしかった。

関連
PowerMac G5と10.3 Server: (2003年10月25日 (土曜日))

----------2016/12/18 15:53追記------------
ポストスクリプトとかCUPS以外にもやっぱり普通にドライバ、としての形もあるよね。ゼロックス機とかPS入ってない奴は「Mac OS X用プリンタードライバー」だったりするし。
----------追記ここまで------------

Posted by 封神龍(酒) at 21:08 | トらックバック

2015年12月09日

Safari 9.0.2及びセキュリティアップデート 2015-005 1.0(OS X 10.10向け)、OS X El Capitan 10.11.2公開

私の場合は10.10なのでSafari 9.0.2及びセキュリティアップデート 2015-005 1.0(OS X 10.10向け)、10.11むけにはOS X El Capitan 10.11.2アップデートが公開されています。
セキュリティや不具合改善、さっそくアップデートしました。

Posted by 封神龍(酒) at 08:54 | トらックバック

2015年10月22日

安定性とパフォーマンス改善のiTunes 12.3.1とセキュリティアップデート 2015-004 1.0公開

Apple、iOSやOS Xのセキュリティ情報を公開 - ITmedia エンタープライズ
安定性とパフォーマンスが改善されたアイチューン 12.3.1とセキュリティアップデート 2015-004 1.0が公開されています。これはOS X Yosemite v10.10.5の場合。
10.11むけは「El Capitan v10.11.1」のようです。

今回のセキュリティアップデートは10.9~10.11向けで、10.8はサポートされないようです。まだ10.8使ってる所はそこそこ見る気がするがなぁ。Windowsみたいに長期サポートしろとはいわないから最低5年ぐらいはメンテした方がいいんじゃない・・・・?

Posted by 封神龍(酒) at 23:00 | トらックバック

OS X Server v5.0.15公開

アップルがサーバーアプリOS X Server v5.0.15を公開しています。
アップデート内容は
・アップグレードと移行の信頼性を向上。
・WebサーバーとWebDAVに関するいくつかの問題を解消。
・プロファイルマネージャーの管理ポータルのパフォーマンスを向上。
・iCloudキャッシュとiOSファイル共有の安定性とパフォーマンス向上。
・標準ユーザーが管理者として表示される事がある問題を解消。
です。

ファイルサイズは203MB。

Posted by 封神龍(酒) at 22:20 | トらックバック

2015年09月17日

Mac OS X El Capita 10.11に対応したOS X Server Ver 5.0.3が一足お先に登場

iTunes のアップデートはわかりますがもう一件、何かアップデートが出ているなと思ったらオーエステンサーバーのアップデートでした。メインOSのOS X El Capita 10.11より一足先にサーバーの方が公開のようです。
だいたいは
Mac OS X Yosemite v10.10提供開始、無料!OS X Server ver4は有料(2000円)でとりあえず導入して人柱(2014年10月17日 (金曜日))
OS本体のアップデートと共に出てきますよね。

主なアップデート内容は下記のとおり。
・OS X Server 5.0は、よりすっきりとした統一感あるインターフェイスを備えています。
・OS X Server 5.0は、バージョンが異なるオペレーティングシステム上でも使えるようになりました。OS X Yosemite 10.10.5を搭載したMacでも、OS X El Capita 10.11を搭載したMacでも、同じバージョンのServerが使えます。
・OS X Serverがネットワーク診断テストを行い、あなたのサーバーにインターネットからアクセスできるかどうかを確認出来ます。新しい診断テストには、特定のウェブサイトにアクセスできなくなった場合や、DNS MXレコードが誤って設定されていたり失われている場合に検証出来る機能が含まれています。

・キャッシュサーバーは、iCloud Drive内の書類や写真など、iCloud上にあるデータのダウンロードを高速化します。iCloud Accelerationを有効にすると、ユーザーが同じネットワーク上で複数のデバイスを使っている場合にiCloudからダウンロードされるデータ量が軽減されます。

・ファイル共有についてiOS 9ユーザーは、簡単にOS X Serverにアクセスしたり書類を保存出来ます。共有ポイントを作成すると、iOS デバイスでそのポイントを共有でき、SMBやAFPといった従来のファイル共有プロトコルを使ってアクセス出来るようになります。これにより、ユーザーはiOS 9とOS X 10.11の両方から書類を開き、編集し、保存する事が出来ます。
OS X Server Ver 5.0.3 ファイル共有コントロールパネル
これか。でもiOSにチェックつけられないな。なんでだろ?
あとiOS 9にESエクスプローラーみたいな機能が付くの?それともiCloudの代わり的に使う感じ?

・プロファイルマネージャは、新しいMDMコマンドとクエリ、およびiOS 9とOS X 10.11に導入された構成プロファイルのペイロードと設定に対応しています。

iOSとOS X

・デバイスごとのVolume Purchase Program(VPP)アプリケーションの割り当て:ユーザーのApple IDの代わりにVPPアプリケーションをデバイスに割り当てることで、Apple IDを設定したり登録案内を送ることなく、iOSデバイスとMacコンピュータにVPPアプリケーションをインストール出来ます。
・VPP Managed Distributionによる移行:アプリケーションやユーザーデータを削除する事なく、すでにデバイスにインストールされているアプリケーションを、ユーザーのApple IDへの割り当てから園田バイスへの割り当てに移行します。
・アプリケーションのインストールを改善:App Storeが起動していなくてもApp Storeにあるアプリケーションをインストールできます。これには、新しく割り当てられたアプリケーションと、アプリケーションのアップデートが含まれます。

iOS 9について
・シングルサインオン:Kerberosを使うように設定されたアプリケーションでは、ユーザーがそのアプリケーションにログインすると自動的にアプリケーションごとのVPNが起動します。
└何気にこれ、便利じゃね?
・設定アシスタントの手順をスキップ:Device Enrollment Program(DEP)に登録されているデバイスは、設定アシスタント内の設定パネルで、新しく加わった「Androidからの移行」オプションを削除するように設定出来ます。
・最新のiOSへアップデート:DEPに登録済みの監査されているデバイスを、最新のiOSにアップデートします。
・ネットワーク利用ルール:ネットワーク利用ルールにより、組織は管理対象のアプリケーションが携帯電話データネットワークなどのネットワークを使う方法を指定出来ます。例えば、携帯電話ネットワーク経由時やほかのネットワーク上でローミングしている時にアプリケーションによる接続を制限する事が出来ます。このルールは管理対象アプリケーションのみ適用されます。
・新しいデバイス制限:Mail Dropを無効にしたり、新しい企業アプリケーションの作成者を信頼しないようにします。
・監督されているデバイスの新しい制限:壁紙の変更、デバイス名の変更、iCloudフォトライブラリーの有効化、キーボードショートカットの使用、Apple Watchとのペアリング、バスコードの設定を禁止します。
・OS X Serverのアカウントは、iOS 9の設定アプリケーションにある、「メール/連絡先/カレンダー」セクションで追加出来ます。

・OS X El Capitan

・管理者アカウントを作成、またはDEP登録時にアカウント設定をスキップ:OS Xの設定アシスタントで新規の標準アカウント(管理者以外)を作成するか、DEP登録時にアカウント作成を完全スキップします。
・非表示の管理者カウント:最初のシステム設定時に、管理者アカウントを自動的に作成します。管理者アカウントの存在は、標準ユーザーには表示されません。
└昔でいうrootユーザーか?使い方にとってはGUIのメニューの方もしくはターミナルでrootをOnにするなどをしていただく必要有り。
・新しいMDMコマンド:DEP登録されているMacコンピュータにソフトウェアアップデートをインストールし、アクティブな管理対象ユーザーを取得します。

・新しい制限:iCloudにある書類とデータの使用を禁止します。Spotlight検索候補を無効にします。iSightカメラの使用、アップルへの診断データの送信、辞書検索を禁止します。との事です。

関連
★★OS X Server - Apple

Posted by 封神龍(酒) at 22:35 | トらックバック

iOS 9、OS X El Capitan(OS X Ver11)に対応したiTunes 12.3公開

アップルがiOS 9をサポートし、OS X El Capitan(OS X Ver11)に対応したiTunes 12.3を公開しています。
主なアップデート内容は下記のとおり。
・VoiceOver使用時のApple Musicのアクセシビリティを向上。
・”次はこちら”の曲順を偏向できない問題を解消
・"最近再生した項目"に一部のラジオステーションが表示されない問題を解消。
・iOSでラブを付けた曲がiTunesでラブ済みにならない問題を解消。
・Apple IDを守る為の二要素認証をサポート。
・全体的な安定性やパフォーマンスに対する改善も含まれます。

とあります。

OS X 10.10版だとファイルサイズは244MBでした。

Posted by 封神龍(酒) at 21:16 | トらックバック

2015年09月14日

Mac OS Xで\(円マーク)の入力ではまった

サーバーへの接続設定をしてる際、ちょいとはまったのでメモ。
Mac OS X v10.10 Yosemiteでファイルサーバーへの接続設定の際、\の入力でちょいとはまりまして。
シャープの複合機からサーバーにスキャンしたデータを保存する設定で例えば
\サーバーのIPアドレスもしくはホスト名\共有\SCAN
と設定するとしましょう。Windowsからやるなら楽なもんです。コピペすればいいだけ。

先日の案件だとMacしかない環境です。いつもどおりにサーバーのIPやホスト名調べて同じように設定しました。

しかし動作テストするとエラーばかり。認証がうまくいっていないのかとよくよくエラーメッセージを見るとサーバーが見つかりません、と出る。MacからはIP指定でも普通に接続が出来る。
もしかして、MacのFinderでよくある見せかけのパスが表示されてる?とか思いターミナルでパスを見てもそんな事はなく・・・・
それがなんでサーバーが見つからない?
もしや・・・・前にもこういうのでひっかかったような気がしないでもないけどMacの\って普通に\ってうっても違う解釈されるのか?
今度はMacのFinderでパスをコピペ。そうすると
//サーバーのIPアドレスもしくはホスト名/共有/SCAN
どうも違うな・・・・・
Macで\(円マーク)を入力すると
¥
と表示されます。・・・・ちょいと調べてみるとマックのバックスラッシュは出し方があるらしくて「option」+\を入力すると
\
となります。

なるほど・・・・・

このオプション+\(円マーク)入力でパスを入力すると無事、接続出来るようになりました。
そうそう、文字コードとかそういういろいろ違うんだよな・・・・
未だにMacってFinderとかターミナルとかその他部分で文字コードとか統一されていないんだっけ?\に関しては単にWindowsとの違いなのでしょうけど。

表示によってはうまく¥の表示が出来て無くて記事的に意味わからなくなってる部分ある。
画像貼り付けてもそんな変わらないかな・・・・?
Macの\(円マーク)Windowsだとバックスラッシュ表示
これはWindowsでの表示。
こちらはMac

こんな感じ。

今後の為のメモでございます。

Posted by 封神龍(酒) at 21:50 | トらックバック

2015年09月12日

AirMac ExtremeのSMBのファイル共有って何ベースなの?

パソコン設定等の仕事をしている仕事柄、様々な環境でいろいろなご依頼受けますけれども、Macでファイル共有かけたところに接続して欲しい、ってのもあります。まあWindowsから、もしくはMacからだと問題ありませんが、これがAndroidタブレットや複合機からだとちょいと困った事になります。
元凶は
ESファイルエクスプローラーでMac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)へSMB接続(Windows共有)が出来ない()
「OSX LionではSambaが廃止され、Apple独自のSMBに変更されました2013年10月27日 (日曜日)」
これですね。Mac OS X v10.7 Lion以降はオープンソースのSambaではなくアップル独自のSMBに変更された為、SMB1認証使ってるようなアプリやソフトはうまく接続が出来なくなってしまったと。

原因はこれか。


てっきり
「OS X 10.10 YosemiteのSMBサーバー機能で古いLM(LAN Manager)認証やNTLM認証が既定で無効になっている」
古い認証がどうとかそういう問題かと思ってた。ESファイルエクスプローラーが接続できないのも同じ理由かな?

という事で複合機でもScan to SMBという事でSMB接続で複合機でスキャンしたファイルを各パソコンの共有かけた場所に保存する機能があるのですが、10.7以降はそれが使えなくなった、と。
その問題を検索していると
OS X v10.7 Lionにしたらプリンタ複合機からスキャン出来ない?! ~SMBプロトコル不可、FTPの設定も出てこないじゃん(・∀・;) / もっと知りたいリンゴあれこれ
こちらのページを見つけました。やはりお困りの方は多いようで。メーカーも公式では10.7以降はSMBスキャンはMac非対応な扱い。
メーカーが非対応(ゼロックス、シャープ、キャノンとか)言ってる物を使えます、というわけにはいきません(下請けの仕事ですからそうしますが、直受けの奴なら対応しますけどね)。
上記ページの方はFTP経由でのスキャンで対応しておりました。というかしばらくMacもServer使ってたので10.7以降はファイル共有でGUI経由のFTP設定ないの、知りませんでした。まあUNIXベースのOSですから自分でどうにかFTPサービス立ち上げれば使えますけれども。

ちなみに一般の家庭用複合機はパソコンにクライアントソフトをインストールして、家庭用複合機にスキャンしたい書類をセット、パソコンの方から読み込みのための操作をして取り込む、というのが多いですが業務用のは基本、本体で操作して取り込むのが多いですよね。もちろん、ソフトがあれば家庭用複合機同様のクライアントPC操作してスキャンも出来ますが、複合機本体の方でスキャンモードにしたりと、なんか面倒。Macの場合でもクライアントアプリ経由で読み取りならこういうSMB問題もなく使えるのでしょうけどね。

で、話が脱線しまくりですが、この前、シャープの複合機からAirMac ExtremeにUSB接続しているハードディスクの共有部分にScan to SMBの設定して欲しいという案件がありました。
げぇ・・・アップルの製品でそれ、できるのかな?OS X同様に独自SMBで出来ないのでは?と設定してみるとすんなり動きました。
AirMac ExtremeのベースのOSって何なの?iOS?それともOS Xのカスタマイズ版?それとも独自の組み込み用OS?
今回は動いたからいいものの、ファームウェアアップデートとかでSMB回りアップデートされるとどうなんだろうなぁ?

とりあえず業務用複合機でMacでスキャントゥエスエムビー使いたいなら上記の方のようにFTPサーバーONにしてFTP経由で使うか


こういう安いNAS買ってきてネットワーク接続してこいつの共有部分にスキャン設定しておくのがいいですかね。

それか
OS X Server - Apple
OS X Serverを2000円で買うかですかね。こちらならGUIでFTP設定出来ます。
OS X Server ver4 のファイル共有設定画面(SMB、AFP、WebDAV)
OS X Server ver4のFTP設定画面
FTPに限らずWebDAVでもなんでもどんとこいや~という感じにGUIで設定出来ます。今、思ったけどなんでFTPだけ設定分かれてるんじゃ?ファイル共有設定画面にFTPのチェックあればもっと楽でスムーズな気がしますが。
前は
iPhone 4でVPN使ってファイルサーバーのMac OS X Server 10.6にFTPアクセス(2010年09月18日 (土曜日))
共有ポイント
AFP/SMB/FTP/NFS、一緒だったよねぇ。

関連

Mac OS X Yosemite v10.10提供開始、無料!OS X Server ver4は有料(2000円)でとりあえず導入して人柱(2014年10月17日 (金曜日))

Scan to SMB - 情報機器用語集 - ビジネスソリューション | コニカミノルタ

Posted by 封神龍(酒) at 13:32 | トらックバック

2015年08月14日

OSX アップデート 10.10.5及びOSX Server 4.1.5

iOSやOS Xのアップデート公開、Appleが相当数の脆弱性を解決 - ITmedia エンタープライズ
アップルがOSX アップデート 10.10.5及びOSX Server 4.1.5を公開しています。
OSX アップデート 10.10.5のアップデート内容は下記の通り。
OS X Yosemite 10.10.5アップデートでは、お使いのMacの安定性、互換性、及びセキュリティが改善され、すべてのユーザーに推奨されます。
このアップデートの内容:
・"メール"使用時の特定のメールサーバーとの互換性を向上。
・"写真"でGoProのカメラからビデオを読み込めない問題を解消。
・QuickTimeプレイヤーでWindows Mediaファイルを再生できない問題を解消
ファイルサイズは815MB程。

OSX Server 4.1.5は
・OS X Yosemite 10.10.5との互換性のためのアップデート。
・MDMコマンドの信頼性を改善。
との事。
BINDに存在するDoSの脆弱性1件も修正されているらしい。

遅いMacだからアップデートに時間がかかりましたわ。

Posted by 封神龍(酒) at 17:30 | トらックバック

iTunes 12.2.2公開

このアップデートには以下の改善が含まれます:
・Beats 1バナーをクリックすることで、現在視聴している内容を確認したり、番組を見逃す事のないよう、すべての放送スケジュールを表示したり出来ます。
・Apple Musicでフォローしているアーティストの一覧を表示できるようになりました。
・Apple Musicで前のページに戻るとiTunesが元の場所を失う問題が解決されました。
・アーティストが"マイミュージック"に正しい順序で表示されない問題に対処しました。
・アクションメニューに表示されるプレイリストがライブラリ内のプレイリストに一致しない問題が解決されました。
・アーティストが、思いついたことや写真、音楽、ビデオをiTunesから直接Connectに送信できるようになりました。
・このアッ右婦デートには、全体的な安定性やパフォーマンスに対する改善も含まれます。
とあります。

iOSの方とセットでアップデートするのがよろし。

Posted by 封神龍(酒) at 10:14 | トらックバック

2015年08月12日

そういやMac OS XでWindowsでいうipconfig /allみたいな情報得るにはどうすればいいのん?

ウインドウズの場合、IPアドレスやサブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNSの情報を知りたければ
コマンドプロンプト起動して

ipconfig /all


とやれば
-----------------------
Wireless LAN adapter Wi-Fi:
接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Intel(R) Dual Band Wireless-AC 7260
物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: --
DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: はい
自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: --(優先)
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.0.110(優先)
サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
リース取得. . . . . . . . . . . . . .: 2015年8月12日 8:58:09
リースの有効期限. . . . . . . . . . .: 2015年8月15日 8:58:09
デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: 192.168.0.1
DHCP サーバー . . . . . . . . . . . .: 192.168.0.1
DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . . .:
DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . .:
DNS サーバー. . . . . . . . . . . . .: 192.168.0.1
NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効
-----------------------
とまあこんな情報がわかります。あとは複数ネットワークに接続しててIPが複数ふられてるとかもまあわかるわけです。

で、マックでやる場合はどうすりゃいいの?普通にターミナル立ち上げてifconfigでいけそうなもんだと思ったら
-----------------------
en0: flags=8863 mtu 1500
options=27
ether
inet6 fe80::d69a:20ff:fef4:6b4%en0 prefixlen 64 scopeid 0x4
inet 192.168.0.246 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.0.255
nd6 options=1
media: autoselect (1000baseT )
status: active
-----------------------
IPぐらい?ネットマスク(netmask 0xffffff00)は変換しなきゃ255.255.255.0とかいう表記にはならんか・・・
ググってもすぐには出てこないし・・・日本語じゃないのなら
Mac OS 中的ipconfig /all 应该是用什么命令代替? - OS X - 知乎
があった。どうみてもOS Xでipconfig /all的なのどうやってやるの?と書いてありますよねw
>ifconfig
>route -v get http://www.facebook.com
>traceroute http://www.facebook.com
>nslookup http://www.facebook.com
なるほど。
ifconfigでIPを。
route -v get http://www.yuumediatown.com
とすると
-----------------------
u: inet 121.119.195.197; u: link ; RTM_GET: Report Metrics: len 128, pid: 0, seq 1, errno 0, flags:
locks: inits:
sockaddrs:
z-drive.jp
route to: z-drive.jp
destination: default
mask: default
gateway: 192.168.0.1
interface: en0
flags:
recvpipe sendpipe ssthresh rtt,msec rttvar hopcount mtu expire
0 0 0 0 0 0 1500 0
locks: inits:
sockaddrs:

default 192.168.0.1

デフォルトゲートウェイがわかると。
traceroute www.yuumediatown.com
でも同様ですね。
nslookup www.yuumediatown.com

とやると
-----------------------
Server: 127.0.0.1
Address: 127.0.0.1#53

Non-authoritative answer:
Name: www.yuumediatown.com
Address: 121.119.195.197
-----------------------
DNSがわかるわけですな。

・・・・・コマンド一つでできないん?

まあ・・・GUIの方だとすぐわかりますが・・・・Macの場合は
「システム環境設定」→「ネットワーク」で・・・・
・Macの場合は「システム環境設定」→「ネットワーク」
Windowsですと
「コントロール パネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワーク接続」
で該当アダプタダブルクリックして「プロパティ」→「インターネットプロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」

WindowsのIP設定画面
表示されますな。

Posted by 封神龍(酒) at 12:33 | トらックバック

2015年07月09日

ピクセラ、6年ぶりにMac向けテレビチューナーの新モデル「StationTV USB接続 テレビチューナー:PIX-DT195」を発表

ピクセラ、6年ぶりにMac向けテレビチューナーの新モデルを発表 - ワイヤレスチューナー向けにXbox One対応アプリも公開 (1) Mac向け新製品が久々に登場 | マイナビニュース
最大15倍の長時間録画に対応:6年ぶりのMac向けテレビチューナーをピクセラが発表――Xbox One対応も - ITmedia PC USER
テレビチューナー PIX-DT195 - 特長 | 株式会社ピクセラ
Mac用テレビチューナー=ピクセラなイメージありましたが6年も新モデル出ていなかったのね。
ソシオネクスト製のハードウェアトランスコーダーを内蔵し、従来モデルだと1TBの場合、録画可能時間が最大100時間だったのが1500時間まで録画が可能に。更には「DTCP-IPサーバー機能」に国内ではMac初対応。
専用アプリ「ワイヤレスTV」(StationTV)(iOS/Android/Windows/Kindle Fire)を使えば放送中の番組視聴や録画再生、番組の予約録画が可能。


いいね。

正直、テレビ単体はいらず、パソコンやMacでこういうので十分っぽいよね。・・・・なんて言いつつ長らくテレビパソコンで過ごしてきたのも関わらず
26V型 ブルーレイプレーヤー内蔵 ハイビジョン液晶テレビ REGZA 26RB2(USB HDD録画対応)購入(2011年06月16日 (木曜日))
2011年にテレビ買ってたわけですが。今はMacのディスプレイ兼テレビですがね。

あと同じニュースで


ワイヤレステレビチューナーがXbox Oneにも対応と。こちらのは初めて知ったんだけど、ようなnasneのMacも対応出来る版か。こういうチューナー、増設考える時はもう一台

も考えてたけど、ピクセラのもいいな。


Posted by 封神龍(酒) at 21:19 | トらックバック

2015年07月01日

OS X Yosemite 10.10.4に対応したOS X Server 4.1.3公開

アップルがMac OS X Yosemite 10.10.4に対応したOS X Server 4.1.3を公開しています。

主なアップデート内容は以下。
---------------------------------------
・OS X Yosemite 10.10.4用にアップデート。
・プロファイルマネージャがiOS 8.3で追加された新機能、モバイルデバイス管理コマンドおよびペイロードをサポート。
・キャッシュサーバーでDNS TXTレコードをWindowsフォーマットで出力する構成オプションを追加。
・グループアクセス用にメッセージサービスを改善。
・プロファイルマネージャのデバイス検索を強化
・ユーザー及びグループアカウントをファイルに書き出し可能(これ、今までできなかったのか・・・・)
・Time Machineのバックアップと復元の信頼性を改善。
・プロファイルマネージャ、カレンダー、およびWikiサービスをアップデートするときにサーバーの動作が遅くなる場合がある問題を修正。
・プロファイルマネージャのプロファイル登録処理をアップデート。
・Webサービスリモート管理を改善
・再起動後にファイアーウォール・ルールが正しく適用されていない問題を解決。
・iPad上のWikiサービスを改善。

---------------------------------------

とあります。

Posted by 封神龍(酒) at 23:01 | トらックバック

各種不具合や信頼性を向上させたMac OS X Yosemite 10.10.4公開

アップルが各種不具合を修正し信頼性を向上させたOS X Yosemite 10.10.4アップデートを公開しています。
アップデート内容は以下。
--------------------------------------
このアップデートは以下の改良点が含まれます:
・ネットワーク機能の信頼性を向上
・移行アシスタントの信頼性を向上
・一部の外部モニタが正しく機能しない問題を解消
・iPhotoライブラリやApertureライブラリを"写真"用にアップグレードするときの信頼性を向上
・写真やビデオをiCloudフォトライブラリに同期する時の信頼性を向上
・一部のLeica DNGファイルを"写真"に読み込むとアプリケーションが突然終了する門団を解消
・"Mail"でメールメッセージの送信に時間がかかることがある問題を解消
・SafariでJavaScriptに関する警告が繰り返し表示されてそのWebサイトから移動出来なくなる問題を解消
--------------------------------------
とあります。

ファイルサイズは1.09GB。

Posted by 封神龍(酒) at 22:50 | トらックバック

Apple Music(アップルミュージック)対応のiTunes 12.2公開

アップルがApple Music(アップルミュージック)対応のiTunes 12.2を公開しています。

----------------------------------
Apple MUSIC - 音楽の楽しみ方のすべてを一つに。

Apple Miusicでは、革新的な音楽サービス、これまでにないライブ・ラジオ・ステーション Beats 1のほか、音楽ファンには嬉しい、お気に入りのアーティストと直接つながることができる新機能を利用することが出来ます。メンバーになれば、アップルミュージックカタログに用意された膨大な数の楽曲をストリーミングでもオフラインでも聴く事が出来ます。。最初の三ヶ月は無料で利用出来ます。是非ご登録下さい。このアップデートには以下の機能が追加されています。

For You:あなたの好みにあわせてセレクトしたプレイリストやアルバムをおすすめします。聴けば聴くほど、For youの提案が良くなっていきます。

New:Appleのミュージックエディターが選んだ新しくそして新鮮な音楽を見つけることが出来ます。エクササイズなどのシーン別に作られたミックスや、ジャンルを超えた楽曲を取りそろえたプレイリストが楽しめます。
アップルミュージックがあれば、今の気分にぴったりの音楽がいつでも簡単に見つかります。

Connect:お気に入りのアーティストをもっと身近に。アーティストから投稿された思い、写真、ビデオをチェック出来ます。そして、それらにコメントを投稿したりラブを付けたり出来ます。アーティストから直接返信をもらえることもあるかもしれません。

Beats 1:チューニングはBeats 1に、世界の都市を拠点にライブでオンエアするラジオステーションです。音楽、インタビュー、独占情報をチェックして、世界の最先端の音楽シーンを楽しむことが出来ます。

Apple Music Radio:Radioが刷新されました。注目のステーションでは、エキスパートがセレクトした音楽を楽しめます。更に、アーティストや曲を自分で選んで新しいステーションを始める事が出来ます。最近再生した項目機能を使えば、お気に入りのステーションにすばやく簡単に戻る事ができます。

マイミュージック:iTunesで購入した音楽、CDから読み込んだ音楽、Apple Musicから保存した音楽など、すべての音楽を一箇所にまとめる事が出来ます。

iTunes Store:アイチューンストアでは今まで通り、お気に入りの音楽を曲またはアルバム単位で購入する事が出来ます。

利用出来るサービスや機能は国によって異なります。
----------------------------------
とあります。

Posted by 封神龍(酒) at 22:26

2015年06月13日

BS世界のドキュメンタリー「スティーブ・ジョブズvs.ビル・ゲイツ」を見て

録画していたBS世界のドキュメンタリー「スティーブ・ジョブズvs.ビル・ゲイツ」を見ました。2015/06/09 00:00~00:49で放映された奴です。私も基本はMac信者というかアップル信者ですが駄目なものに対しては駄目だと思うし、現実的な解決策というかソリューションを提供する立場にあります。
それでも今回の番組は震えるものがあるなぁ・・・・

ビルゲイツ氏とスティーブ・ジョブズ氏、ゲイツさんは凄まじい長い付き合いながらに最後まで理解出来なかったみたいな話ありましたね。

見ていて普通に面白かった。嫁さんが先に録画していたのを見ていたのですがああいう世界というかこういう人達だから世界を変えたのね、的な感想がありました。

どちらも共通していたのは自分が世界を変える、という信念を持っていたという事でしょうか。

そんな時に私は1995年あたりでしょうか。パソコン通信・インターネット凄ぇ!とかいってた程度でございます。

Posted by 封神龍(酒) at 19:41

2015年06月02日

MacでWindowsみたいに画面を簡単にロックするにはどうすればいいの?

