北海道から東京や本州内地へ進学や就職で始めて一人生活を始める方へのノウハウサイト

北海道総合情報サイト「とにかく北へ。」


-
【2010/10/10更新】
順次情報追加予定です。

はじめに

私が東京に来たのは1996年2月頃だったと記憶しています。高校を卒業し専門学校に通うために札幌から東京へ出てきました。始めて生まれ育った都市以外に住むという事で今まで常識ながら知らなかったこと、親元であるからこそ知らずに生活出来ていたというのを実感しました。それらをまとめておきたいと思いましてこれから帝都に出てくる皆様に参考になればと思いこのページを作りました。

住居などの生活環境

私の場合、新聞奨学生という事で働きながら学校へ行くので住居は手配してもらえました。学校や職場に寮がある方は必要ないかもしれませんがそれ以外の方はまずは住まいを探す必要があります。住まいはインターネットでも探せます。

ただ予算と時間があれば現地に出向いて環境を確認するのがお奨めです。東京に親戚がいる方ならちょっと伺ったついでに話を聞いたり泊まらせてもらって実際に学校や職場まで通う事を考えて現地をいろいろ見て回るのが良いでしょう。先輩達や学校から話を聞ければ更に良いかもしれません、ネットでもいろいろ情報ありそうですけどね。

私の場合は渋谷と代々木に学校があり目黒駅まで徒歩20〜30分ぐらいの場所に住まいがありました。駅に駐輪場などがあるか注意しておきましょう。あったとしても埋まっている場合も多いのですが。最近は駅前に自転車を置いといたらすぐに管理している所に持って行かれる事が多々ありますので。

高校卒業と同時に始めて上京する時にはそんな持っていく荷物はないと思いますが

引っ越し業者の検討も必要かと思います。

私の場合は宅急便か何かで数箱送った程度、布団は現地で適当に買いましたが布団が薄っぺらくて寒い思いしました。部屋の造りは北海道のような二重窓ではなく窓1枚ですし北海道のような暖かい部屋に慣れているとともかく東京の部屋は寒く思えました。布団は自分で見て暖かそうなのを買った方が良いかと思います。電気ストーブでは特定箇所しか暖まりませんし灯油ストーブを禁止としている所も多い。私の場合はガスファンヒーター導入まで電気ストーブ(今ではハロゲンヒーター
アピックス ランタン型ハロゲンヒーター ゴールド AMH-370-GD
B000VT5DCU
というのもありますが電気ストーブよりかはマシな程度ですかね?)と電気カーペットで乗り切っていましたが暖かい冬が越せるようになったのはガスファンヒーターを導入してからでした。これなら部屋にガスの元栓があれば導入出来ますし電気ストーブなどに比べれば圧倒的に暖かいです。

上京したてで寂しい上に寒い、これは最悪ですので時期的にはすぐに暖かくはなりますが次の冬以降も考え、部屋での暖房器具や布団は暖かいものを選びましょう。というかマンションとかならそこまで寒くはならなさそうだけど。

単体で学校とかだと難しいかもしれませんが新聞奨学生や職場の場合だと先輩に様々な情報がもらえます。電化製品などいらないものがもらえる場合もありますので最初から全部揃えないでお下がりをいただくのも1つの手ですね。私は当時、テレビをもらいました。一人で寂しいときにテレビをつけているだけでもすごく雰囲気が明るくなるんだわ。今はパソコンがあるのでそこまで感じないでしょうけど。

札幌から出てきた場合ですと都営バス(緑のバスね)の前方から乗って前払いというのに驚くかも。バスの利用方法に記載されておりますが都営バスでも東京23区内は[前乗り・前払い]で乗るときに前の扉から乗り料金を先に支払います。降りるときは後方というか真ん中の扉からおります。一方、23区外になると札幌と同じように真ん中の扉から乗り場合によっては整理券をとり降りるときは前方の扉から料金を支払い降ります。都営バスじゃない西武や京王のバスでも23区外であれば普通に後乗り後払いですかな。今はスイカやパスモが使えますし北海道でキタカ持ってればそれも使えるでしょうから大変便利になりました。

電話・通信・パソコン

今は携帯を持っている方も多いので問題はあんまりないでしょうね。昔は電話を引くにもNTTから数万かけて電話加入権というのを買う必要ありましたけど今なら携帯あればOK。新規であれば格安で各種携帯電話持てるでしょうし。
ただこれからの時代、パソコンとそれに繋げるインターネットは確保しておきたいところ。当面パソコン導入の費用がない場合は性能的にはいまいちかもしれませんがイーモバイルの回線契約・2年契約前提の100円〜数千円ノートパソコンを導入して環境を整備しちゃいましょう。

パソコンあるとないとではかなり得られる情報量も違いますし今後の役に立ちます。ただしこの手のサービスはクレジットカードを持っているのが前提です。

楽天カードアカデミーというのもありますので。ネットを使う際にはクレジットカードがあると決済にいろいろ便利です。ただし使いすぎには十分に注意。
お金が貯まってから性能いいの買いましょう。当面は生活で精一杯だと思いますし。FAXはメール全盛のこの時期には大して必要ないでしょう。固定電話回線がどうしても欲しいという方は今なら初期に数万払わずとも競争が進んだおかげで電気屋さんなどに相談すれば光ファイバーの安くてネットも出来る奴を紹介してもらえると思います。

気をつけた方が良い事

社会人で既に人生経験豊かな方であれば問題ないかもしれませんが始めて一人で生活すると様々な問題があります。一般的な常識的な事がわからなかったり地方事に違う生活習慣に戸惑ったり。更には高校卒業したてで一人ものは詐欺やマルチなどの格好の餌食になりやすいのでひとまず頭に入れておきたいのは「そんなに簡単に金儲けができる、素晴らしいサービスはない、金が絡めば何かおかしい」というのを頭に入れておけばいいのだと思います。アキバにいけばエウリアン(WikiPedia)が居たり、その他様々な方法で接触を図りサービスを持ちかけてきます。 そもそもそんな良いサービスなら営業しなくても口コミとかで広がります。ローンとか組まされるようなのは特に注意というのもありますがとにかく急いで契約するサービスなんてのはございません、ゆっくり考えましょう。特に相談出来る人を作っておきましょう。いなければ親でいいです。とにかく即決は止めましょう。
これだけインターネットが普及した世の中です、たいてい検索エンジンで会社名やサービスを検索すると評価なども出てきます。調べる癖を付けましょう。

週刊 ダイヤモンド 2010年 10/9号「怪しい商法 騙しの手口」」、こういった本を読んでおくのもお薦め。知ってさえいれば対策を取ることが出来ます。


何もなければ一番楽しく充実した時期

上京して普通に生活して学業も順調に進めばこれほど変化のある時期もございません。お奨めとして公開はしなくても良いのでブログを作って日記を書いておくのが良いと思います。私も古くから日記を書いているのですが学生時代の事はほとんどありませんでした。今になって当時はどうだっただろう?とか思うのです。ただし若気の至りというのもありますしネットに公開してはいけない事もあります。なので最初は非公開で書いて見なおして問題なさそうなら公開でも良いでしょう。とにかく書いておくことお奨めします。紙というかノートでもいいです。ただし写真ありの方がいいですしパソコンの入力に慣れるという面でもブログが良いかなと思います。サービスによっては携帯からメール投稿で楽なのもありますしね。