最近は子供も大きくなり、いろいろなものに興味を持つようになってきました。子供用のパソコンというかパソコンの玩具はあるのですが、どうも親がいじっているものに興味を持ち、私のVAIO Fit 13Aやサーバー機のMac miniのキーボードを押そうとしてきます。基本、自分がいない時は電源を落としたりログオフしたり、ウインドウズだとCtrl+Alt+Deleteボタン押してロックかけたりします。
Macの方はサーバーでファイルサーバー兼ねてるので結構つけっぱなしでして、自分がいない時はログオフしておくのですが、ちょっと席を外す程度だとそのままにしておりまして。で、その隙に子供がいじったりするので簡単にロックかけられないかな?と。
Macでまず思いつくのはスクリーンセーバーで解除にパスワードを設定する方法。
「システム環境設定」→「デスクトップとスクリーンセーバ」を選び、スクリーンセーバを設定します。
すぐにスクリーンセーバーに入れるように「ホットコーナー」で画面コーナーへの割り当てで左端にマウスを合わせるとスクリーンセーバーが起動するように設定しました。
ただパスワードで解除の設定が見当たらぬ。
Windowsだとスクリーンセーバーの再開時にログオン画面に戻る、とかあったりするわけですがそういうのは別にあるようだ、と探すと「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「一般」に「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」という項目があるのでチェックを入れます。スクリーンセーバー開始後5秒後に設定しました。
これでスクリーンセーバー解除時にパスワードを入力しないとデスクトップに戻れないようになりました。
ただ・・・・もう少し簡単というか画面コーナーの割り当てもなんかうまくいかない時もありましてもう少し確定的に一撃でロックされるようにならないかな?と調べていると
Mac OSX のデスクトップ画面を簡単にロックするふたつの方法 : キーチェーンアクセスと「セキュリティとプライバシー」
ありました~。こちらを参考に設定。
「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「キーチェーンアクセス」を起動。
「キーチェーンアクセス」メニューの「環境設定」を選びます。
環境設定の「一般」タブを選び「メニューバーにキーチェーンの状況を表示」にチェックを入れます。
そうするとメニューバーにキーチェーンのアイコンが出てきますので押すと
Mac OS Xでメニューバーにキーチェーンアイコンでロック
「スクリーンをロック」というのがありますね。これを押すと画面がすぐにロックされました。
スクリーンセーバ起動、画面左下にマウスを動かすとスクリーンセーバ起動でパスワード解除の必要あり、メニューバーのキーチェーンからロックでパスワード解除の必要ありで、とりあえずこれで簡単にロックはできるようになったかな。

ファイルサーバーとかそういうのならサービス(UNIX的に言えばデーモン)で動いてるんだからログオフしときゃいいやん、と思うのですが、微妙にデスクトップとして使う時もありますのでやはり手軽にロック出来ると便利なんですよね。

ちなみに環境はMac OS X Yosemite V10.10.3(OS X Server 4.1)です。

関連
Mac OS X Yosemite v10.10提供開始、無料!OS X Server ver4は有料(2000円)でとりあえず導入して人柱:(2014年10月17日 (金曜日))
Mac miniの内臓HDDが両方とも駄目になった(2014年07月31日 (木曜日))

Posted by 封神龍(酒) at 18:50 | トらックバック

2015年05月21日

OS X 10.10 Yosemiteにしたらメールが受信出来なくなった場合の対応(というかセキュリティソフトやアプライアンス入れたら駄目になった時の対応)

今まで普通にメールの送受信が出来たのに、Mac OS X 10.10 Yosemiteにしたり、Mac OS X 10.10 Yosemiteでも今までメールの送受信が普通に出来たのに、アンチウイルスソフト等のセキュリティ対策ソフトを入れたり、セキュリティアプライアンスを設置したらメールの送受信で問題が起きた場合のメモ。
セキュリティ保護されていない認証を許可
Mailで「メール」→「環境設定」→「アカウント」→「送受信できなかった問題あるアカウントを選択」→「詳細」にある
「セキュリティ保護されていない認証を許可」
にチェックを入れる。

これで送受信出来るようになる。確かに110番で暗号化もなく、パスワードやりとりするのは危険なのはわかるんだけど、何も知らない人がこれになったら原因全然わからんぞ。

という事でメモでした。

Posted by 封神龍(酒) at 21:13 | トらックバック

2015年04月10日

新しいアプリ"写真"とiPhone等を同期する際のサポートを改善したiTunes 12.1.2公開

Apple、「iTunes 12.1.2」公開 - 「写真」アプリとiOS端末との同期を改善 | マイナビニュース
アップルがiTunes 12.1.2を公開しています。主なアップデート内容は
「このアップデートでは、OS Xの新しい"写真"アプリケーションからiPhone、iPad、およびiPod Touchに写真を同期する際のサポートが改善されます。さらにこのアップデートでは"情報を見る"ウインドウにいくつかの改善点が追加され、全体的な安定性も向上しています」
とあります。

Posted by 封神龍(酒) at 23:04 | トらックバック

OS X Server 4.1公開

アップルがサーバー向けOSのOS X Server 4.1を公開しています。
主なアップデート内容は下記のとおり。
---------------------------------
・OS X Yosemite 10.10.3用にアップデート。
・プロファイルマネージャーがiOS 8.3で追加された新機能、モバイルデバイス管理コマンドおよびペイロードをサポート。
・キャッシュサーバーでDNS TXTレコードをWindowsフォーマットで出力する構成オプションを追加。
・グループアクセス用にメッセージサービスを改善。
・プロファイルマネージャーのデバイス検索を強化
・ユーザーおよびグループアカウントをファイルに書き出し可能。
・Time Machineのバックアップと復元の信頼性を改善。
・プロファイルマネージャ及びWikiサービスをアップデートするときにサーバの動作が遅くなる場合がある問題を解決
---------------------------------
とあります。

Posted by 封神龍(酒) at 00:59 | トらックバック

新しい"写真"アプリケーション、絵文字追加や不具合を修正したOS X アップデート 10.10.3公開

アップルが10.10.3を公開しています。
ニュース - Apple、「iOS 8.3」および「OS X 10.10.3」アップデートを公開:ITpro
Apple、「iOS 8.3」「OS X Yosemite 10.10.3」公開 Safariも脆弱性修正 - ITmedia エンタープライズ
主なアップデート内容は下記のとおり
-------------------------------
OS X Yosemite 10.10.3アップデートでは、新しい"写真"アプリケーションが追加され、お使いのMacの安定性、互換性、およびセキュリティが改善されます。

"写真"では以下の事が出来ます。
・"モーメント"表示、"コレクション"表示、"年"表示で、写真を撮影日時や撮影地別にブラウズする。
・写真タブ、共有タブ、アルバムタグ、プロジェクタタグで、ライブラリ内を効率的に移動する。
・すべての写真とビデオを元のフォーマットとフル解像度でiCloudフォトライブラリに保存する。
・Mac、iPhone、iPadから、またはWebブラウザでiCloud.comから、iCloudフォトライブラリに保存された写真やビデオにアクセスする。
・高性能で使いやすい編集ツールを使ってワンクリックやスライダ操作だけで写真を美しく仕上げる、または詳細コントロールを使った写真を微調整する。
・簡単に操作できるブック作成ツール、Appleがデザインした新しいテーマ、新しく追加された正方形ブックフォーマットを活用して、高品質はフォトブックを作成する。
・新しい正方形サイズやパノラマサイズでプリントを注文する。

"写真"アプリケーションを起動するだけでiPhotoライブラリを"写真"用に簡単にアップグレード度出来ます。

このアップデートには以下の改良点も含まれます。
・新しい絵文字を300個追加。
・調べる機能にSpotlightの検索候補を追加
・Safariでプライベートブラウズに使用時に閲覧したWebサイトのファビコンURLの保存を廃止。
・Safariの安定性とセキュリティを向上。
・さまざまなWi-Fi使用状況でのパフォーマンスと接続性を向上
・キャプティブWi-Fiネットワーク環境との互換性を向上。
・Bluetoothデバイスの接続が解除される問題を解消。
・画面共有の信頼性を向上
-------------------------------
等です。ファイルサイズは1.52GB。

それとともに
・OS X Yosemite 復旧アップデート 1.0
というのが出ています。タイムマシンバックアップから復元する際の復旧の信頼性が改善されるそうです。

------2015/04/10 22:50追記--------
1日たってもぐるぐるしてるし残り8分でずっと変わらないので電源を強制的に切って起動。OSアップデート時のこういうのは怖いよな・・・・幸い、普通に起動してVer見てみたらアップデート完了していました。
ただメールソフト起動してもデータベース再構築やら、何かのキャッシュのプロセスが動いてたり、しばらく電源つけてほっといた方が良さそう。Spotlightのデータベースもなんか動いてるか?
--------追記ここまで---------

Posted by 封神龍(酒) at 00:47 | トらックバック

2015年03月22日

Safari 8.0.4、セキュリティアップデート2015-003 1.0、iPhoto 9.6.1アップデート

Mac OS X Yosemiteでアップデートかけたから3つぐらい出てきました。
・Safari 8.0.4
・セキュリティアップデート2015-003 1.0
・iPhoto 9.6.1
├iPotoライブラリをOS X Yosemite 10.10.3の新しいアプリケーション"写真"(この春から入手可能)に移行する際の互換性が向上します。
├Facebookアルバムで最初の25枚しか表示されない問題が修正されます。
└イメージのプリント中にiPhotoが反応しなくなる問題が修正されます。

というのがありました。

Posted by 封神龍(酒) at 20:11 | トらックバック

2015年03月10日

12インチ2304x1440液晶、920gでファンレス、ポートはUSB TypeCのみの新しいMacBook発表

速報:新MacBook発表。12インチ2304x1440液晶、920gでファンレス、ポートはUSB TypeCのみ - Engadget Japanese
Core M採用で初のファンレス設計へ:Mac史上、最も薄く最も軽い「12インチMacBook」が登場 - ITmedia PC USER
12インチ MacBook Air Retinaとして噂されていたものが新しいMacBookとして発表されました。重量が約907g、2304×1440の12インチRetinaディスプレイ搭載、電源・HDMI出力・DisplayPort・アナログRGB出力・USBを統合した新しいUSB-Cポートが搭載されています。

これ・・・いいな・・・・

関連
速報:MacBook AirとProがアップデート。第五世代Core iとフォースクリック対応トラックパッドを搭載 - Engadget Japanese
ボディや液晶はそのまま:「MacBook Air」に第5世代CoreとThunderbolt 2を搭載 - ITmedia PC USER

Posted by 封神龍(酒) at 06:43 | トらックバック

2015年02月13日

ついにMacでも日本の書籍が読める「Kindle for Mac」日本語版提供開始!

先日、Windowsでも日本のAmazonのKindleの電子書籍が楽しめる
アマゾンが日本語版Kindle for PC アプリ提供開始で一般書籍もパソコンで閲覧可能に(2015年01月21日 (水曜日))
が公開されまして続いてMac OS Xでも対応しました。
Amazon.co.jp: Kindle for Mac
こちらからダウンロード出来ます。ダウンロードしてから開いてアプリケーションフォルダにぶっ込むだけ。
起動してAmazonのアカウント情報を入力すると他の環境と同じくライブラリなどが表示され、ダウンロード出来ます。
「Kindle for Mac」日本語版
ウインドウズ版と同様、漫画を見るのに便利な見開き表示とか可能。ちなみに表示されているのは


です。

昔はiOSやAndroid環境以外はキンドルの日本の電子書籍閲覧は
VAIO Fit 13A(Windows 8.1 Pro)でアマゾンジャパンのKindle版電子書籍を見る(2014年04月09日 (水曜日))
等して工夫してみる必要ありましたがそれが必要無くなりますな。Mac、普通にApp Storeからキンドルのアプリあったんですが日本のアカウントは対応していなかったんですよね。

にしてもなんでこんな時間かかったんやろ・・・・・・

関連
ようやく日本のアマゾンの電子書籍がWindowsパソコンやMacで閲覧出来るようになった「Kindle Cloud Reader」開始(2014年09月19日 (金曜日))

Posted by 封神龍(酒) at 19:11 | トらックバック

2015年01月28日

OS X Server 4.0.3公開

アップデートは下記の通り。メジャーアップデート並に機能追加されてね?ビジネス関係でIBMと組んで顧客ニーズ掴んだか?
・OS X YosemiteとiOS 8のためにアップデートされています。
・SMB3がOS X Yosemiteでファイル共有するための新しいデフォルトプロトコルになりました。伝送中のデータを暗号化して署名する事で、不正改ざんと情報傍受を防ぐのに役立ちます。
・キャッシュサーバーは、NATが行われないネットワーク内のコンテンツをキャッシュするためのIPアドレス範囲の登録に対応しています。
・プロファイルマネージャーは、iOS 8とOS X Yosemiteの新機能の数々に対応しています。HandoffやOS X 向けエンタープライズアプリケーションとPDF、ePub、いBooks AuthorファイルといったiOSメディアセットのプッシュインストールなどです。
。メールサーバーのインターフェイスが一新され、複数ドメイン用にEメールを設定できるようになりました。
・会議室の住所をカレンダーサーバーに保存出来るため、クライアントが場所の地図と移動時間を関連づけできるようになりました。
・サーバーアプリケーションと構成プロファイルを使って、Xsanボリュームとクライアントを簡単に設定出来ます。
・OS X Serverがネットワーク診断を行い、あなたのサーバーにインターネットからアクセス出来るかどうかを確認出来るようになりました。ネットワーク診断テストは、あなたのサーバのホスト名、サービスポート、DNS MXの記録をチェックして接続できるかどうかを懸賞します。
・ファイアーウォールやユーザー/グループベースのサービスへのアクセス制御を、「サーバ」パネルの「アクセス」タブで定義できるようになりました。アクセス制限は、すべてのネットワーク、ローカルネットワーク、このMac、カスタムネットワーク、特定のユーザーとグループなど、複数のレベルで適用出来ます。
・XCode ServerとXcode 6の互換性。
・進化したグラフとビジュアルデータ。


This is perl 5, version 18, subversion 2 (v5.18.2) built for darwin-thread-multi-2level
PHP 5.5.14 (cli) (built: Sep 9 2014 19:09:25)
ruby 2.0.0p481 (2014-05-08 revision 45883) [universal.x86_64-darwin14]

Posted by 封神龍(酒) at 21:35 | トらックバック

「Thunderstrike」脆弱性修正等対応の「OS X Yosemite 10.10.2」公開

Appleが最新アップデート「OS X Yosemite 10.10.2」を公開 - ITmedia PC USER
OS X Yosemite 10.10.2 配信開始。Time Machine が iCloud Driveに対応、Wi-Fi 接続問題の修正など - Engadget Japanese
アップデート内容は下記のとおり。
・Wi-Fiが接続解除される問題が解決
・Web ページの読み込みが遅くなる問題が解決
・"メール"の環境設定でリモートコンテンツの読み込みを無効にした場合、Spotlight ではメールのリモートコンテンツが読み込まれてしまう問題が修正
・Bluetoothヘッドフォンを使用しているときのオーディオとビデオの同期が改善
・Time MachineでiCloud Driveをブラウズする機能が追加
・VoiceOver読み上げのパフォーマンスが向上
・Web ページでテキストを入力するときに VoiceOver が文字をエコーする問題が解決
・入力プログラムの言語が突然切り替わる問題が解決
・Safariの安定性とセキュリティが向上
となっております。

ファイルサイズは436MB。

Posted by 封神龍(酒) at 21:00 | トらックバック

2014年12月12日

一部のユーザーでSafariにアクセス出来なくなる問題を解決したSafari 8.0.2公開

アップルが様々な問題を修正し、機能追加などをしたSafari 8.0.2を公開しています。
先日
アップル、「Safari」最新アップデートの提供を中止か - CNET Japan
という事でアップデートするとSafariが削除されてしまう不具合が一部であったようですが、それが解決されたVerのようです。
----------------------------
Safari 8.0.2 アップデートはすべてのOS X Yosemite ユーザーに推奨され、操作性、安定性、およびセキュリティの改善を含む以下の修正を含んでいます。
・iCloud Driveが入になっていない場合にデバイス間で履歴が同期されない問題を修正
・2個のデバイスをiCloudキーチェーンに追加すると保存されたパスワードが自動入力されなくなる問題を修正。
・RetinaディスプレイでのWebGLグラフィックスのパフォーマンスを改善。
・Firefoxからユーザー名とパスワードを読み込める機能を追加
8.0.1アップデートのインストール後に稀に発生する、一部のユーザーがSafariにアクセス出来なくなる問題を修正。
----------------------------
とあります。

ユーザーエージェントは
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_10_1) AppleWebKit/600.2.5 (KHTML, like Gecko) Version/8.0.2 Safari/600.2.5
です。

Posted by 封神龍(酒) at 14:46 | トらックバック

2014年11月18日

Wi-Fi接続やメールの不具合等を修正した「OS X アップデート 10.10.1」

アップルが「OS X アップデート 10.10.1」を公開しています。アップデート内容は下記のとおり。
OS X Yosemite 10.10.1アップデートはすべてのYosemiteユーザーに推奨され、お使いのMacの安定性および互換性が改善されます。
このアップデートの内容:
・Wi-Fiの信頼性が向上します。
・Microsoft Exchange Serverに接続する際の信頼性が向上します。
・特定のメール・サービス・プロバイダーを使用して"メール"メッセージを送信する際の信頼性が向上します。
・"どこでもMy Mac"を使用してリモートコンピューターに接続する際の信頼性が向上します。
とあります。

ファイルサイズは311MB。

関連
OS X Yosemite初のアップデート「10.10.1」でWi-Fi信頼性など多数の改善 - ITmedia エンタープライズ

Posted by 封神龍(酒) at 09:42 | トらックバック

2014年11月10日

OS X v10.10 Yosemiteに対応した「ESET Cyber Security Pro V6.0.14」

Mac向けアンチウイルスソフト「ESET」ですが、従来のVerだとOS X v10.10 Yosemiteに対応しておりませんでした。
私もアップデート時
Mac OS X Yosemite v10.10提供開始、無料!OS X Server ver4は有料(2000円)でとりあえず導入して人柱(2014年10月17日 (金曜日))
「アンチウイルスソフトのESET、画面右上にアイコンが10.9では出ていましたが、10.10ではなくなってる。プロセス見ると起動していてリアルタイムチェックとかはやっているのかもしれませんが、アプリケーションフォルダからESET開こうとしてもあのいつもの画面が出てきませんな。この辺は対応待ちかな?」
と書いておりました。その後、11月5日にOS X v10.10 Yosemiteに対応した「ESET Cyber Security Pro V6.0.14」がリリースされました。しかし単にアップデート、というわけにもいきません。

既にインストールされておりますので
★★キヤノンITソリューションズ:OS X v10.10 Yosemite への対応について
こちらに記載されているとおり、まずはESETをアンインストールしてから、新しいESETをインストールする必要があります。
まずは
キヤノンITソリューションズ:ESET Smart Security & ESET NOD32アンチウイルス:ESET Cyber Security Pro V6.0 インストール手順
こちらから
ESET Cyber Security Pro V6.0 プログラム
for Mac OS X (Snow Leopard / Lion / Mountain Lion / Mavericks)
32/64bit OS両対応 ( 679,106 バイト )
をダウンロードします。アンインストールするにはインストーラーが必要なので。いきなり最新版のインストーラーをダウンロードして、それでアンインストールしても良かったかもしれませんが、既存の環境にインストールされているのは古い方なので古い方をダウンロードしました。

マウントしてアプリを起動。シリアルとか入力面倒なので「はじめてご利用されるお客様」→「プログラムをダウンロードする」でダウンロードし、デスクトップの保存されたファイルをマウントしインストーラー起動。そしてアンインストール。
再起動後、ヨセミテに対応した新しい方
ESET Cyber Security Pro V6.0 プログラム
for Mac OS X (Yosemiteのみ)
32/64bit OS両対応 ( 621,778 バイト )
をダウンロードします。

インストーラーからインストールを試みますが
--------------------------------------
ESET Cyber Security Proは、受賞歴のある検査エンジンThreatSense(R)を採用することで、自動アップデート機能付き の、信頼性の高いウイルス・スパイウェア対策を提供します。
製品の主要な機能
• ウイルス定義データベース、ヒューリスティック、およびアドバンスドヒューリスティックによるマルウェアから の保護
• ウイルス、トロイの木馬、ワーム、アドウェア、スパイウェアなどからの保護
• 望ましくない可能性があるアプリケーションまたは安全ではないアプリケーションの検出
• リアルタイム検査とオンデマンド検査
• 情報提供のためのグラフと統計
• Windowsベースのマルウェア検出
• 隔離オプション
システム要件
• Intelプロセッサーを搭載したMacコンピューター
• プロセッサーアーキテクチャー: Intel 32ビット、64ビット
• Mac OS X: 10.6 - 10.9
• メモリー: 300 MB
• ディスク容量: 150MB
--------------------------------------
という記載。最初、古い方をダウンロードしたのかと思ったけどこれで大丈夫でした。
インストールが終わり、ユーザー情報で認証して設定完了。
OS X v10.10 Yosemiteに対応した「ESET Cyber Security Pro V6.0.14」
前はプロセスのみ動いてる感じでしたが、GUIの画面も出てきまして設定操作できるようになりました。

関連

ESET Smart Security ダウンロード版

Posted by 封神龍(酒) at 18:09 | トらックバック

2014年10月24日

5K解像度のiMac Retina 5Kディスプレイモデルいいなぁ

先日発表されたiMac Retina 5Kディスプレイモデルですがビックカメラにあったので少し触ってみました。やはり5120X2880を実現するRetina 5Kディスプレイは凄い。画面が超広い。

当然のことながら性能も段違いで、普段満身創痍のMac mini使っている昨今としてはこのキビキビ動く動作やアプリの起動の速さとかうらやましい。

・・・・ここ数年、普通のデスクトップタイプパソコンは購入しておりませんでなぁ・・・・ノートパソコンでも書類作成、WEB制作とかなら十分だし、前のVAIO Zはそこいらのデスクトップパソコンより性能がいいぐらいでしたからね。解像度も(1600×900) 使えたし。

でもやはり大きいディスプレイと広いデスクトップ、また憧れるようになってきました。当面の主力パソコンはVAIO Fit 13Aでございますし、Macを買うとしたら外で使う事も考えてノートタイプになるとも思うのですが、このiMacはいいなぁ、と・・・・・Mac mini?前も書いたけど今の所は満身創痍(内蔵HDDが壊れたので外付けHDDから起動して使っているありさま)だし、ディスプレイは専用のではなく、東芝のテレビだしね。
快適とは言い難い環境。

デスクトップパソコンを導入してどっしりそこで作業に集中するのもいいんだよね。

前はWindowsのデスクトップとサブにノート持ち歩くような感じでしたが、サブで持ち歩いていたノートだけで十分な状況が多かったというか。
最後のデスクトップはVAIO Type H VGC-H33Sやな・・・・・それ以降、自分のでデスクトップは買ってない。

関連

Posted by 封神龍(酒) at 20:11 | トらックバック

2014年10月17日

Mac OS X Yosemite v10.10提供開始、無料!OS X Server ver4は有料(2000円)でとりあえず導入して人柱

iWorkも同日提供:アップル最新OS X「Yosemite」正式版をリリース - ITmedia PC USER
「OS X Yosemite」が正式リリース--無料提供を開始 - CNET Japan
という事でアップルがMac向け最新OSのOS X Yosemite v10.10の提供を開始しました。App Storeのアップデート経由でダウンロードしましたがファイルサイズは5GBちょいですかね。
Mac App Store OS X Yosemiteのアップデートのお知らせ
14時50分頃ダウンロード開始して20分程でダウンロード完了しました。そこからアップデートが始まらないな、と思ったら本当にダウンロードしただけかよ!という事でアプリケーションフォルダにある「Yosemite インストール」をダブルクリックしてインストール開始。・・・なんか調子悪い買ったので一度プロセスから落としてもう一度動かしたらうまくアプリが起動しました。15時15分頃アップデートインストール開始しまして16時12分に一度再起動に入りました。22分で終わるとか書いてあって、例のごとく1分未満になってからも時間が少々かかりましたけどね。
再起動したらまた棒がピーっと横にいきまして・・・・・16時17分、ログイン画面が出てきましたのでIDとパスワード入力。
そしたらiCloudの設定画面が出来たので自分のアカウントを入力。Macを探すの対象にしますか?はまあ普通に据え置きだし、今は探す対象にしないを選択。利用規約などに同意したらデスクトップ画面が出てきました。
「Macを最適化中 完了まではパフォーマンスに影響する場合があります」というのが通知エリアに表示されました。スポットライトとかのDB生成かな?

デザインはiOSみたく、かなりフラットになりましたね。
Mac OS X Yosemite v10.10
Dockのアイコンも平面というかなんともイラストチックに・・・・アニメイラスト的な壁紙とよくあいます。

今の所はメール、iTunesのデータ更新もうまくいっているようだし、普通に使う分には問題なさそうか。iPhotoは10.9の時に互換性のないアップデートで表示されてた9.6についえは10.10にアップデートしてからアップデートを行いました。
アンチウイルスソフトのESET、画面右上にアイコンが10.9では出ていましたが、10.10ではなくなってる。プロセス見ると起動していてリアルタイムチェックとかはやっているのかもしれませんが、アプリケーションフォルダからESET開こうとしてもあのいつもの画面が出てきませんな。この辺は対応待ちかな?

プリンタは
プリンタ複合機「MyMio(マイミーオ) MFC-850CDN」(2007年10月17日 (水曜日))
いまのところ使えるな。

ドキュメントスキャナー ScanSnap S1500をMac miniのMac OS X Server v10.6.6で使う(2011年02月09日 (水曜日))
こちらは10.10でも普通に使えました。

私の070の番号でiPhoneに着信すると
faceTimeで電話着信
Macでも着信が。私のMac miniはマイクがついてなので着信しても相手の音声聞くぐらいしか出来ませんが、使えれば便利そうね。

お次にサーバーでございます。YosemiteにアップデートするとOS X Server 3が使えなくなりました。
なのでVer4を購入、インストールする必要があります。
OS X Server - Apple
現時点では2000円。OS本体は無償でも、サーバー部分は有償でございます。
購入してダウンロードしてからアプリケーションフォルダにあるサーバーアプリをたちあげるとデータの移行など開始されます。
カレンダーのデータがエラーで移行できないとかなんとか出てきたけど、使ってないからいいや。
という事で
OS X Server ver4
こちらも移行完了。ユーザーアカウントや各設定は今の所はうまく引き継げているようだ。
AndroidのESファイルエクスプローラーからSMBでアクセスできない点とかは解消されておらず、そういう設定する場所もありませんがな。
あとWindows 8.1の方からメモ帳でサーバーの.txtファイル開こうとすると前は開けず、ワードパットとかで開いてたけど、今回はそういうのないね。メモ帳ですぐに開ける。ファイルのロックに関わる部分が改善した?それともうまく動作してなさそうなESETが影響している?

SSHでのログインはチャレンジレスポンスで10.9と同じようにいけますね。
WindowsのSSHクライアントTera TermでMac OS X Server v10.6に接続(2011年01月05日 (水曜日))
と。

サーバーの各サービスは
・Apache/2.4.9 (Unix)
・This is perl 5, version 18, subversion 2 (v5.18.2) built for darwin-thread-multi-2level
・PHP 5.5.14 (cli) (built: Sep 9 2014 19:09:25)
Copyright (c) 1997-2014 The PHP Group
Zend Engine v2.5.0, Copyright (c) 1998-2014 Zend Technologies
・ruby 2.0.0p481 (2014-05-08 revision 45883) [universal.x86_64-darwin14]
といった感じですかな。

今の所は大丈夫そうだけど、他の方は私が使っていない部分で不具合いろいろ出ているようで。
【時期尚早?】Mac OSX 10.10 Yosemite 不具合まとめ - NAVER まとめ

Mac OS X Server v10.6.8 Snow LeopardをOS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)にアップグレード(2013年10月23日 (水曜日))
10.6からアップデートしてきておりますが、基本的にはデータのバックアップをとって一度削除し、10.10のクリーンインストールをお薦めします。今までアップデートかけてろくな目にあった事がない。
このMac miniもだいぶ厳しい事になっておりますので、今回はアップデートでやって、今後新しいの買う際にはそちらで新規インストールされた状態で使おうかと思っています。
それまでもってくれよ、Mac mini。

Posted by 封神龍(酒) at 20:44 | トらックバック

第4世代Core(Haswell-Reflesh世代)、Thunderbolt 2搭載のMac mini発売

ラインアップは3モデル:Mac miniも第4世代CoreとYosemiteにアップデート - ITmedia PC USER
アップル、2年ぶりの「Mac mini」--国内では5万2800円から - CNET Japan
こちらもマイナーチェンジですかな。筐体は特に変わらずインターフェイスや搭載CPU、GPU等がパワーアップした新Mac miniが発表されました。
第3世代Coreプロセッサ・ファミリーのCPU(Ivy Bridge世代)を搭載していたのが第4世代Core(Haswell-Reflesh世代)のCPUを搭載。GPUにIntel Iris Graphics搭載モデルは前世代と比べて最大90%向上だそうな。
一番下のモデルはIntel HD Graphics 5000なので注意。・・・・あと今回からOS X Server搭載モデルなくなった?・・・・・まあ・・・なくてもインストールすればいいだけですが・・・・

インターフェイスはThunderbolt x 1とFireWire 800 x 1が省かれ、Thunderbolt 2が×2となりました。

そしてOSは当然ながら本日公開されましたMac OS X 10.10 Yosemiteが搭載されています。

我が家のMac mini、もうボロボロなので買い換えたいのですが先立つものが今はないしな・・・もう少し安定するまで、まってちょうだい、Mac miniさん。
Mac miniの内臓HDDが両方とも駄目になった(2014年03月09日 (日曜日))
Mac miniの内臓HDDが両方とも駄目になった(2014年07月31日 (木曜日))
Mac OS X Server v10.6.8 Snow LeopardをOS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)にアップグレード(2013年10月23日 (水曜日))
Mac OS X v10.6 Snow Leopard Server搭載のMac mini(MC408J/A)購入!(2010年02月17日 (水曜日))
もう4年242日使い続けております・・・私にしてはかなり長く使った方か・・・?

次のファイルサーバーはMacにするかそれとも・・・・・Macは欲しいけどノートじゃないと持ち運び出来ないし、学校とか勉強で使いたい場合は厳しいし。

関連

Posted by 封神龍(酒) at 16:39 | トらックバック

Mac OS X 10.8及び10.9向け、セキュリティアップデート2014-005 1.0

Mac OS X Mountain Lion(10.8)とMavericks(10.9)向けに「セキュリティアップデート2014-005 1.0」が公開されてます。アップデート内容はすべてのユーザーにうんぬん、セキュリティが向上します、的なもの。
詳細書いてるところが見つからないんだけど(というか日本語のアップデート情報ページ、情報古すぎない?
)・・・・とりあえずアップデートしておきました。

Apple、OS X向けのセキュリティアップデート公開、SSL 3.0の脆弱性に対処 - ITmedia エンタープライズ
SSL 3.0の問題とOS X bash Update 1.0の内容が含まれるという。

Posted by 封神龍(酒) at 13:14 | トらックバック

OS X Server 3.2.2

OS X 10.9向けにサーバーアプリのVerUPが来ております。アップデート内容としては
OS X Server 3.2.2
・プロファイルマネージャーで、iOS 8及びOS X Yosemiteの下記のような新機能がサポートされます。
・MDM経由でPDF、ePub、およびiBooks AuthorファイルをiOSにインストール
・MDM経由でOS XエンタープライズAppをインストール
・MDM経由でMacおよびiOSデバイスの名前を変更
・iOS 8で管理対象AppからiCloudへのデータ保存を禁止
・iOS 8でのモバイルデータの使用、Handoff、同期、管理対象ブック、およびSpotlight検索を制限
・OS X Yosemiteで指定回数以上ログインに失敗した場合にログインを禁止
・ネットワーク設定でWPA2エンタープライズおよびWPA2-PSKのセキュリティの種類を構成
・VPN設定で常時接続VPNおよびIKEv2(Internet Key Exchange)を構成
・iOS 8での管理対象Webドメインと、iOS 8とOS X Yosemiteでのメールドメインを構成
・XCode ServerとXcode 6との互換性
な感じです。
アップデートしました。

Posted by 封神龍(酒) at 11:26 | トらックバック

2014年10月05日

1万7000台を超えるMacがマルウェア「iWorm」に感染、自分のMacが感染してるか調べるには?

1万7000台を超えるMacがマルウェア「iWorm」に感染、感染源は不明~掲示板「reddit」からの命令を待っている -INTERNET Watch
まあWindowsだともっといろんなのに感染して17000台程度では済まないでしょうが、最近はマッキントッシュもウイルス感染の話が増えてきているような気がします。以前は私も最低限のアンチウイルスソフトしか入れてませんでしたが今はESETのMac版を使っています。
ESET Cybersecurityのライセンス期限が切れていたのでESET ファミリー セキュリティ購入(2013年05月19日 (日曜日))

ESET Smart Security ダウンロード版
Mac版だとESET Cybersecurityですね。

で、感染しているかはアンチウイルスソフトを使う他に
[N] Mac向けマルウェア「iWorm」が感染していないか調べてみた
/Library/Application Support/JavaW
のJavaWってフォルダが存在してれば感染してるみたいです。なければ大丈夫。うちはアンチウイルスソフトの検知もなければこのフォルダもないですね。

Macにもアンチウイルスソフトいれましょうね。長らくWindows使っている方はそういう習慣ありますけど、Macは今までそういう脅威も少なかったのもあり、まだ根付いてないかもしれませんね。

Posted by 封神龍(酒) at 12:55 | トらックバック

2014年09月30日

アップル、「bash」シェルの脆弱性に対応する「OS X bash Update 1.0」公開

Apple、「bash」脆弱性対応のOS Xアップデートをリリース - ITmedia エンタープライズ
アップルがbashの脆弱性に対応するアップデータ「OS X bash Update 1.0」を公開しています。10.7~10.9それぞれアップデータは分かれております。にしてもなんでApp Storeのソフトウェアアップデートで提供しないの?これだとわざわざファイルをダウンロードしてインストールしなくてはいけない。

とりあえず適用させておきましたけど。

流石に10.6はもうサポート圏外ですわね。

Posted by 封神龍(酒) at 13:00 | トらックバック

2014年09月18日

Mac OS Xアップデート 10.9.5及びOS X Server 3.2.1及びSafari 7.1

アップルが3つのアップデートを提供開始しております。
・OS X Mavericks 10.9.5
OS X Mavericks 10.9.5アップデートはすべてのMavericksユーザーに推奨され、お使いのMacの安定性、互換性、及びセキュリティが改善されます。
このアップデートの内容:
・認証にUSBカードを使用するVPN接続の信頼性が向上します。
・SMBサーバー上にあるファイルへのアクセスの信頼性が向上します。
・Safari7.0.6が含まれます
とあります。ファイルサイズは139MB。このアップデートを適用した時点のユーザーエージェントは
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_9_5) AppleWebKit/537.78.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0.6 Safari/537.78.2
な感じ。
サーバーのWeb関係のをざっと見て見る限りは
・Apache/2.2.26 (Unix)
・PHP 5.4.30 (cli) (built: Jul 29 2014 23:43:29)
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2014 Zend Technologies
・perl This is perl 5, version 16, subversion 2 (v5.16.2) built for darwin-thread-multi-2level
・ruby 2.0.0p481 (2014-05-08 revision 45883) [universal.x86_64-darwin13]
ってとこですね。
個人的にはSMBまわりを期待したのですがAndroidのESエクスプローラーからSMBアクセスできない点は変わってないし、クライアント側からサーバー上でファイル作成とかコピーした際にグループの権限が設定どおりになってないのとかもなおってない。あとはWindows 8.1からだとメモ帳とかでファイル開けなかったり、いろいろとどうなってんの?OS X 10.9のWindowsファイル共有、という感じです。

・OS X Server 3.2.1
・プロファイルマネージャーで、iOS8及びOS X Yosemiteの下記のような新機能がサポートされます。
・MDM経由でPDF、ePub、及びiBooks AuthorファイルをiOSにインストール
・MDM経由でOS XエンタープライズAppをインストール。
・MDM経由でMacおよびiOSでデバイスの名前を変更
・iOS 8で管理対象AppからiCloudへのデータ保存を禁止
・iOS 8でのモバイルデータ通信の使用、Handoff、同期、管理対象ブック、およびSpotlight検索を制限。
・OS X Yosemiteで指定した回数以上ログインに失敗した場合、ログインを禁止。
・ネットワーク設定でWPA2エンタープライズおよびWPA2-PSKのセキュリティの種類を構成。
・VPN設定で常時接続VPNおよびIKEv2(Internet Key Exchange)を構成
・iOS 8での管理対象Webドメインと、iOS 8とOS X Yosemiteでのメールドメインを構成。
・Xcode ServerとXcode 6との互換性
とあります。

・Safari 7.1
Safari 7.1アップデートはすべてのOS X Mavericksユーザーに推奨され、プライバシー、互換性、およびセキュリティの改善を含む以下の修正を含んでいます。
・ユーザーを追跡しない検索エンジンDuckDuckGo検索フィールドを内蔵オプションとして追加
・検索フィールドからのすべてのヤフー検索を暗号化
・Webサイトでのリーダーの互換性を改善
・Webサイトでの自動入力の互換性を改善
ファイルサイズは61MB。ユーザーエージェントは
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_9_5) AppleWebKit/600.1.17 (KHTML, like Gecko) Version/7.1 Safari/537.85.10
となっております。10.9.5のアップデートにこのSafari 7.1含めてしまえば良かったのに。

Posted by 封神龍(酒) at 13:56 | トらックバック

2014年07月31日

Mac miniの内臓HDDが両方とも駄目になった

この前、長らく使い続けているMac miniのメインHDDが駄目になりました。このモデル、サーバー機なのでハードディスクは2つついております。そのうちのメイン領域(OSやユーザーフォルダ等)がやられたわけです。
今度はMac miniがおかしくなったw(2014年03月09日 (日曜日))
しょうがないので外付けHDDを購入し、タイムマシンのバックアップからデータを復旧し、外付けHDDから起動するようにしました。
まだだ、たかがメインHDDがやられただけだ、という事でMac miniを外付けHDDを使いTime Machineで復旧(2014年03月11日 (火曜日))
もう一つの無事なHDDは元々、共有用エリアで使っていたもので、Windowsと共有する各種データが入っておりました。で、特に問題ないからそのまま使い続けておりましたが、内蔵の片方のHDDやられたら、そりゃもう片方もおかしくなる確立は上がりますわな。基本、使わない方がいいわけでございますが使い続けておりました。

で、朝、画面を見てみるとなんか通知でxxがマウントされなくなったとかエラーがでててFinderで見てみるとあれ?共有用エリアの領域がマウントされてない?と。

とりあえず再起動してみるか、という事で再起動して見てみるもない。認識されてない。
ディスクユーティリティ立ち上げるとそのディスク自体が認識されてない。完全にイカれたか・・・・

エラーの通知はサーバーアプリが通知したようでサーバーアプリから通知を見ると
「ボリューム"Macintosh HD2"が応答していません。 概要:ボリューム"Macintosh HD2"にアクセス出来なくなりました。このボリュームがなくなると、サーバ上のサービスやアプリケーションに影響が出る可能性があります」
と書いてありますね。そりゃ、共有設定とかしてあるわけだし、影響は出ますわな。
時間は2014年7月31日02時31分か。

テストで使っているWeb領域はメインHDDの方だし、問題あるとしたらやはり共有ファイルか。
共有ファイルは大事なデータですが、タイムマシンのバックアップがありますのでとりあえずそちらからメインHDDにコピーして今後は使う事にしました。メインHDDはまだ残り容量余裕あるし。

タイムマシンのデータはタイムマシンに入ってから見るとマウントされていない領域のがないのでFinderからバックアップデータに直接入って引きあげました。時間を見ると2014年7月31日1時39分にとったバックアップが最後かな?次の2時42分にはもうMacintosh HD2領域のデータはバックアップされていませんでした。

にしてもこれで内蔵ディスクはすべてやられたか・・・・・当面はこれ(外付け起動用HDD、バックアップ用外付けHDD)で使うとしても、10.10でたら新しいMac mini検討して、このMac miniは内蔵ディスク交換とか修理に出して、また何かで再利用しましょうかね?

共有領域の再設定とかしなきゃならんからメンドイなぁ・・・・

ファイル共有の共有ポイント、FTPの共有ポイント、バックアップの共有ポイント設定変更完了。

--2014/08/01追記--
なんか復活して認識するようになったけど、怖くて使えないので、もう外付けHDDだけで運用するです。
--追記ここまで--

関連

Posted by 封神龍(酒) at 11:57 | トらックバック

2014年07月11日

iTunes ExtrasサポートのiTunes 11.3リリース

アップルがiTunes Extrasをサポートしたアイチューン11.3を公開しています。
「iTunes 11.3に含まれているiTunes Extrasは、HDムービー用に一新されています。iTunes Extrasを使って舞台裏を紹介するビデオ、ショートフィルム、高解像度イメージギャラリー、監督の解説、シーンなどを見る事が出来ます。コンテンツの魅力を引き出すiTunes Extrasは、今の所ソフトウェア・アップデート6.2がインスト0ルされたAppleTVでも楽しむことが出来、この秋にはiOS 8に組み込まれる予定です。
新しいiTunes Extrasは、入手可能になった時点で以前に購入したHDムービーに自動で追加されます
追加料金は不要です」
とあります。

Posted by 封神龍(酒) at 10:21 | トらックバック

2014年07月01日

OS X Mavericks 10.9.4アップデート

アップルからMac OS X Mavericks 10.9.4が公開されています。主なアップデート内容は
「OS X Mavericks 10.9.4アップデートはすべてのMavericksユーザーに推奨され、お使いのMacの安定性、互換性、およびセキュリティが改善されます。
このアップデートの内容
・一部のMacにおける、接続した事のあるWi-Fiネットワークに自動的に接続出来ないという問題を修正します。
・スリープ解除の信頼性が向上します。
・Safari 7.0.5が含まれます」
とあります。

ファイルサイズは92.3MB。

関連
AppleがSafari 7.0.5を含む「OS X Mavericks 10.9.4」を公開 - ITmedia PC USER

Posted by 封神龍(酒) at 08:11 | トらックバック

2014年06月18日

WEB+DB PRESS Vol.80「Web技術入門」

もうすぐ次号でますわね。


特集はTCP/IP、HTTP、URL、HTML等の入門なのですが、個人的には「はじめてのMac開発環境
コマンド操作も怖くない><」あたりに興味ありまして。
ターミナルのコマンドラインの基礎、OS Xでの開発環境構築、VirtuaBoxでOS X内にLiunxサーバー環境を構築し、そっちにアップロードしての実行テストなどなど。
OS Xで実行してんだからわざわざLinuxの環境なんて・・・と言いたいところですが、OS Xをサーバーで使う人なんてほとんどいなさそうですし、安く借りれるレンタルサーバーはLinuxですからね。ここまで紹介されてるとなんか嬉しい。

スマートフォン向けWebアプリケーション開発に活用出来るツールキット「Beez」とブラウザ向けサウンドライブラリ「boombox.jp」。サイバーエージェントからオープンソースとして公開されておりその記事も面白かったです。サウンドライブラリはオーディオスプライト(複数の音ファイルを一つのファイルにまとめ、再生時に開始時間と終了時間を指定して音を鳴らす奴。個別にファイルにするより読み込み早し)もサポート。サイバーエージェントで作られているだけあり、数多くの端末で検証されているのも魅力。

そんな感じ。

次号の特集も面白そうね。


イマドキHTML/CSS開発だそうな。

Posted by 封神龍(酒) at 20:51 | トらックバック

2014年06月15日

Macのタイムマシンのバックアップ用に外付けHDD「 Transcend USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ 1TB 3年保証 TS1TSJ25M3」購入

これまでMac miniに接続して使っていたタイムマシンによるバックアップ用の外付けハードディスク
ポータブルハードディスク (外付けHDD) 【320GB】 2.5インチ 耐衝撃 StoreJet 25 Mobile [TS320GSJ25M] トランセンド(2010年02月25日 (木曜日))
ですが、この前の
「UNetbootin」で作ったUSB起動の「ubuntu 14.04」でシステム(Windows 7)起動しなくなったVAIO Zのデータを救う(2014年06月14日 (土曜日))
VAIO Zのデータレスキューとかで数十GBのデータをファイルサーバーにおいたりしたら、タイムマシンがバックアップ先の残り容量が少なくてバックアップとれねえぞ!と表示してきたので、新しく容量が大きい外付けHDDを購入する事にしました。同じメーカーで同じ系列の


をアマゾンで購入しました。朝頼んだらもう届いた。流石やね。大きさは2.5インチタイプで容量は1TB。これだけあれば十分でございます。

FAT32でフォーマットされておりますのでHFS+でフォーマットしなおまして。
以前のモデルと違い、電源供給用にUSBポートは合計2つ使っていたのですが、1つで済むようになったのは嬉しいですね。

約340GBのバックアップ、残りあと約7時間と表示されていますな。

前のバックアップ用ハードディスクは念のための備えとして既存のデータを保持しつつ、そのまま保存しておく事にしました。

関連

Posted by 封神龍(酒) at 19:41 | トらックバック

2014年06月03日

アップル、WWDC2014にてOS X 10.10 Yosemite及びiOS 8発表

個人的には以下のニュースが気になるかな。
Apple、「iOS 8」発表 「iCloud Drive」や他社IMEの解禁も - ITmedia ニュース
Apple (日本) - Apple Press Info - Apple、App Storeの登場以来、最大のリリースとなるiOS 8を公開
ようやくATOKがiOSで利用出来る時代が来るか?アプリとしてはATOKも出ていますが、やはり直接入力が出来るに超したことはない。

Apple、新プログラミング言語「Swift」リリース - ITmedia エンタープライズ
アップル、新プログラミング言語Swiftを発表。レガシーを廃して高速化したiOS/OS X開発用 - Engadget Japanese
今までiOSのアプリ開発はObject Cで行われておりましたが、レガシーを廃し、モダンな環境で開発出来るSwift(スイフト)が発表されました。iOS 8の新しいAPIとともにこれを使えば開発は楽になりそう?
>SwiftのコードはObjective-Cのコードと併存するので、既存のアプリのSwiftでのアップデートも可能だ。
既存環境と併存も嬉しいね。OS XでいうCocoaね。

WWDC 2014:次期OS Xは“Yosemite”、無料で今秋リリース - ITmedia PC USER
速報:アップル OS X 10.10 Yosemite 発表、UI は iOSに近くフラット化 - Engadget Japanese
10.10であり、11.0ではないのね。中身を見ているとかゆいところに手が届く、そんなアップデートでしょうか。無料なのはありがたいが、流石に今のうちの環境ではアップデートはきつく、使うとしたら新製品買うことになるかな。あとサーバーOS、未だにアクセス権限などの問題で使い物にならないので、早く普通に使えるようになってほしい。クライアントOSとしては今の所、問題ないが。・・・・アップグレードインストールだからこういう不具合あるの?10.9、新規インストールだとないの?こういう問題。

個人的な感想だと、WWDC2014、夜更かししてまでリアルタイムで見るほどのものではjなかったかな?と思います。

関連
何が変わった!?:アップル「WWDC 2014」の基調講演まとめ - ITmedia PC USER

Posted by 封神龍(酒) at 22:58 | トらックバック

2014年05月28日

22件の脆弱性を修正した「Safari 7.0.4/6.1.4」公開

「Safari 7.0.4/6.1.4」公開、22件の脆弱性を修正 -INTERNET Watch
アップルが22件の脆弱性を修正した「Safari 7.0.4/6.1.4」公開しております。対象はOS X 10.7.5以降のようですね。早めにアップデートしておきましょう。

Posted by 封神龍(酒) at 00:33 | トらックバック

2014年05月21日

VPN設定確認とかファイルサーバーの確認とか

引っ越して環境が変わってから、VPNで繋ごうとするとエラーが出て接続出来ませんでした。で、しばらくは使わないから放置していたのですが、ちょいと使うかもしれない事が出てきたので再度確認。

VPNは
ヤマハルーターNVR500のVPNサーバーにiPhone 5からアクセス(2013年01月06日 (日曜日))
こんな感じで繋げていました。で、なんでアクセス出来なくなったのか考えてみましてそういや、ぷららには標準でファイアーウォールがあるな、と思いましてそちらの設定を見てみました。
「ネットバリアベーシック」という形で「有害サイトフィルタ」、「パケットフィルタ」、「Winnyフィルタ」3つのサービスが展開されています。標準設定ではそれも3段階あるうちの普通的な位置あいのレベル1に設定されていますね。関係ありそうなのはパケットフィルタか。
レベル1ですと
「ホームページの閲覧・メールの送受信・ファイル転送・IP電話・ぷらら提供のサービスに関する及びお客様ネットワーク内から発信された通信のみを許可します。(ストリーミング(動画)やメッセンジャー、オンラインゲーム(Wii,PS3 等)、skype等ご利用いただけます。)」
の説明があります。

これを「レベル0 (OFF) 全ての通信を許可します。」に変更。反映まで30分ぐらいかかるようですのでそれ以上放置して、iPhoneからVPNへの接続を試みます。しかし駄目・・・・・
これは影響してないのかな?ととりあえず設定をレベル1に戻しました。

・・・・ルーターの方の認証情報が違うのかな?と思いましたが確認してみたところ、問題なさそう。
VPNを使うという事で「ネットボランチDNSホストアドレスサービス」を使ってダイナミックな感じにしているのですがそれの設定かな?と設定を見てみると何もない・・・・あれ?設定されてるはずじゃ・・・?
ないね・・・・あれ?設定しているアドレスからIPを引いてみると現在のIPとは違うものが帰って来ました。IPが更新されていない?
という事は・・・・?「ネットボランチDNSホストアドレスサービスの設定」で設定し、IPアドレス更新すると・・・・VPN接続出来ました・・・・あれか?プロバイダに付随して設定されてるからJ-COMからぷららに設定変更した際に消えたのか。ぷららのパケットフィルタは関係なかったのね。

という事で解決しました。

で、iPhoneからVPN経由でMac OS X v10.9.3 Mavericks(OS X Server 3.1.2)のファイルサーバーに繋げますと共有ポイントが変。OSアップデート時に変になったか?という事でサーバー管理ツールより共有ポイントの設定を見てみると確かに変わっているようで・・・・共有ポイントの設定部分で「カスタム」を選び、前と同じ所に再設定しておきました。

これで大丈夫かな。

自分ところのメンテだけでもいろいろ大変ね・・・・

Posted by 封神龍(酒) at 14:00 | トらックバック

Mac OS X v10.9.3 Mavericks向けOS X Server 3.1.2リリース

アップルからMac OS X v10.9.3 Mavericks向けOS X Server 3.1.2リリースされています。主なアップデート内容は
・カレンダーサーバーの読み込み、参加依頼、グループスケジュールを改善。
・チャットルーム試乗時のメッセージサーバーの安定性を改善。
・コード署名が有効になっている状態でプロファイルマネージャーが変数を含むプロファイルを配備する際の問題を修正
・Volume Purchase Programの参加依頼を送信する際のプロファイルマネージャーの信頼性を改善。
・説明的な長い名前を持つDevice Enrollment Programシステムをプロファイルマネージャーで管理出来るよう修正。
です。
64.2MB。

Posted by 封神龍(酒) at 12:25 | トらックバック

2014年05月17日

4Kディスプレイサポートを向上させた「OS X Mavericks v10.9.3 Update」公開

アップル、「OS X Mavericks v10.9.3 Update」を公開 - CNET Japan
Apple、OS X、iTunes、Podcastをアップデート - ITmedia エンタープライズ
週末アップルPickUp!:OS X 10.9.3で「4Kディスプレイが快適すぎる」 - ITmedia PC USER
アップルが一部機種における4kディスプレイサポートを向上させたりその他アップデートを施した10.9.3がリリースされました。主なアップデート内容は
・Mac Pro(Late 2013)」および「MacBook Pro with 15-inch Retina Display(Late 2013)」における4Kディスプレイサポートを向上。
・連絡先およびカレンダーのMacおよび「iOS」デバイス間でのUSB接続を使用した同期機能を追加。
・IPsecを使用したVPN接続の信頼性を向上。
・Font Bookで「PostScript Type 1」フォントがインストールされない問題を解決。
・SMBファイルサーバにあるファイルのコピー、編集、権限の調査における信頼性を向上。
・ネットワークホームディレクトリの信頼性を向上。
・設定プロフィールインストール時の安定性を向上。
・Active Directoryグループのユーザーに対するログインスピードを向上。
・「Safari 7.0.3」を含む。
by CNETより
です。ファイルサイズは461MB。
ファイルのコピー、編集、権限に関する信頼性向上はもしかして不具合修正されたかな?グループがうまく付与されなかったり、ファイルの保存、一部アプリではロックされて上書きが出来なかったりとか。

Posted by 封神龍(酒) at 12:56 | トらックバック

2014年04月23日

OS X Lion v10.7.5/Mountain Lion v10.8.5/Mavericks v10.9.2を対象の「セキュリティアップデート2014-002」

AppleがOS XとiOSの更新版を公開、SSL関連の脆弱性など多数修正 - ITmedia エンタープライズ
OS X向けにSSLに関連した脆弱性など多数の深刻な問題を修正した「セキュリティアップデート2014-002」が公開されています。10.9.2でアップデートしたら69.9MBありましたかね。

早めにアップデートしておきましょう。

Posted by 封神龍(酒) at 13:55 | トらックバック

2014年04月03日

脆弱性等を修正したSafari 7.0.3

AppleがSafari最新版を公開、Pwn2Ownで発覚の脆弱性に対処 - ITmedia エンタープライズ
出てます。
Safari 7.0.3アップデートはすべてのOS X Mavericksユーザーに推奨され、互換性、安定性、およびセキュリティの改善を含む以下の修正を含んでいます。
・アドレスと検索フィールドでreturnキーが押される前に、Webページが読み込まれたり、検索語句が送信されてしまう問題を修正
・Webサイトでのクレジットカード自動入力の互換性を改善
・Webサイトからのプッシュ通知の受信がブロックされる問題を修正
・Webサイトからのプッシュ通知についての確認を切りにできる設定を追加。
・ジェネリック・トップレベル・ドメインのWebページのサポートを追加
・Safariのサンドボックスを強化
・セキュリティの問題を修正(最近のセキュリティコンテストでhっけんされた複数の問題も含まれます。)

ユーザーエージェントは
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_9_2) AppleWebKit/537.75.14 (KHTML, like Gecko) Version/7.0.3 Safari/537.75.14
な感じ。

Posted by 封神龍(酒) at 20:27 | トらックバック

2014年03月29日

Mac OS X v10.9.2 Mavericks向けOS X Server 3.1.1リリース

アップデートが来ていますがアップデート内容は
Mac OS X v10.9.2 Mavericks向けOS X Server 3.1リリース(2014年03月19日 (水曜日))
に書いてある事と同じだな。

何かの不具合修正か?アップデートしました。

Posted by 封神龍(酒) at 00:33 | トらックバック

2014年03月23日

iPhoto 9.5.3購入

今までiPhone 5で撮影された写真はフォトストリームを通じて、壊れたVAIO Zにも保存されていました。バックアップとして、そして撮影した写真を加工とか編集するのにVAIO Zで直接すぐに扱えるようにするためでもありました。ブログに使うのは最近はiPhoneから直接ブログに投稿する場合が多くなっているので、よほど込み入った修正とかする以外では使う事もなく、ほとんどバックアップ用途の割合が大きくなっていますかね。
(更に時々、VAIO Zで直接iPhoneからファイルを取り出し、動画等も含めNAS等にバックアップする事もありました)

で、VAIO Z壊れてフォトストリームですぐにパソコンで写真見ることが出来ない状況なわけですが(メールとかで送ればできるけど、めんどい)、どうせならiPhoneの母艦であるMac miniでフォトストリームで写真を取り込んでバックアップすればいいじゃん、と思いましていiPhotoを購入する事に。なんでMacは無料でフォトストリームの写真、ダウンロード出来るようになっていないのだろうね?新しくMac買えば最初からiPhotoついてるからある意味、標準環境で出来るとは言えるのだけども。私の場合はiPhotoが入っていない環境でしたので購入しなきゃこの機能が使えないわけですわな。
Windowsの場合だとiCloudコントロールパネルインストールすればフォトストリームの写真がダウンロード出来るようになるのにねぇ・・・・

という事でMac App Storeから購入します。価格は1500円。
ファイルは1GB超ですかな。インストールが終わりまして。
iPhotoでの写真とかの保存場所、標準だとユーザーのピクチャーフォルダ内なのですが、他のパソコンからそれらの写真見たいので共有エリアにフォルダ作ってそちらに保存したい・・・と思ったら環境設定とかに写真等の保存箇所をしていする場所がない。iTunesなら出来るよね・・・?
ググって見ると
iPhotoの保存先を変更させる方法(独学でWebデザイン!ネットショップ運営を加速しよう!)
オプションキー押しながらiPhotoを起動すると設定画面が出てくるそうな・・・なんでそんな方法とってんの・・・・
という事でその方法で設定。・・・・というかiPhotoの写真管理、パッケージで管理しててFinderから見たら一つのファイル扱いか・・・・これなら別に標準の場所でも良かったな・・・・

あとなぜかiCloudの共有設定が出来ない・・・・が、定期的にMacにiPhone繋げるし、その都度取り込んでもいいか・・・でもちょっとめんどいな・・・・
フォトストリームが有効化できない(アップルサポートコミュニティ)
こちらを参考にしてみればいいのかな・・・・
~/Library/Application Support/iLifeAssetManagement/assets/sub
を削除したらiCloudのフォトストリーム、有効化出来ました。
とりあえずiPhoneからは直接取り込んだし、今後は直接接続しなくてもフォトストリーム経由で写真の保存が出来ます。なおかつ、それがタイムマシンでバックアップ取られるので2重のバックアップ。

顔認識とかいろいろ面白いな。少し各機能をいじってみたいと思います。

Posted by 封神龍(酒) at 21:02 | トらックバック

Mac miniだけでもいろいろ作業出来るもんだがやはりWindowsのも欲しい

メインで使っていたVAIO Zがぶっ壊れ早一ヶ月以上。
VAIO Z(VGN-Z93GS)のWindows 7が起動しなくなった(2014年02月02日 (日曜日))
なんて時期に壊れるんだ、と思いましたがなんとかいろいろ乗り越える事が出来ました。
壊れている間のメインパソコンはMac mini。オフィスは入っていませんし、ほぼ素に近いMac OS X v10.9 Serverでございます。

とりあえずMicrosoftオフィスを使うようなのは嫁さんのVAIOに入ってるのでなんとかそれにして、Excelなども閲覧ぐらいはMacで出来るのでそれも良いとして。
取り込んでPDFにした書類で文字の追加とかそういった書類作成はMac OS Xの標準アプリ プレビューでなんとかなりまして。

ブログ更新やはてなブックマークでのニュースメモはSafariにはてブのアドインいれておけばWindowsと同じく出来ます。ブラウズは性能差もあり、やはりVAIO Zの方が快適ですがね・・・あと動作のキビキビ感も性能差以前にOSの差かな・・・この編はちょいとWinに分があるかな・・・・

メール作成はまあMailでもいいけど仕事関係はWebアプリというかサイボウズなのでこちらも最悪iPhoneやiPadでも問題なし。

サーバーにSSHやFTPで繋いだりするのはこちらもそういう機能が元々あるので問題なしかな。

Web編集は・・・特に難しいのがこの間はないのでテキストエディタで手打ちでどうにかなる程度でしたのでそれも大丈夫。画像加工も複雑なものは特になかったのでウインドウズの標準のペイントでどうにかしまして・・・駄目だったら嫁さんのVAIOにFireworksとかPhotoshop入れようかと思いましたが大丈夫でした。もしくはMac miniに
Photoshopキラー?画像編集ソフトの「Pixelmator(ピクセルメーター)」(2009年03月25日 (水曜日))
でも入れようと思いました。

出先の仕事は専用のノートがあるからそれに必要ソフトだいたい入ってるし、画像加工とかWeb編集も上記に書いてあるとおりぐらいでなんとかなりました。

あとは家計簿とか会社の経理は家計簿はMS Money、経理は弥生使ってますのでそれは嫁さんVAIOにインストールして一時的に使わせてもらってどうにかなりました。

以前はサーバー機としてつかっていたのでクライアント的な使い方はしておりませんでしたが、なかなか使えるもんです。

内蔵ディスクが壊れ、外付けHDDに環境を復元させ
まだだ、たかがメインHDDがやられただけだ、という事でMac miniを外付けHDDを使いTime Machineで復旧(2014年03月11日 (火曜日))
使う事になりました。復元当初はスポットライトの構築とかで遅すぎて使うのも苦労でしたが、それらが終わり安定すると普通に使う分にはまったく問題ないですね。
IEEE1394b(FireWire800)、さまさまです。USB2.0ならだいぶ速度落ちますしね・・・こういう当時にしてみれば外付けインターフェイスで超高速なのつけておいてもらえるの、非常にありがたい。今であればサンダーボルトがそれにあたるかな?

もうすぐ新しいVAIOが来るはずなので従来どおりの作業が出来るようになるはず・・・
この数ヶ月、酷使しましたね、Mac mini。

メインのWindowsパソコンが復帰すれば、また前と同じようにサーバーメインとして・・・使っていく事になると思いますが、今後の事を考えるとオフィス使いまくる業務より、ちょいと別の方に重点置きたいと思うのでMacのクライアントパソコン買うのも手かなあと思いましたが当面はとりあえずWinで様子見ます。

Posted by 封神龍(酒) at 12:08 | トらックバック

2014年03月21日

Mac OS X v10.9.2 Mavericksのインストールメディアを作成する

先日、Mac miniの内蔵HDDの1台がやられ、外付けHDDをメインに環境を再構築する事にしました。
まだだ、たかがメインHDDがやられただけだ、という事でMac miniを外付けHDDを使いTime Machineで復旧(2014年03月11日 (火曜日))
その際、外付けDVDドライブを使い、Mac OS X Server v10.6インストールDVDを使いタイムマシンで復帰しました。その際、環境のせいかのかようわかりませんが、DVDドライブが動き出すとタイムマシンからの復帰が止まったりしまして、ディスプレイがスタンバイになって復帰するとそのような症状が出てくる事からスタンバイにならないようにマウスを少しずつ操作してスタンバイに入らないようにしてなんとか復帰させました。あんまキーボード押したり、マウスのボタンを押したりするとまた同じような事になるので数分おきにマウスを動かしてとかやってました。

でそのほかに心配ごとございまして。
最新OSのMac OS X v10.9.2 Mavericks環境のタイムマシンでバックアップ取った奴って、それよりだいぶVerが下になる10.6.xのインストールディスクのタイムマシンでちゃんと復元出来るの?と。
結果的には出来たのですが、極力近い環境のシステムで復帰させるのが望ましいよね、というのもありましたし、何より次回があるかはわかりませんが、OSの再インストールが必要になった際に10.6,xをインストールして10.9にアップデートするのメンドイ、という事でOS X Mavericksのインストールメディアを作成する事にしました。

最新のMacであれば復元機能が搭載されててそりゃ使えばいいんでしょうけどね。復元機能ある奴だと
Apple - OS Xの復元機能があなたのMacを数クリックで元通り
・タイムマシンから復元
・OS X再インストール(インターネット経由可能)
・ヘルプ
・ディスクユーティリティ
がHDDぶっ壊れても使えるのでしょうけどね。

私のMac miniにはそんなものありませんので。
インストールメディア作れば
・タイムマシンからの復元
・OS X再インストール
・ディスクユーティリティ
が使えます、というか今の10.6のDVDでも出来ますが最新の環境で使えます。

という事でUSBメモリで作ってみる事にしました。
作成にあたり
Mavericksのインストールメディアを作成したい(MacFan)
を参考にしました。

とりあえず適当なUSBメモリを用意します。
今回は16GBのを用意しましたが8GBあれば十分そうですな。

USBぶっさしてディスクユーティリティで「MacOS 拡張(ジャーナリング)」で初期化。名前は今回は「MacOSX109Ins」としておきました。パーティションマップは「GUIDパーティションテーブル」とします。Intel CPU搭載のMac向けの奴ですな。

次にMac App StoreでMac OS X v10.9.2 Mavericksをダウンロードします。既に10.9にアップデートしていてもダウンロードは出来ますのでダウンロード。5GBぐらいですかな。

ダウンロードが終わったらターミナル開いて
sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MacOSX109Ins/ --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app --nointeraction
と入力。私の場合、マウントしているドライブ名がMacOSX109InsとなっておりますのでVolumes以下はその名前となっております。

実行するには管理者パスワードが必要。
Erasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%...100%...
Copying installer files to disk...
っていうのが出てしばらく時間がかかります。上記記事だと
Copy complete.
Done.
ってのが出れば作成終了らしいのですが
Copy complete.
Making disk bootable...
Couldn't mount dmg /Volumes/Install OS X Mavericks/Install OS X Mavericks.app/Contents/SharedSupport/InstallESD.dmg (error code 112)Mount of outer dmg failed.
Done.
と出た・・・・あれ?試しに再起動してオプションキーを押しながら起動させたら起動ボリュームとしては出てきませんでした・・・失敗したか・・・・

USBメモリは4.97GB使っていますね。

ググって見ると日本語での回答は見つからず・・・・英語だとなんか出てくるな。
I can't create a bootable OSX Mavericks Install USB Drive(AskDifferent)
Mac App StoreからダウンロードしたMavericksインストールイメージのダウンロードが不完全なんじゃね?とか書いてある?という事でMac App Storeから再ダウンロード。
あれ?前とファイルサイズ違うぞ?4.9GBだったのが5.3GBに?

再度ターミナルから
sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MacOSX109Ins/ --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app --nointeraction
を実施。前と同じく
Erasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%...100%...
Copying installer files to disk...
と出てきてしばらくかかります。
そして
Copy complete.
Making disk bootable...
Copying boot files...
Copy complete.
Done.
キター!!!!これで作成完了かな。
USBメモリの5.38GB使用です。

という事で再起動。
オプションキーを押しながら起動させます。
ドライブ選択画面
ドライブ選択画面が出てきました。ドライブ名は先程のコマンド打ってインストールデバイス作ると「Install OS X Mavericks」となるのね。という事でこちらを選びます。

OS Xユーティリティ
無事OS Xユーティリティが起動します。
・タイムマシンバックアップからの復元
・OS X Mavericksの再インストール
・ヘルプ
・ディスクユーティリティ
が使えますね。

上のメニューからはネットワークユーティリティ、ファームウェアパスワードツール、ターミナル等が使えます。

起動速度もDVDの奴よりだいぶ早い。何かあった時の為に、こういうのもは作っておくべきですね。とりあえずは最新の復旧ツールが作成出来て良かった。

関連

Posted by 封神龍(酒) at 20:16 | トらックバック

2014年03月19日

Mac OS X v10.9.2 Mavericks向けOS X Server 3.1リリース

アップデート来ています。
・プロファイルマネージャーでDevice Enrollment Programをサポート
・フォント、AirPrint、及びWi-Fi HotSpot 2.0設定の管理
・大きなディレクトリと同期する際の改善されたプロファイルマネージャーの拡張。
・監視対象のiOS 7.1デバイスでのアクティベーションロックの管理。
・"マイデバイス"ポータルへのアクセス及びデバイス登録の為の強化された承認。
App Storeでアップデートした後、Sereverアプリを起動する事により、アップデートが開始されます。

Posted by 封神龍(酒) at 13:25 | トらックバック

2014年03月16日

Mac OS X v10.9.2で自動マウントしてもらいたくないドライブをマウントしたくない場合・・どうすりゃいいの?

この前、デュアルドライブ?じゃないけどハードディスクドライブ2つのうち、メインシステムが入ってるドライブが多分物理的に壊れました。
まだだ、たかがメインHDDがやられただけだ、という事でMac miniを外付けHDDを使いTime Machineで復旧(2014年03月11日 (火曜日))
今度はMac miniがおかしくなったw(2014年03月09日 (日曜日))
で、タイムマシンから復帰させたはいいのですが、中途半端に生き残ったHDDが認識されてマウントされてしまっています。
ディスクユーティリティ
間違ってマウスカーソル合わせた日にはレインボーなぐるぐるが長く出てくるし、なんかボリューム名を変えたわりにはタイムマシンが同じボリューム名がありますとかエラー起こしたりするのでディスクユーティリティでマウント解除してたりしたのですが、起動の度にそれは面倒。
なので自動マウント、解除出来ないの?という事でググるといろいろ出てきます。Mac OS Xでも/etc/fstabあたりを参照しているっぽいのでその辺の設定を。

参考にさせていただいたのはこちら
ディスクのマウントを回避
とりあえずターミナル開いて
diskutil info ボリューム名なので
diskutil info /Volumes/Server\ HD1
とします。
-----------
Device Identifier: disk0s2
Device Node: /dev/disk0s2
Part of Whole: disk0
Device / Media Name: Customer

Volume Name: Server HD1
Escaped with Unicode: Server%FF%FE%20%00HD1

Mounted: Yes
Mount Point: /Volumes/Server HD1
Escaped with Unicode: /Volumes/Server%FF%FE%20%00HD1

File System Personality: Journaled HFS+
Type (Bundle): hfs
Name (User Visible): Mac OS Extended (Journaled)
Journal: Journal size 40960 KB at offset 0xe89000
Owners: Enabled

Partition Type: Apple_HFS
-----------
とまで出てきます。fstabでボリュームを指定するにはボリューム名(LABEL)でも良いのですが出来ればUUIDが望ましいと考えるのですが、そこまで表示されない。

正常なドライブだと
-----------
diskutil info /Volumes/Server\ HD
Device Identifier: disk3s2
Device Node: /dev/disk3s2
Part of Whole: disk3
Device / Media Name: RebDrive

Volume Name: Server HD
Escaped with Unicode: Server%FF%FE%20%00HD

Mounted: Yes
Mount Point: /
Escaped with Unicode: /

File System Personality: Journaled HFS+
Type (Bundle): hfs
Name (User Visible): Mac OS Extended (Journaled)
Journal: Journal size 81920 KB at offset 0x1d1c000
Owners: Enabled

Partition Type: Apple_HFS
OS Can Be Installed: Yes
Media Type: Generic
Protocol: FireWire
SMART Status: Not Supported
Volume UUID: DD4CF488-A765-39B9-B11D-C672FD1275BF

Total Size: 999.9 GB (999860912128 Bytes) (exactly 1952853344 512-Byte-Units)
Volume Free Space: 929.9 GB (929898528768 Bytes) (exactly 1816208064 512-Byte-Units)
Device Block Size: 512 Bytes

Read-Only Media: No
Read-Only Volume: No
Ejectable: Yes

Whole: No
Internal: No
-----------
という感じで表示されます。

しょうが無いのでボリューム名で
/etc/fstab
に作成してみました。
viで作成しました。
LABEL=Server\ HD1 none hfs rw,noauto
と。

で、再起動してみると・・・・あれ?認識してしまっているな。
ディスクのボリューム名というかLABELの設定を間違えたか?・・・それともfstabが動作しない?
/etc/
の中を見ると
fstab.hd
というファイルがあり中身は
「IGNORE THIS FILE.
This file does nothing, contains no useful data, and might go away in
future releases. Do not depend on this file or its contents.」
とか書いてあるな。このファイルは参照しない、とか言ってる?となると違う機能に置き換わっているのか?Mac OS X v10.9 Mavericksでは??

どちらにしてもUUIDは取得出来ないし何か方法は・・・物理的にディスクを取り外すのは面倒臭いしな・・・・

マウント部分を消去しようとしても出来ないし適当に名前を変えて他のフォーマットにしたらどうだろう?という事でボリューム名を「TEST」にしてexFATでフォーマットしました。
あれ?普通にフォーマット出来たぞ?
ディスクユーティリティで修復やらディスクチェックしても正常扱い。
ええ??ハードディスクの物理的障害じゃなかったのか?
何もエラーでない。
またdiskutil infoをかけてみると
-----------
diskutil info TEST
Device Identifier: disk0s2
Device Node: /dev/disk0s2
Part of Whole: disk0
Device / Media Name: Customer

Volume Name: TEST
Escaped with Unicode: TEST

Mounted: Yes
Mount Point: /Volumes/TEST
Escaped with Unicode: /Volumes/TEST

File System Personality: ExFAT
Type (Bundle): exfat
Name (User Visible): ExFAT

Partition Type: Microsoft Basic Data
OS Can Be Installed: No
Media Type: Generic
Protocol: SATA
SMART Status: Failing
Volume UUID: 705E954F-F219-38EC-9697-513E5AE51724

Total Size: 499.1 GB (499113885696 Bytes) (exactly 974831808 512-Byte-Units)
Volume Free Space: 499.1 GB (499087572992 Bytes) (exactly 974780416 512-Byte-Units)
Device Block Size: 512 Bytes

Read-Only Media: No
Read-Only Volume: No
Ejectable: No

Whole: No
Internal: Yes
Solid State: No
Device Location: "Lower"
-----------
何も異常なさそうにUUIDまで取得出来るな・・・・なんなんだ?ファイルシステムの異常だったのか?といいつつもまあ一度異常が起きたディスクを使い続けるのはあれなので再利用は致しませんが・・・・

タイムマシンのエラーもなくなり、マウントされたドライブにカーソル合わせたら虹色がぐるぐるもなくなったし、とりあえずは当面、これで進めていくかな。

Posted by 封神龍(酒) at 15:44 | トらックバック

2014年03月11日

まだだ、たかがメインHDDがやられただけだ、という事でMac miniを外付けHDDを使いTime Machineで復旧

という事で我が家メインのサーバーであるMac miniが
今度はMac miniがおかしくなったw(2014年03月09日 (日曜日))
起動しなくなりました。上記エントリを見てもらえればわかりますがハードディスクドライブがおかしくなったようです。購入してから使い続けてきた日数を調べてみると上記のエントリの日で4年21日(1482日)使っていた事がわかりました。
Mac OS X v10.6 Snow Leopard Server搭載のMac mini(MC408J/A)購入!(2010年02月17日 (水曜日)
個人的にはまあこの手の奴は3年ちょっと使えれば御の字かな、と思うのですがというかもう4年も経っていたのかよ、という感じでございます。前のPowerMac G5は
パソコンの使用期間(2009年01月17日 (土曜日))
6年と119日(2311日)使っていましたな。まあスペース的に余裕がある完全デスクトップのPowerMac G5に比べ、Mac miniはノートパソコンのようなものですからな。だから耐久性的には3年ちょっと持てばいいかな?という印象でございます。

今回、HDD故障にあたり、年数も4年経っていますのでいくつか考えました。
1.現行の最新モデルであるMac OS X Server搭載モデルのMac miniを買う
└一番妥当な線ですわな
2.現行のMac miniの通常モデルでFusion Driveを選び、後からServer OS購入
└アップルストアではServerモデルはFusion Driveは選べません。なので1TBのFusion Driveモデルを購入し、Server OSは入れたところで数千円ですのでこちらを選ぶ。
3.なんとか現行モデルを生かす、金ないし。
└現行のMac miniはServerモデルという事で500GB×2を積んだモデルでございます。今回やられたのはシステムOS含む片方のHDDでございますので交換もしくは外付けHDDによる復旧を心見る。

という事で3パターン考えました。

今はあまりコストかけたくないし、あと1年ぐらいはもってほしいし、何よりやられたのはHDDの片方だけで他にハードウェアに異常は感じられない。前はプログラムのテストとかで使っていたものの、最悪ファイルサーバー機能だけでどうにかなる状況なのでこいつを生かそう、という考えに至りました。

という事でアマゾンで


を購入。最初からMac用にHFS+でフォーマットされているので接続するだけでただちに使えます。起動ドライブとしても謳っているようですしすぐに使えるのが決め手です。
でインターフェイスがUSB 2.0が1ポート、reWire400(IEEE1394a) 1ポート、FireWire800(IEEE1394b)が1ポート対応でございます。

今回なぜ、割高なIEEE1394の外付けHDDを選んだのか。
一つはUSBポート、全部使ってます。そしてこのMac miniはUSB 2.0までのサポートです。どうせメインドライブとして使うならもう少し速度が欲しい、という事でFireWire800対応の外付けHDDを買うことにしました。ポートも空いていたしね。内蔵のを取り外して交換も考えましたが、Mac miniは面倒くさそうなのやめました。
PowerMac G5の頃とか今使っているのがMac Proだったら内臓のを交換、考えましたがね。

こういうUSBとは違う、当時としては超高速ポート搭載はこういう時に地味に嬉しいですな。
・・・といってもSATAの場合、遅くとも速度は1.5Gbpsか、FireWire800でも約半分の速度ですから多少遅くなるよね・・・・3Gbpsとか6Gbpsはないよね??

この外付けHDD、電源供給もこのIEEE1394のでやってくれますので外部アダプタはいりません。Macの電源入っていなくてもつなげると明かりがつきますね。
RebDrive FireWire 800 HDD 1TB トリプルインタフェース 外付けポータブルハードディスク FireWire800/400/USB2.0対応 Mac OS X用(Mac OS 起動ディスク対応 / Time Machine対応)
インターフェイス類。

RebDrive FireWire 800 HDD 1TB トリプルインタフェース 外付けポータブルハードディスク FireWire800/400/USB2.0対応 Mac OS X用(Mac OS 起動ディスク対応 / Time Machine対応)
大きさとしてはこんな感じでしょうか?ちなみにケーブル類はUSB、Firewire400、800のケーブルが付属しており、便利です。長さはそんなないですがね。

IEEE1394の周辺機器なんて買ったの何年ぶりだろう?初代iPod以来か?
iPod購入!そしてWHFとカラオケとコスプレ居酒屋へ(2002年01月27日 (日曜日))
今でこそ、USB接続なiPodやiPhoneですが昔のiPodは接続にFireWire400(IEEE1394a)を使っていたんですよね。懐かしい。

で、問題はここからでございます。復旧に使うのはDVDドライブに入れたMac mini付属のMac OS X Server インストールディスク。タイムマシンのバックアップはこの前の
Mac OS X Server v10.6.8 Snow LeopardをOS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)にアップグレード(2013年10月23日 (水曜日))
という事でOS X v10.9 Mavericksのタイムマシンでバックアップ取ってるのよね。なので前Verの10.6の復旧機能で大丈夫かと思いましたが大丈夫だったようです。

DVDから起動し、タイムマシンから復旧を選びます。バックアップの保存先、復旧のドライブを今回購入したドライブに指定すると復旧作業はすぐに開始されました。あとは待っているだけでいいかなと思いきや・・・・

Mac OS Xのインストーラーを終了できませんでした。
このようなエラーが出ました。何度かやって気づいたのが
・ディスプレイが省エネモードに入ってしまった時
・マウスやキーボードをクリックして動かした時
というのがわかりました。とにかくDVDドライブを動かさぬよう、動作させればいいのかと思いまして最初はテレビの省エネモードを疑いました。ディスプレイには
東芝 REGZA 26RB2をMac mini(MC408J/A)のディスプレイとして使う(2011年06月17日 (金曜日))
を使っております。テレビの方の省エネ機能を疑ったのですが
外部入力信号オフ「待機にする」
外部入力自動スキップ「する」
コンテントタイプ連動「オフ」
外部入力信号オフ「待機にする」をしない、外部入力自動スキップ「する」をしない、コンテントタイプ連動「オフ」とかにしても変わらなかったのでMacの方の設定らしい。省エネモードに入ってマウスやキーボードを動かして画面を復旧させようとするとエラーになってタイムマシンの復帰が進まない。

なんでこういう仕様になってんの???それともこういう環境だけなの?

ですのでタイムマシンの復元中はマウスを数分おきに少しだけ動かし、画面表示がスタンバイに入らないよう、3時間ぐらいかけまして。
復元中
システムの復元が成功しました。
そしたら最後まで復旧、いけました。80%程度でいきなり「システムの復元が成功しました。」はびっくりしましたが。でその後はDVDから起動で起動ディスクの設定で今回復元が成功した外付けHDDからの起動に設定し再起動。
外付けHDD
長らく時間がかかりましたがログイン画面が現れ、ログインが出来ました。

ATOKとかDropBoxとかそういうアカウントは再設定が必要だったな。あとはサーバーOSとしても使っていましたのでアカウント関係は初期化されているっぽい(2014/03/19 14:02追記 アカウント関係とかちゃんと復元されてた。なんかいろいろ復旧まで時間かかるのかね?)。サーバーアプリを立ち上げたら共有関係の設定はそのまま残っていましたがアクセス権限関係はいろいろ設定しなおしが必要っぽいですかね(2014/03/19 14:02追記 こちらもちゃんと復旧してた。アクセス権限、再度設定しなおしはいらなさそうだ)。
おまけにSpotlight(スポットライト)のインデックスの再構成が始まり、当面は重たい作業環境が続きそうだ。

Posted by 封神龍(酒) at 22:40 | トらックバック

2014年03月09日

今度はMac miniがおかしくなったw

帰ってきてサーバー機のMac OS X Serverが入ったMac mini君を起動しようとしたら
Mac OS X 10.9画面がくるくる。
アップルマークにぐるぐるというかくるくるのマークがずっと動きっぱなしでそれ以上、先に進めません。

おかしいなと思い、電源は強制終了し、再度起動させても同じ。
なぜ?と事象をぐぐってみるとメモリやハードディスクがおかしい可能性が高いとの事。

メモリチェックなどは起動時にF2を押しっぱなしでしたっけ?しかし何も起きず。
とりあえずシングルユーザーモードで起動してみることに。
⌘+Sで起動。
文字列が標準されて行きます。
が、文字を入力できるところまでいかない。これではfsckもかけられん。


そのうち勝手に電源が落ちて再起動しました。

ハードディスクがやばいのか。

こうなると外部メディアから起動する他ない。Mac miniを購入した時に買った外付けDVDドライブを使う時が来ました。
始めて封開けたよ。

そしてMac miniの箱に入ってたインストールディスクを使い、CDからDVDから起動します。

起動したところでディスクユーティリティ起動。

こう見るとふたつある内蔵ディスクのうち、起動ドライブになってる片方がなんか認識されていないのか。

ディスクチェックをかけると修復をかけろ、というので修復をかけるも

修復出来ません、と。

バックアップとって初期化しろと。

バックアップはタイムマシンでとってるからどうにかなるだろうけど、ハード的な障害だとやっても無駄だよな。

とりあえず初期化し、ディスクチェックかけてみる。

にしてもVAIO Zに続き、Mac miniまで壊れるとは•••

とりあえずディスクを初期化して再設定したら認識はされたので、駄目元でタイムマシンからの復旧を試みております。
ただ単に一時的なエラーだったらいいんだけどね。
現在、残り時間が13時間49分と表示されています。
と思ったら固まってますね。ダメか。

関連

Intel ベースの Mac で利用できる起動時のキーコンビネーション
Re: コマンドラインでI/O errorと表示され、起動できません
Mac が立ち上がらなくなった時の対処方法
Mac OS X v10.6 Snow Leopard Server搭載のMac mini(MC408J/A)購入!(2010年02月17日 (水曜日))
┗もう4年21日(1482日)も使っていたか・・・・

Posted by 封神龍(酒) at 21:13 | トらックバック

2014年02月26日

アップル、SSL/TSLの脆弱性などに対応した「OS X 10.9.2」リリース

アップル、「OS X 10.9.2」をリリース--SSL/TSLの脆弱性などに対応(CNET)
アップルがこの前、iOSでも問題となっていたSSL/TSL接続の脆弱性問題に対応し、いくつか新機能を追加したり不具合を修正したOS X 10.9.2をリリースしています。
アップデート内容は
--------------------
すべてのOS X Mavericksユーザーの推奨します。お使いのMacの安定性、互換性およびセキュリティが向上します。
アップデートの内容
・FaceTimeオーディオ通話の発着信機能を追加
・FaceTimeオーディオ通話およびビデオ通話での割り込み通話機能を追加
・iMessageの着信を送信者別にブロックする機能を追加
・”メール”の未開封メッセージ件数表示の正確性が向上
・”Mail”で一部プロバイダから新規メッセージが取得できない問題を修正
・Safariの自動入力の互換性を向上
・一部のMacでオーディオに歪みが生じる問題を修正
・SMB2によるファイルサーバー接続時の信頼性が向上
・VPN接続が解除される問題を修正
・"メール"とFinderのVoiceOverによる操作性が向上
--------------------
な感じ。ファイルサイズは769MB。SMB2接続の信頼性向上、ファイルサーバーとして動くときのファイルが上書き出来ないとかアクセス権限関係のとか治ってないかな?

あとサーバーもインストールしているので「OS X Server 3.0.3」も出てきました。
アップデート内容は「新規ユーザーを追加できないXcode Serverの問題を修正」だそうです。

SSLの問題は「OS X Lion」と「OS X Mountain Lion」に対してはセキュリティアップデートで対応するようです。流石に10.6.8はもうサポートされないな。

10.9.2にアップデートしたらいくつかアカウントとか再設定というか認証が必要になるのがありました。サーバーOSはアップデートしたらアプリを起動しないとアップデートされないのでアプリ起動してアップデート。

Posted by 封神龍(酒) at 08:16 | トらックバック

2014年01月12日

Mac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)のファイルサーバーのファイルサーバーでグループ権限がうまく付与されない件

OS X Server:SMB 共有にファイルを保存するときにアクセス権が変更され、所有者しか読み書きできない(アップル)
OS X Server の書き込みアクセスを許可している共有ポイントに保存できない
「サーバで ACL を有効にして、共有での ACL の継承を、グループのアクセス権を保存するよう設定します。 」
この当たりが原因かな?と思って
sudo defaults write /Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.smb.server AclsEnabled -bool YES
とターミナルからやってみたんだけど駄目だった。
どうすりゃええんだろうね・・・?というかACL、標準じゃ有効じゃないんかい。

Posted by 封神龍(酒) at 13:08 | トらックバック

Mac OS X v10.9.1 Mavericks向けOS X Server 3.0.2リリース

Mac OS X v10.9.1 Mavericks向けのOS X Server 3.0.2がリリースされています。
App Storeから手動でアップデートかけて(自動では出来ない奴らしいので)ダウンロード、インストールしまして。それからServerアプリを立ち上げるとアップデートが開始されました。30分ぐらいかかったかな。
アップデート内容としては
・LT2P VPNの問題を、OS X Server用VPNアップデートを別途インストールする事により解決
・OS X v10.9.1 Mavericksが必要
・ログイン及び移行に関するさまざまな問題を修正
・XCodeサービスでGitリポジトリを使用している際の問題を解決
・MDMデバイスへのプッシュ送信を改善、とあります。

関連
Mac OS X Server v10.6.8 Snow LeopardをOS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)にアップグレード(2013年10月23日 (水曜日))
OS X 10.9 Mavericks向けOS X Server v3.0.1 Update(2013年11月12日 (火曜日))
ESファイルエクスプローラーでMac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)へSMB接続(Windows共有)が出来ない(2013年10月27日 (日曜日))

Posted by 封神龍(酒) at 12:49 | トらックバック

2013年12月21日

MailのGmailの問題や各種安定性・互換性を改善したOS X Mavericks v10.9.1 Update

Apple、「OS X Mavericks 10.9.1」を公開、Safariのアップデートも -INTERNET Watch
OS X Mavericks 10.9.1 アップデート提供開始。日本語入力の改善、Mail やSafariの更新など - Engadget Japanese
アップル、「OS X Mavericks 10.9.1」をリリース--「Mail」などの問題を修正 - CNET Japan
という事で今週火曜日にはアップデート出ていましたね。Mac OS X Mavericks v10.9.1 Updateでございます。
・OS X メールでのGmailサポートを改善、Gmailをカスタム設定で使っているユーザーのための修正。
・スマートメールボックスおよびメール内での検索の信頼性が向上。
・メールで連絡先グループが正しく機能しない問題を修正。
・共有リンクをSafariのサイドバーで開いている時に共有リンクを定期的にアップデート(Safari 7.0.1にアップデート)。
だそうな。

ちなみにOS X Serverも入れてるのですが10.9.1にしたら
・OS X Server用VPNアップデート 1.0
ってのが出てきました。
「OS X ServerでL2TP VPN接続が機能しない問題を修正しました。」
だそうな。こちらもアップデートしておきました。

Posted by 封神龍(酒) at 13:47 | トらックバック

2013年11月13日

Mac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)のファイルサーバーでWinから接続したら共有違反でるのMac側が原因じゃなかった

先日、Mac miniの
Mac OS X Server v10.6.8 Snow LeopardをOS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)にアップグレード(2013年10月23日 (水曜日))
致しました。その後、VAIO Z(Windows 7 Pro)からのOS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)に保管されているファイルにアクセスして編集しようとすると共有違反とかその他エラーが出て上書きが出来ない状態でした(しょうがないので別の場所に一度保存し、それを元のファイルの位置に持って行って上書きというのをやっていました)。SMB接続で問題か?と。ファイルサーバー側のOS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)の方では特にそういう設定とかはなさそうだし、ログを見ても特に問題なさそうなんだよなぁ・・・と思っておりました。とりあえずアップデートしたら改善するかも?と思っておりまして先日
OS X 10.9 Mavericks向けOS X Server v3.0.1 Update(2013年11月12日 (火曜日))
が出たので適用して改善するか期待していたのですが駄目。で、共有違反などのエラーについて調べているとソフトの問題だったり、アンチウイルスソフトの問題だったり、みたいのがありまして、それを試してみることにしました。

Mac OS X Server v10.6.8 Snow Leopardの時は全然問題なかったので、てっきりサーバー側の問題だと思っていたのですが、いろいろ試してみると・・・・・

アンチウイルスソフトの仕業でございました・・・・Macサーバー側、ウインドウズ側両方ともESETを使っております。まずはMacサーバーのESETでリアルタイム保護を切って試すと駄目、逆にWindowsの方のESETのリアルタイムファイル保護を切ると・・・・問題なくファイル編集出来た・・・原因はこいつか!

-------2016/05/06 17:47追記---------
ESET Smart Security の変更点(V8.0.304→V9.0.349) | ESETサポート情報 | 個人向け製品 | キヤノンITソリューションズ
・ネットワーク共有上からプログラムなどを直接実行することができない場合の対処について
「サーバー側とクライアント側の両方に本製品を含むウイルス対策ソフトウェアが導入されている場合、共有された実行ファイルを利用する際に、サーバー側とクライアント側の両方の保護機能によってファイルが重複監視されるため、ファイルを実行できない場合があります。

本現象が発生する場合は、下記Webページを参考に、クライアント側にインストールされた本製品のリアルタイム検査設定で、ネットワークドライブの検査を無効にしてください。」
ひょっとしてこういう設定で回避できた?
ネットワークドライブの除外設定手順 | ESETサポート情報 | 個人向け製品 | キヤノンITソリューションズ
-------追記ここまで--------

サーバーのVerUPでいろいろと仕様が変わったのでしょうな・・・・・ただリアルタイム保護しながら編集したいなぁ・・・・

あと別の問題もあったわけですが
ESファイルエクスプローラーでMac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)へSMB接続(Windows共有)が出来ない(2013年10月27日 (日曜日))
こちらは認証部分の設定の問題なのでしょうから、また別の問題ね。今回のアップデートでもAndroid側のESエクスプローラーからSMBでアクセスは出来ませんでした。
ターミナルからのコマンドでの設定変更でいけそうなのですが、まだ試していません。

・・・・・という事でMac側のアップデートがきっかけではあったものの、直接の原因はウイルス対策ソフトのリアルタイム保護が原因だったという事で・・・・

Posted by 封神龍(酒) at 14:02 | トらックバック

2013年11月12日

OS X 10.9 Mavericks向けOS X Server v3.0.1 Update

本日、出ていたようです。
「プロファイルマネージャーの移行に関するいくつかの問題が修正されます。」とあります。
アップデートしてみたけど、ウインドウズファイル共有関係の問題は特に解決されていないっぽいなぁ。ファイルを開いたりすると相変わらず共有違反とかそういうのが出るし。
----2013/11/13 14:23追記----
Mac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)のファイルサーバーでWinから接続したら共有違反でるのMac側が原因じゃなかった(2013年11月13日 (水曜日))
きっかけはサーバーOSのアップデートでしたが、原因はクライアント側のようでした。お騒がせしました。
--追記ここまで--

・・・・・やはりサーバーOSアップデートは鬼門かというかそれはわかってるんだけど、毎回信じて騙される・・・そんな悪夢の循環に生きているのね・・・・・ソウルジェムが濁りそう・・・・とはいわないけども、ちょいとどうにかして欲しいな。
Mac OS X Server 10.3から10.5のアップグレード実行: YUU MEDIA TOWN@Blog
Mac OS X Server v10.5 LeopardをPowerMac G5に再インストール: YUU MEDIA TOWN@Blog
アップデートで失敗した過去もありますし・・・・でも、微妙な失敗なのかなんなのか、使いづらいだけで使えないわけじゃないのよね・・・・次のアップデートでの解決を期待します。

流石にログイン画面表示しているだけじゃ、自動アップデートはされていなかった。あくまでログインはしていないと
Mac OS X v10.6.8に比べソフトウェアアップデートがスマートになりましたな>OS X v10.9 Mavericks(2013年11月09日 (土曜日))
これは動かないようだ。

あと、アップデートしたあと、サーバーアプリを起動させてちゃんとアップデート処理が必要のようだ。一部サービスが動いていないから何かと思ったらサーバーアプリを起動すると移行処理というかアップデート処理が見つかった。

関連
ESファイルエクスプローラーでMac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)へSMB接続(Windows共有)が出来ない(2013年10月27日 (日曜日))
Mac OS X Server v10.6.8 Snow LeopardをOS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)にアップグレード(2013年10月23日 (水曜日))
OS X Server - Apple

Posted by 封神龍(酒) at 22:42 | トらックバック

2013年11月09日

Mac OS X v10.6.8に比べソフトウェアアップデートがスマートになりましたな>OS X v10.9 Mavericks

先日、ネットニュースでOS X v10.9 Mavericksのメールのアップデートが出ていたのでそれをアップデートしようかと思いましてアップデートを試みました。
システム環境設定から「ソフトウェアアップデート」を探すも見当たらない。Mac App Storeと統合された?という事でApp Storeをクリックするとやっぱりそのようで。
131109_02.jpg
・アップデートを自動的に確認
にチェックがついておりましてその下の
・新しいアップデートをバックグラウンドでダウンロード
*インストールの準備ができたら通知されます
・アプリケーションアップデートをインストール
・システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール
に標準でチェックがついておりました。
・他のMacで購入したアプリケーションを自動的にダウンロード
にはチェックがついておりません。

アップデートを今すぐ確認のボタンを押すと
OS X v10.9 Mavericks ソフトウェアアップデート
既にメールの件も含め、アップデートが完了しておりました。
10.6.8に比べるとだいぶスマートになっておりますね。自分でアップデート内容を確認してからアップデートしたい、という方はチェックを外しておいた方がよさそうですが、一般の方ならデフォルトで自動アップデートの方がよいでしょうね。
iOS 7も標準ではそういう設定でしたっけ。

今回アップデートされていたのは
・メールアップデート(Mavericks用)Ver 1.0
このアップデートにより、安定性およびGmailとの互換性が改善されます。カスタムのGmail設定をお使いのユーザー向け修正も含まれています。


このあたり、改善されてるのかな?

・iBook アップデート Ver 1.0.1
このバージョンのiBooksには、バグ修正と、パフォーマンスおよび安定性の改善が含まれます。
・iTunes Ver 11.1.3
このバージョンのiTunesではイコライザが予期したとおりに動作しない問題が解決され、大きなiTunesライブラリで表示を切り替える際のパフォーマンスが改善されます。このアップデートにはこれらのほかに小さな問題の修正も含まれます。
・Application Loader Ver 2.9.0
Application LoaderではApp Storeに登録するAppを準備して送信できます。また、Appのアドオンを作成することもできます。Application LoaderはXcodeに含まれている他、iTunes ConnectのManege Your Applicationsモジュールから別途ダウンロードすることもできます。

というのが適用されていました。

関連
アップル、「OS X Mavericks」の「Mail」をアップデート--「Gmail」との互換性も改善 - CNET Japan

Posted by 封神龍(酒) at 18:47 | トらックバック

2013年10月27日

ESファイルエクスプローラーでMac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)へSMB接続(Windows共有)が出来ない

先日、Mac miniのMac OS X Server v10.6.8 Snow LeopardからMac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)へアップグレードしました。
Mac OS X Server v10.6.8 Snow LeopardをOS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)にアップグレード(2013年10月23日 (水曜日))
アップグレードはうまくいき、Windows 7を搭載したVAIO Zからも普通にファイル共有領域にSMB接続出来た事から特に問題なくアップデート出来たと思っていました。

今日、Android 4.0.3のタブレット「ソニータブレットS」から何気にESファイルエクスプローラーを使い、Mac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)のSMBでの共有領域にアクセスした所、IDとパスワード入力画面が出て、正しい値を入れてもログイン出来ない。アップグレード前の10.6の時は何もなくアクセス出来ていたのに。

しかしWindows 7は普通にログイン出来て、他のOSやアプリでは駄目というと認証の部分が何かひっかかってるのかな・・・・
Lion の SMB サーバに接続するときの認証の問題
10.7の時の問題だけどドメインとかワークグループ名\ユーザー名とか入力しなきゃ駄目、みたいなも音大ですが10.7.2では解消。10.9になって復活になったかな?と思いテストしてみましたがこれじゃないね。

となるとNTLMvあたりが怪しいか?ググると
じゃぁ Android と Windows デスクトップでどうするの? | pon @ h.e.r.m.
「Windows Vista 以降は NTLMv2(Windows NT LAN Manager 認証 version 2) を標準で使用するようになっているのですが、ES ファイルエクスプローラーは SMB で NTLM(同じく version 1) か LM(NT じゃない) を使用するらしいのです。」
なるほど。となるとMac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)のSambaはNTLMv2のみサポートしてNTLMv1は未サポートだったりする?
・・・・ってあれ?
【 Lion Server 】Mac OSX LionでWindows7とSMB接続 | MotionWorks.JP
「OSX LionではSambaが廃止され、Apple独自のSMBに変更されました。
LionではレガシーなNTドメインが利用できなくなり、smb.conf等で設定することが不可能になっています。」
マジか。今、Sambaじゃないのか。

GUIでグラフィカルに設定出来る場所にそんなの調べる場所はなさそうでございましてそうなるとターミナルからのコマンドラインで設定か?
gss(5) Mac OS X Manual Page
この辺をコマンドでいぢればいいのか?適当に打ってたらWindowsからもアクセス出来なくなったのでとりあえず元に戻したw

とりあえず時間ある時にいじろうか・・・・とりあえずESファイルエクスプローラーからアクセスしたければFTPで接続すればいいし。アップグレード時にFTPでログインした際のマウント場所が変わっていたので再設定しました。

----2013/12/14追記----
新・OS X ハッキング! (110) MavericksにしたらNASがおかしい、そんなときの対策 | マイナビニュース
SMB2が優先使用される様になったOS X Mavericksのファイル共有でSMBプロトコルを優先にする方法まとめ。
やはりSMB2、SMB1の認証周りというのが問題というのは間違いなさそうだ。Mac OS X側がクライアントでNASがサーバーでそのサーバーに接続する際の問題は上記方法で解決しそうだ。
このエントリで書いてるのはMac OS X側がサーバーでAndroidファイル取扱アプリ、ESファイルExplorerで接続する方法の解決を模索しているので、OS Xの方の設定を変えなければならないんだよなぁ。
ESファイルではcifs://という入力での接続は出来ないので・・・smb://だけみたい。
サーバーもしくは単なるOS Xアップデートでなんとか解決するもしくは設定画面を追加してくれないものか。
----追記ここまで----

関連
ヤマハルーターNVR500のVPNサーバーにiPhone 5からアクセス(2013年01月06日 (日曜日))
Mac OS XのWindows共有機能(Samba 3+α)(2006年05月08日 (月曜日))
ソニータブレットからファイルサーバーへ接続してファイルを見たい(2011年09月18日 (日曜日))

Posted by 封神龍(酒) at 17:38 | トらックバック

2013年10月23日

Mac OS X Server v10.6.8 Snow LeopardをOS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)にアップグレード

本日、無償で公開する事が発表されたMac向け次世代OSのOS X v10.9 Mavericks。
MacのOS X v10.9 Mavericks(マーベリックス)が無償公開、Mac OS X v10.6 Snow Leopardからも直接アップデート可(2013年10月23日 (水曜日))
Snow Leopardからも直接アップデート可能、それでいて無償というのもありMac miniに搭載されているMac OS X Server v10.6.8 Snow Leopardからアップグレードを検討致しました。
バックアップはタイムマシンになされているし、少し時間も取れそうだったのでもうアップグレードする事にしました。ファイルサーバー兼いろいろテスト機も兼ねていてあんま特殊な環境でもないというのもその理由でございます。
Mac OS X v10.6 Snow Leopard Server搭載のMac mini(MC408J/A)購入!(2010年02月17日 (水曜日))
こちらに搭載されている10.6 Serverを10.9 Serverにします。
・・・ちなみに、あんまりMac OS X系列のアップグレードは良い経験がありません。というかだいたい良くないのがわかっているからクリーンインストールする、もしくはもう新規の環境を導入するため、新しいマシンを買うとかそういうのが多いです。
Mac OS X Server 10.3から10.5のアップグレード実行(2007年12月21日 (金曜日))
Mac OS X Server 10.3から10.5にアップグレードした時の話です。結局、いろいろ不具合があり、設定の引き継ぎとかもよくなかったのもあり、
Mac OS X Server v10.5 LeopardをPowerMac G5に再インストール(2008年07月11日 (金曜日))
結局、クリーンインストールする事になりました。

今回のアップデートにおいての懸念事項は
Mac OS X 10.8 (Mountain Lion) で32bitカーネル捨てて真の64bit OSへ?(2012年07月13日 (金曜日))
これ。10.9は多分、64bitカーネルしかないよね?ドライバ類とか大丈夫かいな?と。まあ今、繋げている周辺機器は外付けHDDとScanSnap S1500
本や書類が捨てられない方向け 富士通「ScanSnap S1500 / FI-S1500」(2009年07月29日 (水曜日))
ドキュメントスキャナー ScanSnap S1500をMac miniのMac OS X Server v10.6.6で使う(2011年02月09日 (水曜日))
だけですから調べる事も容易。
ScanSnap OS X v10.9(Mavericks)の対応について : 富士通
S1500は大丈夫ですね。結論的にはScanSnap、なんもアップデートしなくても使えた。ただ少し動作が遅い気がするので最新版のを入れておいた方が良さそうね。

ATOKも対応しているし、アンチウイルスソフトのESETも対応しているようだ。実際にアップグレードしてからも使えました。

という事でまずはアップグレードの準備です。サーバーOSのアップグレードに関しては
OS X Server:アップグレードおよび移行
を見る限り、設定ファイルなどはそのまま引き継がれるようだ。

移行アシスタントアップデート(Snow Leopard用)(2013年10月23日 (水曜日))
まずはこちらのアップデートを実施し、タイムマシンのバックアップもしておきます。
さようなら、Mac OS X Server v10.6.8 Snow Leopardのデスクトップ
さようなら、Mac OS X Server v10.6.8 Snow Leopardのデスクトップ。

念のため再起動をかけてからMac App Storeで
OS X Mavericks(Mac App Store)
のダウンロード開始。容量は約5.3GBと膨大です。ダウンロードしている最中に外で飯を食ってたので1時間半の間にはダウンロードは終わっていたと思う。

という事でアップデート開始。
アップグレードの操作をしているといくつか質問事項や説明メッセージが。
「The installer found recently used PowerPC apps on your Mac.
These apps will not run on OS X Mavericks.

choose Continue to install OS X Mavericks, or Cancel to stop installation.」
PowerPCアプリ、動かなくなるけどいいのけぇ!?という事みたいですがOKなので進みます。

「OS X Mavericksでは、OS X Server バージョン3がサポートされます。このボリュームにMavericksをインストールすると、Mac App StoreからOX X Server バージョン3を購入してインストールするまで現在のサーバー機能が無効になります。」
というのも表示されます。これもOK。

アップデートが始まってからは残り時間がxx分とか表示されるけど長くなったり短くなったりあまりあてにならんな。でも55分ぐらいでだいたい終わったと思う。残り1分未満になってからが長いな。10分ぐらい待ったんじゃないか・・・・?

アップデートが終わり再起動。
今度はOSの設定に入ります。まあApple IDの設定とかそういうの。

そしたら見事にログイン画面に。あれ?IDとパスワード入力画面じゃなくて、ユーザーが表示されている。そうか、サーバーOSじゃないからな、現時点では。とりあえずいつも使っていたユーザーを選択し、パスワードを入力してログイン。

解像度がなんか少し合わない感じ。ディスプレイには
東芝 REGZA 26RB2をMac mini(MC408J/A)のディスプレイとして使う(2011年06月17日 (金曜日))
を使っております。自動設定だとうまくあわないみたいなので手動で解像度を設定しました。

OS X v10.9 Mavericksにアップデートしたて
アップデートしたてだと、Dockに前のサーバー管理ツールとかワークグループマネージャーのなごりの?が残っていますな。とりあえずそれらは削除。

お次にサーバーOSの導入です。
OS X Server - Apple
2000円でMac App Storeで購入出来ます。なんかインストール押してダウンロード終わったのかよくわからん表示でアップグレードとか表示になったり何度かボタン押してたらインストールされたようだ。
アプリケーションフォルダにServerってアプリがあるのでそちらをダブルクリックすると前OSの設定を引き継いで設定されます。

設定が完了されてからファイルサーバーとして使えるか試しましたが、10.6の時と同様に使えました。設定の引き継ぎなどはちゃんと出来ているようだ。アカウントなどもちゃんと移行されていました。今回のはアップデート、比較的不具合なさそうか?

Mavericks、アップデート終わったらSpotlightの索引作成に入りましたね。数十時間の表示なのでしばらくは快適な動作は期待出来ないか。

今の所は普通に使えておりますが、使ってみて不具合ないか見ていこうかと思います。
でも今のMac miniで最新OSにアップデートする事になるとは思わなかったな・・・・

アップデートして見るとSafariのユーザーエージェントは
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_9) AppleWebKit/537.71 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Safari/537.71
か。

OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)
OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)画面。

OS X Server 3.0のサーバー管理ツールも
OS X Server 3.0のサーバー管理ツール
そこそこGUIで設定出来ますな。
多くの作業がGUIでは行えなくなったMac OS X 10.7 Lion Server(2012年01月03日 (火曜日))
10.7だとそんな感じだったらしいのですがFTPとかWebとか普通にGUIで設定出来ますな。

Web系サーバー環境も
Apache/2.2.24 (Unix) PHP/5.3.26
ruby 1.8.7 (2012-02-08 patchlevel 358) [universal-darwin10.0]
This is perl, v5.10.0 built for darwin-thread-multi-2level
PHP 5.3.26 (cli) (built: Jul 7 2013 18:30:38)
だったのが当然ながらアップデートしていまして
ruby 2.0.0p247 (2013-06-27 revision 41674) [universal.x86_64-darwin13]
This is perl 5, version 16, subversion 2 (v5.16.2) built for darwin-thread-multi-2level
PHP 5.4.17 (cli) (built: Aug 25 2013 02:03:38)
ですもんね。

サーバーOSの環境であるブログとかは情報、引き継がれていました。

AndroidタブレットのソニータブレットSのESファイルエクスプローラーからSMBで接続しようとしたら接続出来なくなった。
ESファイルエクスプローラーでMac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)へSMB接続(Windows共有)が出来ない(2013年10月27日 (日曜日))
とりあえずFTP接続に切り替えて使う事にしました。

あとWindows 7で使っていてもサーバーに置いてあるファイルをDreamweaverで開いたりするとファイルの共有違反が発生したり、メモ帳でファイル開いてもプロセスが開いていて上書き出来ませんとか出るな。これはなんだろな・・・ファイルのドラッグアンドドロップでの上書きとか、そういうのは大丈夫なんだけど・・・
--2013/11/13 14:17追記--
Mac OS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)のファイルサーバーでWinから接続したら共有違反でるのMac側が原因じゃなかった(2013年11月13日 (水曜日))
ファイル共有の問題はサーバー側の問題ではなく、クライアント側の問題でした。解決しました。
---追記ここまで---

あとファイルを新規作成するとユーザー名の権限はついているけど、別途つけているグループの名前がつかないな・・・・これだと他の同じグループのユーザーが編集できない・・・・sambaだと最悪テキストいじってどうとかできたけど、OS X独自のSMBになってるからそういうところの情報では修正できないよね・・・また調べてみるか・・・

関連

Posted by 封神龍(酒) at 22:50 | トらックバック

Mavericksに対応したiTunes 11.1.2

アップルからマーベリックスに対応したiTunes 11.1.2がリリースされてます。ファイルサイズは91.1MB。
「このバージョンで OS X Mavericks に対応しました。また、対応言語にアラビア語およびヘブライ語が追加され、パフォーマンスと安定性が向上しています。

以前のバージョンの iTunes の主な新機能は以下の通りです:

iTunes Radio:iTunes Radio は、お気に入りの音楽に出会える新しい画期的なサービスです。公開されている数百ものステーションの中から選んだり、お気に入りのアーティストや曲から新しいステーションを作成してお楽しみいただけます。iTunes Match に登録すると、iTunes Radio を広告なしでご利用いだたけます。
Genius シャッフル:ミュージックライブラリの新しい素敵な楽しみ方をお届けします。“Genius シャッフル”を選択すると、相性のよい曲をその場で自動的に選曲して再生します。クリックするたびに新たに選曲し直します。かつてないほど簡単に音楽を楽しめます。
Podcast ステーション:お好きな Podcast のカスタムステーションを作成できるようになりました。ステーションは新しいエピソードが追加されると自動的にアップデートされます。ステーション、登録済み Podcast、再生位置は、iCloud 経由で“Podcast”App に同期されます。
iOS 7 と同期:iTunes を使って、お気に入りの音楽や映画などを iOS 7 搭載デバイスに同期できるようになりました。また、App を整理して iPhone、iPad、iPod touch に同期する作業が一層簡単になりました。
注意:OS X Mavericks をご使用の場合、ブックライブラリは iBooks for Mac に表示されるように変更されました。

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください: support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP」
がアップデート内容。

Posted by 封神龍(酒) at 14:09 | トらックバック

移行アシスタントアップデート(Snow Leopard用)

という事で
MacのOS X v10.9 Mavericks(マーベリックス)が無償公開、Mac OS X v10.6 Snow Leopardからも直接アップデート可(2013年10月23日 (水曜日))
10.6も10.9に直接アップデートできるようになりました。
そのためのアップデートで
・移行アシスタントアップデート(Snow Leopard用)v1.1
というアップデートが出てきました。これは10.7や10.8用もあるのかな?ファイルサイズは2.4MB。
「このアップデートでは、OS X Mavericks を実行中の Mac に移行するための互換性が提供されます。」
と表示されています。

私のMac miniに入っているのはMac OS X Snow Leopard Server v10.6.8でございます。
「サーバー管理」→「サーバーアップデート」を見ると「Migration Assistant Update for Snow Leopard」というのが出てきました。
「This update provides compatibility for migrating to a Mac running OS X Mavericks.」
。ファイルサイズは2.3MB。ってあれ?アップデートしようと思ったら消えた。インストールのボタン押してもなんかアップデートの適用がされた感じがしない気がしたので他の画面を見ていて戻ったらなくなってた。ソフトウェアアップデートの奴でOKだったのかな?

それとは別にApple Remote Desktop クライアントアップデート 3.5.4 ってのも出てきたな。
「3.5.4 アップデートは、すべての Apple Remote Desktop クライアントにお勧めします。このアップデートでは、全体的な信頼性、使用性および互換性の問題が解決されています」
で3.7MB。まだ10.6もこういうサポートするんだ。

Posted by 封神龍(酒) at 11:04 | トらックバック

MacのOS X v10.9 Mavericks(マーベリックス)が無償公開、Mac OS X v10.6 Snow Leopardからも直接アップデート可

本日から:アップルが最新OS X「Mavericks」を無料配信 - ITmedia PC USER
アップル、「OS X Mavericks」を無料で提供開始 - CNET Japan
アップルがMac向けの最新OS「OS X Mavericks」を公開しました。アップデートはなんと無償で、
OS X Mavericks(Mac App Store)
OS X Mavericks(Mac App Store)
Mac App Storeより無償ダウンロード、アップデートができます。約5.3GB。

びっくりしたのがだいぶ古いが一応サポートは続けているMac OS X v10.6.8 Snow Leopardからの直接アップグレードにも対応しているという事。ハードに関しても
・MacBook (Late 2008アルミニウム、およびEarly 2009以降)
・MacBook Pro (Mid/Late 2007以降)
・MacBook Air (Late 2008以降)
・iMac(Mid 2007以降)
・Mac mini (Early 2009以降)
・Mac Pro (Early 2008以降)
・Xserve (Early 2009)
とだいぶ古いものにも対応しています。
ちなみに我が家の
Mac OS X v10.6 Snow Leopard Server搭載のMac mini(MC408J/A)購入!(2010年02月17日 (水曜日))
2010年ですから十分に対応してるね。

このアップデートをもって、10.6.8へのサポートは終了するって事でしょうね。前の10.8 Lionのアップデートはまず、10.7にアップデートしてから10.8に、と面倒なタイプだったじゃない?それが最新OSへのアップデートは容易になるような仕組みを用意するからとっととアップデートせいや、という事なのでしょうね。

ただ気になるのは
Mac OS X 10.8 (Mountain Lion) で32bitカーネル捨てて真の64bit OSへ?(2012年07月13日 (金曜日))
OS Xは10.8で32bitカーネルを捨て、完全64bitOSになっているはずでございまして・・・・・
「マシン本体のCPUが32bitだろうが64bitだろうが32bitのEFIファームウェアだろうが問題なかったようですがMac OS X 10.8 (Mountain Lion)は>OS X 10.8が64ビット専用のOSであり、>32ビットモードでは起動できないことに起因している。」
という事でハードもだいぶ前のから対応になっているけども、CPUはまあこの頃の奴だと64bit対応だからいいとしても、EFIとか大丈夫なのかね?そのせいで、64ビット化したOSでも大半の機種が当時は32bitカーネルで動作していたわけで。
真の完全64bitOS Mac OS X v10.6 Snow Leopard、実は大半の機種でデフォルトは32bitカーネル?(2009年08月22日 (土曜日))
私のMac miniの「このMacについて」→「詳しい情報」→「ソフトウェア」では「64ビットカーネルと拡張機能」は「いいえ」になっております。これ、10.9にアップデートしたら「はい」になるのかな?

で、64bitにカーネルがなるとデバイスドライバとかまあそういう系統のが対応していなければ動かなくなってしまいますし、そこがちょいと気になる点・・・といっても繋いでいる周辺機器は外付けHDDとScanSnapぐらいでございますのでそちらの対応状況次第ではアップデートしてみようかな。
・・・・人柱さん達の報告が世の中に出回るのを待ち、不具合解消してから・・・・サーバー機なのでよっこらせ、とアップデートは厳しい。・・・・タイムマシンでバックアップとってるからダメ元でという手もありますがね。使っているのは私だけだから他には迷惑かからんし。

ちなみにサーバーOSの方は10.9にアップデートした後、Server機能だけを有償で購入する必要があります。
OS X Server - Apple(Mac App Store)
お値段2000円。ファイルサイズは223MB。

という事でアップデートしてみました結果は
Mac OS X Server v10.6.8 Snow LeopardをOS X v10.9 Mavericks(OS X Server 3.0)にアップグレード(2013年10月23日 (水曜日))
こちら。

アップデート内容としては主なものは
-----------------------------------------
200を超える新機能が加わったOS X Mavericks。MacにマップとiBooksが、そしてFinderタブとタグが登場しました。マルチディスプレイのサポートも強化し、まったく新しいバージョンのSafariも内蔵しています。世界で最も先進的なコンピュータのオペレーティングシステムの最新バージョンであるOS X Mavericksは、画期的な電力効率と処理速度を生み出す、新しいコアテクノロジーも持っています。

iBooks
• iBooks Storeから本をダウンロードして読むことができます。
• iCloudがあなたのすべてのデバイス上で今読んでいるページを記憶するので、いつでも以前読んでいた所に戻れます。
• インタラクティブな機能、図、写真、ビデオなどを収録したマルチタッチブックを、スワイプだけで見ていくことができます。
• ほかのアプリケーションを使いながら、複数の本を開いておくことができます。レポート作成や調べものをしたい時に最適です。

マップ
• MacからiPhoneに道順を送信し、移動中にiPhoneの音声によるルート案内機能を使うことができます。
• 一部の都市はFlyoverに対応しているため、写真のようにリアルで美しい3Dで眺めることができます。
• 詳しい道順や代替ルートも確認できます。
• マップのローカル検索で、レストラン、ショップ、そのほか気になる場所を検索できます。

カレンダー
• 洗練された新しいイベントインスペクタを使って、新しいイベントを瞬時に作成できます。
• 住所のオートコンプリートで、イベントの場所をすばやく入力できます。
• いつ頃出発したらよいか確認できるよう、徒歩または車での移動時間をイベントに追加できます。
• イベントが行われる場所の地図を見たり、当日の天気予報を確認することもできます。
• カレンダーで休日やFacebookのイベントを見ることができます。

Safari
• 共有リンクを使って、あなたがTwitterやLinkedInでフォローしている人たちが投稿した新しい、面白いリンクを見つけることができます。
• エネルギー効率を向上させる新しいコアテクノロジーを組み込んだため、さらに長い時間ネットサーフィンを楽しめます。
• 新しいサイドバーからブックマーク、リーディングリスト、共有リンクに簡単にアクセスできます。
• 新しい追跡防止機能を使ってオンラインでのプライバシーを保護できます。

iCloudキーチェーン
• もうパスワードを記憶する必要はありません。あなたの代わりにiCloudキーチェーンがパスワードを入力します。
• ウェブサイトのパスワード、クレジットカード番号、Wi-Fiのパスワードを、あなたが信頼しているすべてのデバイスで最新の状態に保ちます。情報は強力な256ビットAESで暗号化されるので、とても安全です。
• メール、連絡先、カレンダー、そのほかのインターネットアカウントに一度サインインすると、iCloudがこれらの情報をあなたのすべてのMacコンピュータにプッシュします。

マルチディスプレイ
• ただつなぐだけで、あなたのMacで2台目のディスプレイが使えます。設定は必要ありません。
• それぞれのディスプレイ上でDockとメニューバーにアクセスできます。
• ディスプレイのいずれか、またはすべてでアプリケーションをフルスクリーン表示できます。
• Apple TVがあれば、ハイビジョンテレビを2台目のディスプレイとして使うこともできます。

通知
• 今使っているアプリケーションを離れずに、通知から直接、Eメールやメッセージに返信できます。
• FaceTimeビデオ通話の着信通知には、iMessageで返信することも、かけ直し用リマインダーを設定することもできます。
• Safariが起動していない時でも、ウェブサイトからの通知を受け取れます。

Finderタブ
• 複数のFinderウインドウを一つにまとめることでデスクトップを整理できます。
• ドラッグ&ドロップするだけで、ファイルをタブからほかのタブへ移動できます。
• それぞれのタブでアイコン、リスト、列のカスタム表示を選べます。
• すべてのファイルやフォルダを整理したり、それらにアクセスしたい場合は、フルスクリーン表示のFinderでタブを使いましょう。

タグ
• iCloudとMacのどちらにあるファイルも、タグを使って整理できます。
• 書類には必要なだけタグをつけられます。
• Finderのサイドバーでタグをクリックすると、そのタグがついているすべてのファイルを表示できます。

先進のテクノロジー
• エネルギーを節約するOS X Mavericksのコアテクノロジーにより、一回の充電でより長い時間ネットサーフィンができるようになりました。
• iTunesのHDビデオを再生する際のエネルギー効率が向上したので、コンセントにつないでいない時も、より多くのビデオを見ることができます。
• エネルギー消費量を減らせるよう、App Napが使っていないアプリケーションを制御します。

iPhone、iPad、iPod touchでiCloudキーチェーンを利用するにはiOS 7.0.3が必要です。

Apple TVとハイビジョンテレビを使ったマルチディスプレイ表示には、Apple TV(第2世代以降)、iMac(Mid 2011以降)、Mac mini(Mid 2011以降)、MacBook Air(Mid 2011以降)、MacBook Pro(Early 2011以降)、Mac Pro(Late 2013)が必要です。

一部の機能にはApple IDと対応するインターネットアクセスのいずれか、または両方が必要であり、追加料金と利用条件が適用されます。
-----------------------------------------

OS X Server 10.9は
-----------------------------------------
OS X Serverは、Appleの定評あるサーバソフトウェアの次世代バージョンです。OS XとiOSデバイスのために作られたOS X Serverを使えば、ファイルの共有、会議の設定、連絡先の同期、ソフトウェアの開発、ウェブサイトのホスティング、Wikiの公開、Mac、iPhone、iPadデバイスの構成、ネットワークへのリモートアクセスなどが簡単になります。

Serverは単体のアプリケーションなので、Mac App StoreからダウンロードしてMavericksに直接追加するだけで、すぐに使い始めることができます。Mavericksを搭載したMacを、誰でもすばやく簡単に、ホームオフィス、企業、学校、開発者、趣味のグループなどに最適なサーバに変えることができる。それがOS X Serverです。

ファイル共有
• Mac、Windows PC、iPadでファイルを共有
• 標準ベースのSMB2、AFP、WebDAVファイルサービスに対応
• 柔軟なファイルアクセス権
• Spotlight検索

プロファイルマネージャ
• MacとiOSデバイス用のモバイルデバイス管理
• iOS 7およびOS X Mavericksの簡素化された管理と配備
• Volume Purchase Programで購入し、所属団体にライセンスされるAppとブックの配布
• ウェブベースの管理コンソール
• パスコードの解除、リモートロックとリモートワイプができるセルフサービスのユーザポータル

キャッシュサーバ
• Appleから配布されるソフトウェアのダウンロード速度が向上
• App、ブック、iTunes U、ソフトウェア・アップデート、OS X復旧イメージをローカルにキャッシュ
• 複数のサーバでのキャッシュの複製と負荷分散による耐障害設計
• クライアント構成が不要

Xcode Server
• Xcode 5を使用して、OS X Serverを実行する任意のMacでビルド、分析、テスト可能な継続的インテグレーションボットを作成
• インテグレートを指定した時間に行うか、コードがリポジトリにコミットされるたびに継続的に行うようにボットを構成
• OS XおよびiOSのアプリケーションを接続された複数のiOSデバイス上で実行するテストを自動化
• OS X Server上に独自のGitリポジトリをホスティングするか、リモートGitまたはSubversionのホストに接続
• ウェブインターフェイスを使用して詳細なインテグレーションの概要とナイトリービルドにリモートアクセス

Time Machine
• ネットワーク上にあるMacのためのバックアップ先を提供
• バックアップ対象コンピュータ、最後のバックアップ日時、およびバックアップサイズを監視
• ユーザが使用可能なTime Machineストレージ容量を制限

カレンダーサーバ
• カレンダーの共有、会議やイベントの設定、会議室の予約
• 標準ベースのCalDAVサーバがMac、iPad、iPhone、Windows PCからのアクセスに対応
• カレンダーの照会で空き時間状況を表示
• Eメールによる参加依頼とプッシュ通知

連絡先サーバ
• Mac、iPad、iPhoneの間で連絡先を同期
• 複数のユーザによる連絡先へのアクセスと更新を許可
• 標準ベースのCardDAVサーバ

Wikiサーバ
• フォーマットの変更、画像、ムービー、添付ファイルの挿入をポイント&クリックで行えるページ編集
• アクセスコントロール
• タグとコメント
• 変更履歴
• 書類の共有
• クイックルックプレビュー

メールサーバ
• 標準ベースのSMTP、IMAP、POPサーバ
• プッシュ通知
• SSL暗号化
• 適応型の迷惑メールフィルタ
• ウイルス検出と隔離

仮想プライベートネットワーク
• ネットワークサービスのためのリモートアクセス
• Mac、iPad、iPhone、Windows PCに対応する暗号化VPN接続

Xsan
• 読み取り/書き込みの同時アクセスに対応するブロックレベルのSANファイル共有
• Xsanボリュームのホスティングと構成
• ボリューム管理、ストレージプール、ストリッピング、ボリュームマッピング
• リアルタイムの監視、グラフ表示、イベント通知
• メタデータコントローラのフェイルオーバーとファイルシステムのジャーナル記録

Serverアプリケーション
• ローカルおよびリモート管理
• ユーザとグループの設定
• サーバの使用状況をリアルタイムでグラフ表示
• ネットワークの変更、証明書の有効期限切れ、ストレージの使用状況などについての警告を受信

OS X Serverには、そのほかにも優れた機能がいろいろ
• ネットワーク全体でOS Xのインストールとアップグレードを自動化するNetInstall
• 複数のウェブサイトのホスティングに対応するWebサーバ
• 組織内のインスタントメッセージングを暗号化するメッセージサーバ

一部の機能には、Apple IDまたはインターネットアクセス、 あるいはその両方が必要です。その場合、追加料金および条件が適用されます。一部の機能にはプログラム登録が必要です。機能によってはご利用になれない国があります。
-----------------------------------------
となっています。

Posted by 封神龍(酒) at 09:45 | トらックバック

2013年10月19日

Java for Mac OS X 10.6 アップデート 17

Apple、Mac版Java SE 6のアップデートを公開 - ITmedia エンタープライズ
という事でMac OS X v10.6向けにもアップデートが出ています。
------------------------------------
Java for Mac OS X 10.6 アップデート 17 で Java SE 6 を 1.6.0_65 にアップデートすることにより、セキュリティ、信頼性、および互換性が向上します。このアップデートにより、Safari 5.1.9 以降の Java プラグインを Web サイトごとに制御できるようになります。

このアップデートをインストールする前に、Web ブラウザと Java アプリケーションを終了してください。

このアップデートについて詳しくは、http://support.apple.com/kb/HT5946?viewlocale=ja_JP をご覧ください。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP をご覧ください。
------------------------------------
ファイルサイズは72.7MB。

アップルはマジでサポートポリシーを明確にして欲しい。10.6は10.9出たらサポート打ち切られるの?

Posted by 封神龍(酒) at 22:02 | トらックバック

2013年09月19日

iOS 7に対応したiTunes 11.1.0

まだMac OS X 10.6.8でも最新VerのiTunes使えるのですね。
ということで11.1.0が出ました。

------------------
このバージョンの iTunes では、次のような新機能をお使いいただけます:

iTunes Radio:iTunes Radio は、お気に入りの音楽に出会える新しい画期的なサービスです。250 を超えるステーションから選んだり、お気に入りのアーティストや曲から新しいステーションを作成してお楽しみいただけます。iTunes Match に登録すると、iTunes Radio を広告なしでご利用いだたけます。
Genius シャッフル:ミュージックライブラリの不思議な新しい体験をお届けします。“Genius シャッフル”を選択すると、相性のよい曲を即興でセレクトして再生してくれます。クリックするたびに新しいセレクトで聞くことができます。今まで経験したことのない音楽体験を手軽に楽しむことができます。
Podcast ステーション:お好きな Podcast のカスタムステーションを作成できるようになりました。ステーションは新しいエピソードが追加されると自動的にアップデートされます。ステーション、登録済み Podcast、再生位置は、iCloud 経由で“Podcast”App に同期されます。
iOS 7 と同期:iTunes を使って、お気に入りの音楽や映画などを iOS 7 搭載デバイスに同期できるようになりました。また、App を整理して iPhone、iPad、iPod touch に同期する作業が一層簡単になりました。
注意:OS X Mavericks をご使用の場合、ブックライブラリは iBooks for Mac でお使いいただけます。

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP をご覧ください。
------------------
ファイルサイズは140.7MB。

Posted by 封神龍(酒) at 20:55 | トらックバック

2013年09月14日

Mac OS X Server v10.6.8向け「セキュリティアップデート 2013-004」と「OS X Snow Leopard 用 Safari 5.1.10」

二つのアップデートが出てきた。
「セキュリティアップデート 2013-004 をすべてのサーバに推奨します。このアップデートを適用すると Mac OS X のセキュリティが向上します。

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP」
427.6MB。主にオープンソース系のソフトのアップデートですかね。10.9が出たらセキュリティアップデート、止まっちゃうのかな?

「OS X Snow Leopard 用 Safari 5.1.10 には、セキュリティの修正が含まれ、すべての Snow Leopard ユーザに推奨されます。

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP」
50.6MB.

Safariもまだアップデートするか。あれ?5.1.10とか書いてあるのにアップデートしてユーザーエージェント見ると
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_6_8) AppleWebKit/534.59.10 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.9 Safari/534.59.10
だな。???まあ脆弱性の問題解決しているならええけど。

関連
Apple、「OS X Mountain Lion 10.8.5」公開、脆弱性の修正など -INTERNET Watch

Posted by 封神龍(酒) at 19:07 | トらックバック

2013年08月18日

iTunes in the Cloudの問題を改善したiTunes 11.0.5リリース

アップルが
「このアップデートでは、iTunes in the Cloud で購入した項目の一部が予期せずダウンロードまたは再生されてしまう問題が解決します。」
の問題を修正したiTunes 11.0.5がリリースされております。ファイルサイズは10.6対応版だと42.9MB。

Posted by 封神龍(酒) at 00:12 | トらックバック

2013年07月07日

ATOK 13をMac OS X Server v10.6.8にインストール

Mac miniにインストールされているMac OS X Server v10.6.8ですがまあサーバー機という事であんま入力作業とかもしないしで入力環境には時に力を入れていませんでした。そもそも
110617_03.jpg
前はこんな感じで画面見上げるような感じになっちゃうからね。

で、今は画面も普通に見やすい位置になりましたので。

Mac OS X v10.6でもまだサポートしてくれるのは嬉しいね。ATOKは10台まで使えるpassportを使っています。

関連

Posted by 封神龍(酒) at 11:06 | トらックバック

2013年07月03日

セキュリティアップデート 2013-003

アップルがMac OS X 10.6向けにセキュリティアップデート 2013-003がリリースされています。QuickTimeの脆弱性修正のようですね。
----------------------------------------
セキュリティアップデート 2013-003 をすべてのサーバに推奨します。このアップデートを適用すると Mac OS X のセキュリティが向上します。

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP
----------------------------------------
Mac OS X Serverだとファイルサイズは425.8MB。

Posted by 封神龍(酒) at 09:58 | トらックバック

2013年06月30日

Mac OS X v10.6向けに「Java for Mac OS X 10.6 Update 16」

Apple、Mac向けのJavaアップデートを公開 旧版提供を継続 - ITmedia ニュース
Apple、Mac OS用Java SE 6のセキュリティアップデートを公開 -INTERNET Watch
という事でジャバのアップデートです。
-----------------------
Java for Mac OS X 10.6 Update 16 で Java SE 6 を 1.6.0_51 にアップデートすることにより、セキュリティ、信頼性、および互換性が向上します。このアップデートにより、Safari 5.1.9 以降内の Java プラグインを Web サイトごとに制御できるようになります。

このアップデートをインストールする前に、Web ブラウザと Java アプリケーションを終了してください。

このアップデートについて詳しくは、http://support.apple.com/kb/HT5744?viewlocale=ja_JP をご覧ください。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP をご覧ください。
-----------------------
とあります。ファイルサイズは72.6MB。

「Snow LeopardはJava 7への更新ができず、AppleとOracleがいつまでJava 6の更新版の提供を続けるのかも分かっていない。」
本当、いつまでサポートしてくれるんですかね?

Posted by 封神龍(酒) at 23:00 | トらックバック

2013年06月11日

アップルがWWDC 2013でiOS 7、 OS X 10.9 Mavericks(マーベリックス)、新MacBook Air、新Mac Pro発表

速報:アップル WWDC 2013基調講演。iOS 7、OS X Mavericks、新MacBook Air、新Mac Pro発表 - Engadget Japanese
速報:iOS 7発表「iOSの最大の変更」ティム・クックCEO【更新】 - Engadget Japanese
速報: iCloudキーチェーン発表 - Engadget Japanese
速報: 次期 OS Xは「Mavericks」、200以上の新機能追加 - Engadget Japanese
速報:新 MacBook Air発表。Haswellで9時間 / 12時間駆動、高速化とグラフィック強化 - Engadget Japanese
速報:新Mac Proは円筒形、Thunderbolt 2やマルチ4Kモニタ対応など大幅進化 - Engadget Japanese
速報:iOS 7はすべてのアプリでマルチタスクかつロングバッテリー - Engadget Japanese
という事で期待されたiPhone 5SもしくはiPhone 6とか Retinaディスプレイ対応のMacBook Airの発表はありませんでしたね。

iOS 7、フラットなデザイン採用という事でWindows Phone 8っぽくなった?マルチタスクやその他様々な新機能搭載。

Mac OS X 10.9は「深刻なネコ科動物不足」という事で名前がMavericks(マーベリックス)に。200以上の新機能追加。Finderはタブが使えたりメモリ管理が充実したり?当然こいつもフル64bitOSなのでしょうね(10.8で完全64bit化果たしてるしね)。

新MacBook AirはHaswell搭載。第四世代Core iシリーズですな。残念ながらレジーナディスプレイは採用されず。でも性能、いいね。お値段も先日の値上げでどうなるかと思ったがなかなかコストパフォーマンス良さそう。

新Mac Pro、こいつぁ驚きだ。というかなんでしょう?この円筒形の魔法瓶スタイルというか弁当箱でこういうのありそう(みんなにゴミ箱言われてますねw)。Tunderbolt 2搭載、4Kディスプレイもサポート。という事はOSも4Kディスプレイに対応するんよね。ようやくWindowsのワークステーションに対抗出来るような機種が出てきましたかね。
3DCGとか動画編集とかハイエンドな作業にはかかせないでしょうからな。

関連

MacProは!?ねえ?新しいMac Proはまだなの?(2012年10月24日 (水曜日))

Posted by 封神龍(酒) at 06:35 | トらックバック

2013年06月05日

セキュリティアップデート 2013-002

Apple、OS XとSafariの更新版公開 深刻な脆弱性を修正 - ITmedia エンタープライズ
アップルがOS X Mountain Lion v10.8.4及び、OS X Lion v10.7.5とMac OS X 10.6.8(Snow Leopard)を対象としたセキュリティアップデート2013-002をリリースしています。
計15項目の脆弱性に対応した他、10.8は不具合対応等だそうです。Safari 6.0.5は10.7と10.8向け。10.6のSafariは脆弱性などが修正されているかはわからないようで・・・・
アップデート後は
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_6_8) AppleWebKit/534.59.8 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.9 Safari/534.59.8
なユーザーエージェントです。変わっていませんな。

Mac OS X Server v10.6.8だと425.8MBありました。結構な量ですな。
----------------------------------------
セキュリティアップデート 2013-002 をすべてのサーバに推奨します。このアップデートを適用すると Mac OS X のセキュリティが向上します。

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP
----------------------------------------
Mac OS X Server v10.6.8でアップデート適用の為に再起動させようとしたらなんかなかなか再起動しないし不安定になったのでSSHでVAIOからログインしてshutdown -r nowした(久々にMacでこのコマンド使ったな・・・)。そしてその後、立ち上がってきたらまた通常どおり、ソフトウェアアップデートかけるとまた適用させるには再起動が必要です、と言われたのでそのまま再起動。
今度はちゃんとアップデートが始まりました。

しつこいけど10.6っていつまでサポートしてもらえるん?

Posted by 封神龍(酒) at 12:30 | トらックバック

2013年05月19日

ESET Cybersecurityのライセンス期限が切れていたのでESET ファミリー セキュリティ購入

Mac mini(Mac OS X Server v10.6系)で使っているアンチウイルスソフトの「ESET Cybersecurity(イーセットサイバーセキュリティ)」のライセンス期限が切れたので、更新しようと思ったわけですが
ウイルス対策・総合セキュリティソフトの「ESET Smart Security V6」リリース(2013年02月09日 (土曜日))
ライセンスがいろいろ変わっていたのですな。
面倒だし、5台まで使えてWin、Mac、Androidで
・ESET Smart Security V6.0 [Windows向け]
・ESET Cyber Security Pro V5.0 [Mac向け]
・ESET Mobile Security for Android V1.1 [Android向け]
が使える


のダウンロード版を購入しました。あとあと、アンチウイルスソフト入れたいマシンが増える予定・・・なので。あとキャンペーン価格で安かったし3年使えるし。

関連

ESET Smart Security ダウンロード版

ESET Cyber Security v4からESET Cyber Security V5.0へ(2013年04月10日 (水曜日))
キヤノンITS、Mac OS X向けセキュリティソフト「ESET Cybersecurity」発売(2011年10月14日 (金曜日))
Macのアンチウイルスソフト「ESET Cybersecurity(イーセットサイバーセキュリティ)」(2011年11月03日 (木曜日))
ESET Smart Security V5.0にアップデート(2011年12月15日 (木曜日))

Posted by 封神龍(酒) at 17:15 | トらックバック

iTunes 11.0.3リリース

「iTunes 11.0.3」公開、Mac版で1件、Windows版で40件の脆弱性を修正 -INTERNET Watch
アップデート内容としては
----------------------
このバージョンの iTunes には以下のようないくつかの新機能と改善が含まれています:

新しいミニプレーヤー。 アルバムアートワークを見せるために美しくデザインされた新しい表示が含まれます。また、ミニプレーヤーに進行状況バーが組み込まれました。
改善された“曲”ビュー。 “曲”ビューでアルバムアートワークを楽しめるようになりました。
複数ディスクのアルバム。 複数のディスクで構成されるアルバムが 1 枚のアルバムとして表示されます。
このアップデートには、大きな iTunes ライブラリを検索および並べ替える際のパフォーマンスの改善も含まれます。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP を参照してください。
----------------------
というような内容。ファイルサイズはWindows版で78.93MB。

Posted by 封神龍(酒) at 14:26 | トらックバック

2013年04月17日

Mac OS X 10.6 Snow Leopard向けJava for Mac OS X 10.6 Update 15及びSafari 5.1.9

Mac OS X 10.6 Snow Leopard向けにJava for Mac OS X 10.6 Update 15及びSafari 5.1.9がでています。10.7及び10.8向けにはSafari 6.0.4がでているようです。
「Java for Mac OS X 10.6 Update 15 で Java SE 6 を 1.6.0_45 にアップデートすることにより、セキュリティ、信頼性、および互換性が向上します。このアップデートにより、Safari 5.1.9 以降内の Java プラグインを Web サイトごとに制御できるようになります。

このアップデートをインストールする前に、Web ブラウザと Java アプリケーションを終了してください。

このアップデートについて詳しくは、http://support.apple.com/kb/HT5716?viewlocale=ja_JP をご覧ください。」

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP をご覧ください。」
72.5MBです。

「Safari 5.1.9 では、Web サイトごとに Java プラグインを有効にするかどうかを設定できるようになります。このアップデートについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT5678?viewlocale=ja_JP」
で50.6MBです。

いつまでサポートしてくれるのかマジで明示して欲しい・・・・

Posted by 封神龍(酒) at 21:12 | トらックバック

2013年04月14日

iCloud コントロールパネル 2.1.2 for Windows

アップルソフトウェアアップデートで
・iCloud コントロールパネル 2.1.2 for Windows
ってのがでていました。
アップデート内容は
「iCloud コントロールパネル 2.1.2 では、パフォーマンスの改善が含まれます。 」
だそうな。

Posted by 封神龍(酒) at 22:07 | トらックバック

2013年04月10日

ESET Cyber Security v4からESET Cyber Security V5.0へ

Mac用のアンチウイルスソフトである、イーセットサイバーセキュリティのV4だったのをV5にアップデートしました。
ウイルス対策・総合セキュリティソフトの「ESET Smart Security V6」リリース(2013年02月09日 (土曜日))
この時に一緒にやっときゃ良かったね。まあそれはいいとして主な機能は
• ウイルス定義データベース、ヒューリスティック、およびアドバンスドヒューリスティックによるマルウェアから
の保護
• ウイルス、トロイの木馬、ワーム、アドウェア、スパイウェアなどからの保護
• 望ましくない可能性があるアプリケーションまたは安全ではないアプリケーションの検出
• リアルタイム検査とオンデマンド検査
• 情報提供のためのグラフと統計
• Windowsベースのマルウェア検出
• 隔離オプション
というような感じ。

Ver4からの変更点は
・サポート対応OSの変更
・「Webアクセス保護機能」の追加
・「電子メールクライアント保護機能」の追加
・「リムーバブルメディア検査機能」の追加
・「ESET Live Grid機能(クラウドによるレピュテーション)」の追加
・「OSアップデート通知機能」の追加 ※OS X 10.8 Mountain Lionを除く
・GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)の刷新
というような感じか。
130410_01.jpg

130410_02.jpg

130410_03.jpg
インターフェイスはそこまでかわらないか。

関連

ウイルス対策ソフト「NOD32」のMac版製品「ESET Cybersecurity」評価版を公開(2011年07月20日 (水曜日))
Macのアンチウイルスソフト「ESET Cybersecurity(イーセットサイバーセキュリティ)」(2011年11月03日 (木曜日))

Posted by 封神龍(酒) at 17:33 | トらックバック

2013年03月23日

Mac OS X 10.6.8のSafariがこの前のセキュリティアップデートで5.1.8になってた

Intego セキュリティ ブログ: Apple の Snow Leopard 用Safari 5.1.8 にセキュリティ業界もビックリ
この前のMac OS X Server 10.6.8向けのセキュリティアップデート。
セキュリティアップデート 2013-001(2013年03月15日 (金曜日))
まあ内容はセキュリティに関する内容なのですがその中でWebブラウザのSafariが5.1.8にアップデートしていました。Verを見ると確かに
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_6_8) AppleWebKit/534.57.2 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.7 Safari/534.57.2
だったのが
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_6_8) AppleWebKit/534.58.2 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.8 Safari/534.58.2
になっていますね。

どこまでの脆弱性が修正されたのだろう・・・・?アップルもマイクロソフトと同じく、サポートポリシーを持って欲しいものです。

Posted by 封神龍(酒) at 22:47 | トらックバック

2013年03月15日

セキュリティアップデート 2013-001

Mac OS X Server v10.6.8向けにセキュリティアップデート 2013-001が出ております。
------------------------
セキュリティアップデート 2013-001 をすべてのサーバに推奨します。このアップデートを適用すると Mac OS X のセキュリティが向上します。

このアップデートのセキュリティ内容について詳しくは、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP
------------------------
という感じ。ファイルサイズは411.9MBと結構な量。

他には
「Mac OS X 10.8.3」公開、Boot CampでWindows 8や3TB HDDをサポート -INTERNET Watch
等のアップデートがあるようです。


Posted by 封神龍(酒) at 23:20 | トらックバック

2013年03月06日

またセキュリティホールでMacのJavaアップデート「Java for Mac OS X 10.6 アップデート 14」

Apple、Mac向けのJavaアップデートを公開 - ITmedia エンタープライズ
またJavaのセキュリティーホールが見つかり、Mac OS X向けにもアップルからセキュリティアップデートが出ています。Java 7についてはOS X v10.7.3以降を対象としてOracleから直接配布されております。
10.6のJavaのメンテをやり続けてくれるのは嬉しいけど、いつまでやるのかとか明確にして欲しいね・・・あとJavaだけじゃなくSafariもやって欲しい気が。
-----------------
Java for Mac OS X 10.6 アップデート 14 で Java SE 6 を 1.6.0_43 にアップデートすることにより、セキュリティ、信頼性、および互換性が向上します。

Java for Mac OS X 10.6 アップデート 9 以降がインストールされていないシステムにこのアップデートを適用すると、Web ブラウザが Java アプレットを自動的に実行しないように設定されます。Web ページで“停止中のプラグイン”ラベルの領域をクリックすると Java アプレットを再度有効にできます。アプレットを長期間実行しなかった場合には、Java Web プラグインは無効になります。

このアップデートをインストールする前に、Web ブラウザと Java アプリケーションを終了してください。

このアップデートについて詳しくは、http://support.apple.com/kb/HT5676?viewlocale=ja_JP をご覧ください。

このアップデートのセキュリティ内容については、http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP をご覧ください。
-----------------
10.6のは72.4MB。

Posted by 封神龍(酒) at 12:23 | トらックバック

2013年02月20日

Java for Mac OS X 10.6 アップデート 13

アップル、「OS X」向けJavaアップデートをリリース--脆弱性に対処 - CNET Japan
Mac OS X向けにJavaの脆弱性を修正したアップデートが提供されています。
--------------------------------
Java for Mac OS X 10.6 アップデート 13 で Java SE 6 を 1.6.0_41 にアップデートすることにより、セキュリティ、信頼性、および互換性が向上します。

Java for Mac OS X 10.6 アップデート 9 以降がインストールされていないシステムにこのアップデートを適用すると、Web ブラウザが Java アプレットを自動的に実行しないように設定されます。Web ページで“停止中のプラグイン”ラベルの領域をクリックすると Java アプレットを再度有効にできます。アプレットを長期間実行しなかった場合には、Java Web プラグインは無効になります。

このアップデートをインストールする前に、Web ブラウザと Java アプリケーションを終了してください。

このアップデートについて詳しくは、http://support.apple.com/kb/HT5651?viewlocale=ja_JP をご覧ください。

このアップデートのセキュリティ内容については、http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP をご覧ください。
--------------------------------
との事。Mac OS X Server v10.6ではファイルサイズは72.4MB。
にしてもJavaのアップデートやってくれるならSafariもやってくれよ、という感じが・・・・他のブラウザ使うからいいけど・・・アンインストール出来ないんじゃな・・・

更にiTunes 11.0.2ってのもアップデートかけたら出てきた。前にやっていなかっただけ?
--------------------------------
新しい iTunes には、驚くほどシンプルになったプレーヤー、デザインが一新された Store、嬉しい iCloud 機能などが含まれ、これまでで最高の iTunes になりました。

デザインを一新。iTunes で音楽、ムービー、テレビ番組を見つけて視聴するのがもっと楽しくなりました。美しいエッジトゥエッジデザインや、ライブラリにあるアルバム、ムービー、テレビ番組ごとのカスタムデザイン、“Store 情報”をクリックするだけでいつでもあなたにお勧めの項目をお知らせする機能など、きっとご満足いただけるでしょう。
新しい Store。iTunes Store のデザインも一新され、スッキリしたレイアウトにより、最新情報を見つけたり、新しいお気に入りを発見するのがこれまでになく簡単になりました。
購入した項目を iCloud から再生。Apple ID でサインインするだけで、iCloud にあるあなたが購入した音楽、映画、テレビ番組をライブラリ内に表示できます。ダブルクリックして iCloud から直接再生したり、デバイスとの同期やオフライン中の再生のためにコピーをダウンロードしたりすることも可能です。
次はこちら。次に再生される曲が、1 つの場所から簡単に分かるようになりました。センターディスプレイの“次はこちら”アイコンをクリックすれば、すぐに表示されます。曲の並べ替え、追加、スキップもいつでも行えます。
新しいミニプレーヤー。さらに小さなスペースでさらに多くのことをできるようになりました。再生中の曲の表示に加えて、アルバムアートが表示され、“次はこちら”が追加され、再生したい新しい曲が見つかりやすくなりました。これらすべてがさらに小さくエレガントになったデザインに組み込まれています。
強化された検索機能。iTunes で探し物をするのがこれほど簡単になったことはありません。検索フィールドに入力し始めるとすぐに、ライブラリ全体から検索結果が返されます。結果から項目を選択すれば、その項目をすぐに操作できます。
再生の同期。ムービーやテレビ番組をどこまで再生したかは iCloud が記憶しています。iPhone、iPad、iPod touch、Apple TV で同じムービーやエピソードを再生すると、ちょうど続きのところから始まります。
このアップデートにより、新しい“作曲者”表示がミュージックに追加され、多数の曲を含むプレイリストと同期するときのレスポンスが改善され、購入した項目が iTunes ライブラリに表示されない問題が解決されます。このアップデートには、その他の安定性およびパフォーマンスの改善も含まれます。

このアップデートのセキュリティ内容については、次の Web サイトを参照してください:support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP
--------------------------------
ファイルサイズは54.2MB。

Posted by 封神龍(酒) at 11:15 | トらックバック

2013年02月04日

Java for Mac OS X 10.6 アップデート 12

アップル、「Snow Leopard」版Javaをアップデート--Javaプラグインのブロックに続き - CNET Japan
Java for Mac OS X 10.6 アップデート 12 で Java SE 6 を 1.6.0_39 にアップデートすることにより、セキュリティ、信頼性、および互換性が向上します。

Java for Mac OS X 10.6 アップデート 9 以降がインストールされていないシステムにこのアップデートを適用すると、Web ブラウザが Java アプレットを自動的に実行しないように設定されます。Web ページで“停止中のプラグイン”ラベルの領域をクリックすると Java アプレットを再度有効にできます。アプレットを長期間実行しなかった場合には、Java Web プラグインは無効になります。

このアップデートをインストールする前に、Web ブラウザと Java アプリケーションを終了してください。

このアップデートについて詳しくは、http://support.apple.com/kb/HT5575?viewlocale=ja_JP をご覧ください。

このアップデートのセキュリティ内容については、http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP をご覧ください。

72.4MBでございました。

Posted by 封神龍(酒) at 23:40 | トらックバック

2012年12月01日

元PowerMac G5で今はMac miniで使っているキーボードのカバー「 サンワサプライ キーボード防塵カバー FA-EMACN 」

現在のMac miniのキーボード、標準では付属しておりませんので前に使っていたPowerMac 7600/120・・・じゃなくてPowerMac G5 1.6GHzのキーボードとマウスを流用して使っております。
G5と10.3 Server(2003年10月25日 (土曜日))
この時から使っているわけですからもう10年近くか。そしてそのキーボードにカバーをつけていたのですがだいぶ劣化してぼろぼろになっていました。
のでビックカメラ行ったついでに新しいキーボードカバーを買ってきました。M9034J/A、M1048(Apple keyboard JIS)対応のカバーです。


古い奴と色の違いが凄いな・・・綺麗になりましてキーボード打つのも楽になりました。

Posted by 封神龍(酒) at 18:06 | トらックバック

2012年11月30日

レイアウトが大幅変更となったiTunes 11リリース

ニュース - Appleが「iTunes 11」を公開、iCloudとの連携強化:ITpro
Apple、新iTunesをリリース デザインを刷新しiCloudとの連係も強化 - ITmedia ニュース
リニューアルされたiTunes 11公開。覚えておくと便利な新機能Tipsをどうぞ : ギズモード・ジャパン
アップルがレイアウト等をリニューアルしiCloud連携機能も強化したアイチューン11をリリースしています。アップルソフトウェアアップデートか直接ダウンロードでOK。
Mac OS X 10.6、まだ対応してくれてよかったよ・・まだ私のiPhoneは母艦が10.6マシンなのでね。結構過去のOSのサポートをばっさり切るし(Safariとか)今回はどうなるかと思ったが良かった。ファイルサイズは197.8MB。

アップデート内容は下記な感じ。
「新しい iTunes をご紹介しましょう。驚くほどシンプルになったプレーヤー、デザインが一新された Store、嬉しい iCloud 機能など、これまでで最高の iTunes になりました。

• デザインを一新。iTunes で音楽、ムービー、テレビ番組を見つけて視聴するのがもっと楽しくなりました。美しいエッジトゥエッジデザインや、ライブラリにあるアルバム、ムービー、テレビ番組のデザインのカスタマイズ機能、“Store 情報”をクリックするだけでいつでもあなたにお勧めの項目をお知らせする機能など、きっとご満足いただけるでしょう。

• 新しい Store。iTunes Store のデザインも一新され、スッキリしたレイアウトにより、ホットな話題について知ったり、新しいお気に入りを見つけたりするのがこれまでになく簡単になりました。

• 購入した項目を iCloud から再生。Apple ID でサインインするだけで、iCloud にあるあなたが購入した音楽、ムービー、テレビ番組をライブラリ内に表示できます。ダブルクリックして iCloud から直接再生したり、デバイスとの同期やオフライン中の再生のためにコピーをダウンロードしたりすることも可能です。

• 次はこちら。次に再生される曲が、1 つの場所から簡単に分かるようになりました。センターディスプレイの“次はこちら”アイコンをクリックすれば、すぐに表示されます。曲の並べ替え、追加、スキップもいつでも行えます。

• 新しいミニプレーヤー。さらに小さなスペースでさらに多くのことをできるようになりました。再生中の曲の表示に加えて、アルバムアートが表示され、“次はこちら”が追加され、再生したい新しい曲が見つかりやすくなりました。これらすべてがさらに小さくエレガントになったデザインに組み込まれています。

• 強化された検索機能。iTunes で探し物をするのがこれほど簡単になったことはありません。検索フィールドに入力し始めるとすぐに、ライブラリ全体から検索結果が返されます。結果から項目を選択すれば、その項目をすぐに操作できます。

• 再生の同期。ムービーやテレビ番組をどこまで再生したかは iCloud が記憶しています。iPhone、iPad、iPod touch、Apple TV で同じムービーやエピソードを再生すると、ちょうど続きのところから始まります。

このアップデートのセキュリティ内容については、次の Web サイトを参照してください:
support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

ウインドウズの方は後でアップデートしよう。

Posted by 封神龍(酒) at 12:38 | トらックバック

2012年10月24日

MacProは!?ねえ?新しいMac Proはまだなの?

今回の発表でiPad mini、第四世代のiPad、iMac、MacBookPro、Mac miniが発表されましたね。・・・・・あれ?・・・・・Mac Proは?USB3.0とかThunderbolt搭載したMac Proはまだ出ないの?私としてはもうMac miniぐらいで十分ですが3DCGとかハイビジョン映像編集とかハイエンドな感じのをこなすには拡張性だとかマシンパワーだとかがあった方がいいんじゃ?
・・・今年半ばにマイナーチェンジした時に、来年には・・・と言ってたんだっけ?まだ時期尚早でしたかね・・・期待するのは・・・・

それまでそういう仕事やる人は素直にWindowsのワークステーションでも・・・・

関連

Posted by 封神龍(酒) at 10:45 | トらックバック

Retina ディスプレイ搭載の新13インチMacBook Pro発表

速報:13インチ MacBook Pro Retina ディスプレイモデル発表 - Engadget Japanese
価格は14万4800円から:アップルが「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」を発売――2560×1600ドット表示、19ミリ厚ボディ - ITmedia PC USER
Apple、13インチのRetina搭載MacBook Proを発売 - 144,800円から | パソコン | マイナビニュース
13インチMac Book ProにRetinaモデル登場 iMac、Mac miniも刷新 - ITmedia エンタープライズ
ようやくきました。15インチ超だと持ち歩きにはちょいと・・・という事で13.3インチであれば持ち運びも現実的ですし私個人にとっては使いやすいサイズなのでこれはちょっと欲しいなぁ。

解像度は従来モデルに比べ4倍、2560 x 1600 pxで更に薄くなり更に軽く(1.62kg)なりました。光学ドライブは非搭載でメインメモリは8GB。

Posted by 封神龍(酒) at 07:52 | トらックバック

エッジ5mmに薄型化、画面反射75%減、4コアCore i5とKepler GPU採用の新iMac発表

速報:新 iMac発表。エッジ5mmに薄型化、画面反射75%減、4コアCore i5とKepler GPU採用 - Engadget Japanese
Apple、デザイン一新の新「iMac」を発表 - 従来モデルよりさらに薄く | パソコン | マイナビニュース
アップルがディスプレイ+本体の薄さ5mm、画面反射が75%減にCPUやGPUを強化した2012年版iMacを発表しています。凄い薄いな。そして光学メディアドライブ搭載はなし、と。

またSSD+HDDをひとつのドライブとして扱える「Fusion Drive」に対応し、オプションで選択する事が出来ます。

Posted by 封神龍(酒) at 07:38 | トらックバック

CPUをIvy Bridge世代に、基本性能を強化した新「Mac mini」発表

価格もサイズもそのまま:CPUをIvy Bridge世代に、基本性能を強化した新「Mac mini」 - ITmedia PC USER
アップルが新しいMac miniを発表しています。
・デュアルコアCore i5(2.5GHz/最大3.1GHz/3Mバイト3次キャッシュ)を搭載する「MD387J/A」
・クアッドコアCore i7(2.3GHz/最大3.3GHz/6Mバイト3次キャッシュ)を搭載する「MD388J/A」
・クアッドコアCore i7(2.3GHz/最大3.3GHz/6Mバイト3次キャッシュ)を搭載し、OS X Serverを採用するサーバモデル「MD389J/A」
の3機種。

CPUが強化され、USBが2.0から3.0になったと。ちゃんとサーバーOS搭載モデルもありますね。

Posted by 封神龍(酒) at 07:28 | トらックバック

2012年10月23日

Xcode 4.2 for Snow Leopardって今インストールしようとしたら探すのが面倒な事に・・・ならなかった。

【コラム】新・OS X ハッキング! (69) 意外? TerminalとTwitterは相性良好! | パソコン | マイナビニュース
Mac OS X のターミナルもしくはMac OS XのシェルにログインしてTwitterを使う為のツールの紹介でちょいとテストでインストールしてみようかなと思い、書いてあるとおり
sudo gem install tw
とすると
ERROR: Error installing tw:
multi_json requires RubyGems version >= 1.3.6
バージョンが古いぞ、ボケ。と言われたような気がしたので検索すると
twitter APIを少しいじったのでメモ。 - 兎にも、角にも。
を参考に
sudo gem update --system
とすると
Updating RubyGems
Updating rubygems-update
Successfully installed rubygems-update-1.8.24
Updating RubyGems to 1.8.24
Installing RubyGems 1.8.24
RubyGems 1.8.24 installed

== 1.8.24 / 2012-04-27

* 1 bug fix:

* Install the .pem files properly. Fixes #320
* Remove OpenSSL dependency from the http code path

------------------------------------------------------------------------------

RubyGems installed the following executables:
/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/bin/gem

という事で最新版になったようだ。

再び
sudo gem install tw
とすると
Fetching: simple_oauth-0.1.9.gem (100%)
Fetching: twitter-4.1.2.gem (100%)
Fetching: hashie-1.2.0.gem (100%)
Fetching: userstream-1.2.2.gem (100%)
Fetching: json-1.7.5.gem (100%)
Building native extensions. This could take a while...
ERROR: Error installing tw:
ERROR: Failed to build gem native extension.

/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/bin/ruby extconf.rb
mkmf.rb can't find header files for ruby at /System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/lib/ruby/ruby.h


Gem files will remain installed in /Library/Ruby/Gems/1.8/gems/json-1.7.5 for inspection.
Results logged to /Library/Ruby/Gems/1.8/gems/json-1.7.5/ext/json/ext/generator/gem_make.out
と出てくる。いろいろ足りないものがあるようだ。

・・・・そういやMac OS Xって標準ではXcode入れないとgccとかいろいろ入ってないよな・・・・・という事でApp StoreからXcodeをインストールしようとするとOSが古いから駄目じゃけんのぅ。と言われるのでじゃあMac OS X 10.6.8にインストール出来るXcode 4.2 for Snow Leopardは普通にダウンロード出来るかな?と思い探してみると
Xcode 4.2 for Snow Leopard はどこに???: Apple サポートコミュニティ
なんか面倒くさそうなのでインストール辞めた。

Mac OS X Server搭載のMac miniってデベロッパーツールCDとか付いてるんだっけ?探すのすら面倒で何もしていないんだけど無ければインストールは難しいという事か・・・というかサーバーOS搭載のMac miniはCDというかDVDドライブないしな・・・・一応、外付けドライブは買ってあるし、他のパソコンのDVDドライブを使えるリモートディスクはVAIO Zに入れてあるけど・・・・

・・・・・やっぱりMac miniの箱を見てみよう。という事で箱の中を見てみると・・・・

Mac mini Mac OS X Server Install DVD
Mac mini Mac OS X Server Install DVDとAdmin Tools Install CDが入ってるじゃないですか、やだ~

というか当たり前だよな。この頃のMac miniはUSBメモリにインストールイメージが入っていたり、インターネット経由インストールが出来るわけじゃない(ネットワーク経由インストールとかなら出来るけど)。

で、確かOSのインストールディスクにエックスコードとかのインストーラーも入ってたよな?という事で中身を見てみることに。

なのでメディアは必須なわけでついていないわけがない。で、このMac miniにはDVDドライブがついていないので購入してある外付けDVDどらいぶを使うか、リモートディスクをインストールしてあるVAIO ZのBDドライブを使うか。外付けDVDドライブ接続するの面倒なのでVAIO ZにこのインストールDVDを入れ、Mac OS X Server v10.6.8 Snow LeopardのFinderからリモートディスク、そしてVAIO Zの名前の所をクリックして「使用を依頼」というボタンを押します。
VAIO Zの方にそうしたらドライブを使用させろや!!という通知が・・・来ないと思ったらVAIO Zで稼働しているESETのファイアーウォールが邪魔をしていたので一時的にファイアーウォールを停止します。
そうしてもう一度、ドライブの「使用を依頼」を押すと、VAIO Z側に依頼通知が来たので、ドライブ使用を許可。

そうすると
リモートディスク画面
無事、Mac OS Xの方からDVDメディアが見られるようになりました。

でさっそく中を覗くとMac OS X Serverのインストーラーとその他とかフォルダがあったのでその他の中を除くと
ServerAdministrationSoftwareとかiPhoneConfigrationUtilityとかX11User、Xcodeのインストーラーとかあるじゃないですか、やだ~
ServerAdministrationSoftwareとかiPhoneConfigrationUtilityとかX11User、Xcodeのインストーラーとかあるじゃないですか、やだ~。という事で

XCodeインストール
XCodeをインストールします。容量が2GB超あったか・・・・・
で今回大事なのは「UNIX Dev Support」。説明には
「起動ボリュームからコマンドライン開発を行うためのオプションのツールです。Xcode のコア開発ツールパッケージに含まれる GCC コンパイラとコマンドラインツールの複製を起動ボリュームにインストールします。また、Mac OS X を使ってソフトウェアを開発するためのヘッダファイル、ライブラリ、およびその他のリソースも起動ボリュームにインストールします。このパッケージは、シェルスクリプトおよび makefile が開発ツールを必要とするときに、ユーザの指定した場所にある開発ツールにアクセスできるようにするために提供されます。この内容は移動できず、起動ボリュームにのみインストールされます。」
とあります。これがインストールされていないとUNIX系ツールでインストール出来なかったりとか。

XCodeのインストールが終わり、今度こそtwをインストールしてみます。
sudo gem install tw
とすると
Building native extensions. This could take a while...
Fetching: args_parser-0.1.2.gem (100%)
Fetching: rainbow-1.1.4.gem (100%)
Fetching: parallel-0.5.19.gem (100%)
Fetching: tw-0.3.7.gem (100%)
!! Installed "tw" command. => http://shokai.github.com/tw
Successfully installed json-1.7.5
Successfully installed args_parser-0.1.2
Successfully installed rainbow-1.1.4
Successfully installed parallel-0.5.19
Successfully installed tw-0.3.7
5 gems installed
Installing ri documentation for json-1.7.5...
Installing ri documentation for args_parser-0.1.2...
Installing ri documentation for rainbow-1.1.4...
Installing ri documentation for parallel-0.5.19...
Installing ri documentation for tw-0.3.7...
Installing RDoc documentation for json-1.7.5...
Installing RDoc documentation for args_parser-0.1.2...
Installing RDoc documentation for rainbow-1.1.4...
Installing RDoc documentation for parallel-0.5.19...
Installing RDoc documentation for tw-0.3.7...
となりまして今度こそ、インストール出来たようです。

インストールが終わったので
tw
と打つと
Faraday: you may want to install system_timer for reliable timeouts
open Twitterの認証アドレス
input PIN Number:
add "@yuumediatown"
な感じ。openコマンドはMac OS Xのターミナルでやっていた場合、Finderやらそっちのアプリで開いてくれるのでSafariで開かれます。今回はWindowsからTTSHを使いやっていたのでアドレスはコピーしてブラウザに打ち込みます。そうするとTwitterの認証画面が出て認証が終わり、数字が出てくるのでそれをinput PINに入力すれば認証完了。

タイムラインを見てみます。自分アカウントのタイムラインを見るには
tw @アカウント名
なので
tw @yuumediatown
とうつと
121023_05.jpg
な感じで表示されます。ウインドウズのこのアプリだとちょいと画面が物足りない感じですわな(一応、色は出ますが)。まあテキストオンリーですのでいいのですが日本語入力が出来ない。

通常のタイムラインは
tw -tl
でいいのでそれを打つと
121023_06.jpg
な感じ。こちらはMac OS Xのターミナルの画面。カラフルだし日本語入力でツイートも出来る。

あと、よほど有名なアカウントなら覚えているけど、それ以外はアイコンないと誰が誰だかわからないね。

Mac OS Xのターミナルからツイートしてみました。
tw "Mac OS Xのコマンドラインから投稿テスト"
Faraday: you may want to install system_timer for reliable timeouts
tweet "Mac OS Xのコマンドラインから投稿テスト"? (23 chars)
[Y/n]
y
Mac OS Xのコマンドラインから投稿テスト
http://twitter.com/yuumediatown/status/260724394052169728
Tue Oct 23 21:48:34 +0900 2012
という事で無事、ツイートされました。


な感じ。

関連
Tw: Twitter client on Ruby.

Mac OS X v10.6 Snow Leopard Server搭載のMac miniでリモートディスク(2010年02月18日 (木曜日))
Mac OS X v10.6 Snow Leopard Server搭載のMac mini(MC408J/A)購入!(2010年02月17日 (水曜日))

Posted by 封神龍(酒) at 19:58 | トらックバック

2012年10月18日

Apple、Mac版Java 6のセキュリティアップデートを公開

Apple、Mac版Java 6のセキュリティアップデートを公開 - ITmedia エンタープライズ
「JavaはOracleから直接入手を」、Apple経由のプラグインに削除措置(ITMEDIA)
既にMac OS X v10.7 LionからはJavaは含まれておりませんし、あとは使う人が各自でインストールしてメンテしてね、という事でJava 7はオラクルがMac版の対応をしております。
「「Java for Mac OS X 10.6 Update 11」「Java for OS X 2012-006」では、Javaを1.6.0_35から1.6.0_37に更新し、多数の深刻な脆弱性に対処した。対象となるのはMac OS X v10.6.8、OS X Lion v10.7以降、OS X Mountain Lion v10.8以降。」
OSに含まれていたJavaはアップルがサポートを続けているようですな。

ファイルサイズは72.6MB。
--------------------------
Java for Mac OS X 10.6 アップデート 11 で Java SE 6 を 1.6.0_37 にアップデートすることにより、セキュリティ、信頼性、および互換性が向上します。

Java for Mac OS X 10.6 アップデート 9 以降がインストールされていないシステムにこのアップデートを適用すると、Web ブラウザが Java アプレットを自動的に実行しないように設定されます。Web ページで“停止中のプラグイン”ラベルの領域をクリックすると Java アプレットを再度有効にできます。アプレットを長期間実行しなかった場合には、Java Web プラグインは無効になります。

このアップデートをインストールする前に、Web ブラウザと Java アプリケーションを終了してください。

このアップデートについて詳しくは、http://support.apple.com/kb/HT5954?viewlocale=ja_JP をご覧ください。

このアップデートのセキュリティ内容については、http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP をご覧ください。
--------------------------

Posted by 封神龍(酒) at 22:25 | トらックバック

2012年10月05日

前アップルCEOスティーブ・ジョブズ氏死去が死去してから一年

アップル、ジョブズ氏追悼の映像とメッセージを掲載--死去から1年 - CNET Japan
ニュース - 米アップル、スティーブ・ジョブズ一周忌をしのぶ映像とクックCEOのメッセージを掲載:ITpro
元AppleのCEOで会長であったスティーブ・ジョブズ氏が亡くなられてから一年が経ちました。日本時間だと10月6日ですけど。
前アップルCEOで現会長だった、スティーブ・ジョブズ氏死去: YUU MEDIA TOWN@Blog
あれから一年、iPhone 5が発売され地図などには一部賛否両論あるものの、後継のティムさんは堅実路線で進んでおりますかね。

10月5日、個人的はいろいろな記念日の日なんだけどこの方の死もあるし、凄い日にちになったな・・・・

Posted by 封神龍(酒) at 23:40 | トらックバック

2012年09月21日

Mac OS X Server v10.6.8向けのセキュリティアップデート 2012-004

Mac OS X 10.8及び10.7向けはOSのアップデートとして
アップル Mac OS X Mountain Lion v10.8.2 アップデート提供開始(2012年09月20日 (木曜日))
10.8.2と10.7.5が出ておりましたがMac OS X 10.6向けにはセキュリティアップデート 2012-004という形でセキュリティアップデートを提供開始しておりました。
--------------------------------
セキュリティアップデート 2012-004 をすべてのサーバに推奨します。このアップデートを適用すると Mac OS X のセキュリティが向上します。

このアップデートのセキュリティに関する内容について詳しくは、次の Web サイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP
--------------------------------
ファイルサイズは290.2MBと結構あります。

アップデート内容はApache(2.2.22へ?)、Data Security、DirectoryService、ImageIO、International Components for Unicode、Mail、PHP(5.3.15に?)、QuickLook、QuickTime、Ruby等のセキュリティの問題修正のようです。

にしても10.6はいつまでこういうセキュリティアップデートの提供はやってくれるんでしょうかね?Safariはアップデートされないみたいだしなんか中途半端。簡単にメジャーアップデートができるOSなら10.7とか10.8にすりゃいいかもしれないけどサーバーOSだとそうもいかないし、だいたいクリーンインストールでアップデートかけないと問題多すぎて上書きアップデートなんて出来ませんからね。
やっぱりMac OS X v10.8 Mountain Lion Serverへのアップグレードは待った方がいいか(2012年07月30日 (月曜日))
だいたいトラブルあるし・・・・どうにかサーバーOSだけでも何年先までサポートします、とかマイクロソフトとか他のLinux陣営がやってるような情報を公開してくれませんかね・・・・そうでないと自分の所みたいな物好きでもない限り、使えないでしょ・・・・

Posted by 封神龍(酒) at 22:00 | トらックバック